Ola♪
ポルトガルには、公共交通機関として街中にケーブルカーが走っている町が何か所かあります。Lisboa リスボンPorto ポルトNazare ナザレなどに走っています。
今回訪れたViseu ヴィゼウはケーブルカーの印象は無かったのですが・・・

<ダンワインの産地ヴィゼウ>
ポルトガル旅行記:Viseu ヴィゼウ
ケが以前ポルトガルを訪れたのは、かれこれ10年程前。その時にはケーブルカーは無かったのですが、その後ポルトガル友達から、「ヴィゼウにケーブルカーが開業していて・・・」と聞きました。ナザレの様に下の町と崖の上の町とが分かれている訳でもなく、リスボンの様に人口が多い訳でもないヴィゼウに?!と驚いた記憶が。

Viseu, Portugal
ヴィゼウのケーブルカー Funicular de Viseu フニクラール・デ・ヴィゼウは2009年に開業した新しい乗り物です。
Viseu ヴィゼウ地図
場所はSe セ(カテドラル)やミゼリコルディア教会のある丘の上と、町の中心レプブリカ広場などがある旧市街ではなく、川(運河?)のある反対側の広場へと下って行きます。下側の駅は観光客にとって利用しづらい(分かりづらい)ので、上側のミゼリコルディア教会近くの看板を目安に行くと良いかと。


Funicular de Viseu ヴィゼウのケーブルカー
ケも上側の駅から線路沿いに下り、下側の駅へ。リスボンのラヴラ線の様に野ざらしではなく、一応駅の様になっています。

ポルトガルの路面電車:ヴィゼウのケーブルカー
折角なので乗って帰る事にしました。朝の8:30~19:15までおおよそ15~30分毎に運行しています。標高差64m、距離400mを走るケーブルカー、
このポルトガル経済危機のご時世の中、なんと無料でした!。
このポルトガル経済危機のご時世の中、ヴィゼウのツーリズモ(観光案内所)でくれた観光案内地図が有料!だったのに!!なんかお金の使い方、貰い方間違ってやいませんか?!

ヴィゼウのケーブルカーに乗ってみた(車内の様子)
無料にかかわらず、乗車したのはケと、駅の掃除をしていたおばちゃんと運転手だけ。

レトロな旅時間ポルトガルへ:リスボンいち美味しい?!ビトッケ
ケは見晴の良い、運転台の横の最前席に座りました。この最新のケーブルカーは無人運転ではなく、運転手が居るのですが、操作は出発ボタンと緊急停止ボタンだけの様な簡素なもの様でした。

ダン・ワインの産地、ヴィゼウ
ケーブルカーですので、路線の真ん中で下りのケーブルカーとすれ違います。下からこの辺りまではあまり傾斜はありません。丁度上から降りて来たケーブルカーの辺りから傾斜が増すのですが、それでも最大勾配は16°(ポルトのケーブルカーは45°を超えると言うのでその差は歴然)。ここのケーブルカーはリスボンの様にキャビンが傾斜はしていなくて水平、またポルトの様に傾斜に合わせてキャビンを水平に保つ機能もついていません。


funicular de Viseu, Portugal (Ola! Portugal)
ヴィゼウのケーブルカーも、良く言えばモダンな感じですが、色も形もヴィゼウの街並みにはマッチしていないな~。

Igreja da Misericordia ミゼリコルディア教会(ヴィゼウ)
前方に見えるのが美しいファサードのミゼリコルディア教会。この教会の地下が秘密基地になっており・・・

ポルトガルブログ:Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ
この様に格納されました。

でも、本当に必要だったのか?!このケーブルカー・・・

    
Ola! Portugal ←ポルトガルの大きな町から小さな村まで全国くまなく100箇所位を紹介しています。
Ola! Portugal : 歩きまくり / Viseu ヴィゼウ ←作家・檀一雄の愛したダンワインの産地を歩きまくり
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ:ヴィゼウのウマイもの 石のスープ←ポルトガルで有名な民話のスープ

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ