Ola♪
数ヵ月前、地元・愛媛の新聞で「土佐電鉄 外国電車3両復活」の記事を目にしました。以前、高知を訪れた際に、タッチの差で引退していたの報を聞いて落胆したケ組。この機会を逃すまい!!と、復活したリスボン市電に会いに行って来ました。

<外国電車運行開始!>
土佐電気鉄道の外国電車(ポルトガル、オーストリア)運行開始
新聞によると、ICカードに対応できず定期運行から退いていた(2009年)外国電車が、電車ファンの根強い声に応えるため、5月頃まで週末と祝日に異国情緒を運ぶとあります。復活したのは、リスボン市電の他、オスロ市電(ノルウェー)、グラーツ市電(オーストリア)の3両で高知駅前~枡形で運行との事。土佐電鉄のHPで調べると、午前中は10時に高知駅前を出発。その時間に間に合う様に愛車のケ号を愛媛から走らせました。

で、10時前に高知駅前で待っていると、やって来たのはグラーツ市電(オーストリア)↓
土佐電気鉄道の外国の路面電車(オーストリア)

運転席の辺りがせばまっているので、「細っ!」と言う第一印象。このシャープな形状とグリーンとベージュのツートンカラーが渋くてかっこ良いですね。

続いて、お目当てのリスボン市電が来るのか?と思っていましたが、やって来ません。土電の運転手さんにきくと、電車運行課に尋ねてくださいとの事なのですると、本日のリスボン市電は13時に高知駅前発の便との事。冒頭の写真の時刻表で言うと、9:40桟橋車庫発の1台(今回はグラーツ市電)が午前中に、時刻表の矢印の経路で走り、午後からまた別の車両(今回はリスボン市電)が走る様です。と言う事は、1日で走るのは3台の内の2種類だけと言う事かな。今日どの電車が走るかまでは事前に調べて来ませんでしたが、今日リスボン市電に乗れるのはラッキーだったかも。また、時刻表に赤色の吹き出しで『撮影ポイント』と書いているのは、高知駅前で30分と長い間停車しているので激写タイムですよ!と言う事らしいです。また、土佐電の車庫である「桟橋車庫」では停車しているリスボン市電の見学も出来る!と言う事なので、お昼ご飯前に行って来ました。

<土佐電気鉄道・桟橋車庫>
土佐電気鉄道:桟橋車庫に行ってきた
路面電車は市内均一190円ですが、一日乗車券(500円)を買って行くのがよろしかろう。車庫は、高知駅前から路面電車で9駅、「桟橋車庫前」で下車した所です。道路に沿って事務所の方へ歩いていくと・・・

土佐電気鉄道の外国の路面電車(ポルトガル)
小さく白い車体が見えて来ました。「あっ~居た!!ケさん、会いに来たよ~♪♪」
直ぐにでも駆け寄りたいのですが、まずは事務所に寄って撮影の許可を貰います。一日乗車券にも書いていますが、この車庫は敷地に入って撮影が出来ます(ただし、声を掛けてくださいとの事)。ケもお願いすると、快く許可を頂きました。奥にある整備場の前にある可動橋までは自由に敷地内に入って良いそうです。途中すれ違った運転手さんも「いらしゃい~♪」と声を掛けてくれました。良い所だ~。

高知にリスボン市電PINGO DOCEカラーの910号に会いに行って来た
そして、ついに感動の対面です。『おぉ!元気そうだね~。お兄さん(愛媛で隠居生活中のコカコーラ・カラーのリスボン市電533号)が、宜しく!って言っていたゾ!』

ココは車庫なので他のお客さんの迷惑になりません。と言う事でケ組はうれしげに激写しまくり
以前リスボン市電533号に会いに四国コカコーラの小松工場に行った際は、本来の目的である工場の製造ラインの見学ではおとなしかったケ組が、工場見学後にリスボン市電のコーナではしまくりで、係のお姉さん、びっくりしていた(笑)。あまりの熱心さに?!車内に乗せてくれた程。

コカコーラカラーのリスボン市電533号車は愛媛で隠居生活中
改めまして、土佐電気鉄道910形電車は、1947年製造のリスボン市電で、1991年にお兄さん(1928年生まれ)の533形と一緒にやって来ました。533形は、今もリスボンを走る市電に似た顔をしていますが、こちらはあまり馴染が無い顔ですよね。土電に来た際に、運転台の窓が3枚窓から1枚窓へ、窓の下側にボンネット状のでっぱりを追加等の改造が施されたそうです。リスボンの市電博物館で、同じ形の兄弟市電を見たのですが、そっちの方がレトロ感満載でやっぱり良かったなぁ。

1991年にポルトガルからやってきたリスボン市電(910号、533号)
『PINGO DOCE』は、今もポルトガル全土にあるチェーン店のスーパーマーケットの名前です。
『COMPRAR MELHOR PERTO DE SI』 ”いいものが、直ぐ近くで買い求めいただけます”

リスボン市電910号:1947年イギリスCCFL社製900型

土佐電の外国路面電車の運行は土日祝(高知駅前~はりまや橋~枡形)
パンタグラフに変更になり、使われていない集電ポールはかつての名残り。

Lisboa Electrico No.910 (Japan)

リスボン市電、日本を走る
いやぁ~こうして元気な姿を見れて良かったよ!
こうしてケは大満足で桟橋倉庫を後にしました。路面電車に乗って大橋通りまで行き、「ひろめ市場」で昼食。かつおの塩たたきを頂きました♪ 今回この時期に高知に行ったのはTVで愛媛・愛南町の深浦港(四国一の、かつおの水揚げ量を誇っています)で初がつお が揚っている!とのニュースを見たので。以前高知に行った時もカツオが美味しかったので、「今でしょ!」と言う事でやって来たのです。

お腹も一杯になり、昼13時発のリスボン市電に乗りこむために、再び高知駅前に戻って来ました。しばらくすると・・・
トサデンの外国電車:リスボンの路面電車
あの白い影は・・・ 「来た~」

次回に続く・・・


Ola! Portugal ←ポルトガルを歩きまくり、食べまくり、遊びまくった旅行日記&写真集
Ola! Portugal : ポルトガル、路面電車のある風景 ←リスボン、ポルトを走る路面電車写真集
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : リスボン市電、日本を走る?! ←533形に会いに行って来た
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : リスボン市電の博物館に行って来た♪ ←歴代の実車が一杯♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ