Ola♪
ポルトガルの地方を旅する楽しみは、その地方の郷土料理を食べる事!
ポルトガルの北東にあるスペイン国境近くの城塞都市Miranda do Douro ミランダ・ド・ドウロにも、美味しい郷土料理があるとの事前情報ですゾ!

<Cerveja セルヴェージャ(ポルトガルの瓶ビール)>
ポルトガルのビール:SUPER BOCK スーペル・ボック
晩飯は宿の近くのレストラン。メニューを見ると色々種類はあるのですが、ピザがメニューにあったりとケ的にはムムム・・・と言う感じだったのですが、この日は元旦だったので開いている店を探すのは大変・・・。それにミランダに訪れる前から目を付けていた郷土料理がメニューにあったので、今晩はこのお店にしよう。

<Vihho Tinto ヴィーニョ・ティント(赤)>
ポルトガルのワイン:Vihho Tinto ヴィーニョ・ティント(赤)

<Azeitonas アザイトナーシュ(オリーブ)>
ポルトガル料理前菜:Azeitonas アザイトナーシュ(オリーブ)
ポルトガルの食卓(レストラン)にはオリーブ、パンなどの前菜が並びます。これらは食べたら料金が掛かるシステム。オリーブは写真の色の様に茶色のものや、おなじみの黒色のものなど種類があります。柔らかいもの、固いものなど、漬け方にも違いがあり、味もちがいます。

<Sopa de Legumes ソッパ・デ・レグメス>
ポルトガル料理:Sopa de legumes ソッパ・デ・レグメス
レグメス(野菜)のスープも種類は様々。今回はニンジンのスープです。

<Alheira アリェイラ(鳥の腸詰)>
ポルトガル料理前菜:Alheira アリェイラ(鳥の腸詰)
ポルトガル北部の郷土料理、鳥の腸詰です。中身はミガッシュ(パン粥)に肉をほぐした物を混ぜた物で、少しフニャフニャした食感が面白い。鳥の腸詰って珍しいですよね。これは昔、迫害を受けていたポルトガル内に住むユダヤ人が、ユダヤ人だとばれない様に、この腸詰を食べたそうです。(一般的な腸詰は豚肉をつかうので、腸詰を食べている=その人は豚を食べてはいけないユダヤ人ではない と思わせた)
また、鳥の腸詰とありますが、この鳥、実は鳩だったり?!と思う今日このごろ・・・。ポルトガル北部では鳩を食べるんですよね。馬蹄形をした独特の形状の鳩小屋もよく見かけます。

<Bacalhau com Mel e Noz バカリャウのクルミとハチミツ添え>
Bacalhau com mel e noz バカリャウのクルミとハチミツ添え
この辺りは海から遠く離れた山間部なので、魚料理と言えばバカリャウ(干しダラ)料理位しかない様です。その変わり、バカリャウ料理には色々バリエーションがある様で、このレストランではバカリャウ料理が10種類程ありました。そんな中、相棒が選んだのはバカリャウ(タラ)を揚げたものに、クルミとハチミツが掛った料理。ミランダ辺りでは、クルミやハチミツの産地でもあるそうです。ですから、これも郷土料理の一つと言えるのでしょう。

<Posta Mirandesa ポスタ・ミランデーサ>
ポルトガル料理:Posta mirandesa ポスタ・ミランデーサ
そして、ケの注文したのはポスタ・ミランデーサ。どんな料理が出てくるのだろう?!と思って楽しみにしていたら、出て来たのは皿にドカ~ン!!と乗った一見、普通の巨デガ・ステーキ。ソースに特徴がある?!と言う訳でもない、塩と胡椒、ニンニクで味付けしただけの様なシンプルな一皿。かなりレアな焼き加減。付け合わせに大きな椎茸が乗っています。味は?!・・・ん~、普通の赤身のステーキ。ただ、厚みといい、大きさといい、とにかくデカイ!ただ、どの辺に郷土料理としての特徴があるのか・・・。

このデカいだけであまり特徴が無い様に思えるポスタ・ミランデーサが郷土料理だと言うのが腑に落ちなかったケ。「昨晩の店はピザも売っている様な店だったので、少しいい加減な店だったんだ。きっと、ちゃんとしたレストランならザ・郷土料理が出てくるに違いない」と言う事で、翌日の昼食は旧市街にある、お客さんが沢山入っていたレストランで再挑戦。

<翌昼、リベンジのポスタ・ミランデーサ>
ポルトガル旅行記:ミランダ・ド・ドウロの郷土料理
で、出て来たポスタ・ミランデーサ。ババ~ン!!やっぱり巨デカのシンプルなステーキでした・・・。
調べてみると、この辺りで飼育している牛が、ミランダ牛と言うブランド牛なのだそうです。リスボンのレストランでもポスタ・ミランデーサの名で、このステーキを出している所もある様です。

<Cabrito カブリット(ラム肉)>
ポルトガル料理:Cabrito カブリット(ラム肉)
ケの2回連続の巨デカ・ステーキを笑っていた相棒のスノホワ。スノホワが注文したのはラム肉のBBQ。出て来たのはこれまたボリュームたっぷりの肉でした。骨の周りについたお肉が美味しゅう御座いました。、

<Moose de Ananas ムース・デ・アナナス>
ポルトガル料理のデザート:ムース・デ・アナナス
デザートは、アナナス(パイナップル)のムース。お肉の量が多かったので二人で半分こ。

<Cafe カフェ>
ポルトガル旅行記:ミランダ・ド・ドウロ
御馳走様のカフェ。
昨日、今日と肉三昧。この辺りはやはり、肉街道だ~。

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを訪れる事29回♪ ポルトガル情報満載のHP&ブログです。
Ola! Portugal : ポルトガル料理食べまくり ←『レトロな旅時間』でも好評のポルトガル料理
Ola! Portugal : 歩きまくり / ミランダ・ド・ドウロ ←ミランダ語の他、独特の文化が面白い町

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ