Ola♪
カイス・ド・ソドレからフェリーでCacilhas カシーリャスへやって来ました。

ポルトガル旅行記:リスボン(カシーリャス)
今回のお目当ては、美味しい海鮮レストランでランチです。

リスボン・カシーリャスへの行き方(フェリー)
白とオレンジに塗られた船体が、なんだか旅愁をそそりますね。我が地元、愛媛の伊予鉄の路面電車もこれに近い配色。昔の国鉄の地方を走る特急なんかもクリーム色に赤色のラインも好きだったなぁ。

リスボンの美味しい海鮮レストラン(カシーリャス)
フェリーターミナルを出ると、直ぐ前から海鮮レストランが立ち並んでいます。テージョ川河口、海のように広い川の直ぐ傍にある海鮮レストラン。新鮮な魚が食べれそうで期待しちゃいますね。

「レトロな旅時間ポルトガルへ」に登場の海鮮レストラン
青空と白いパラソルの下、お客さんがいっぱい!手書きの看板には「SALDINHAS ASSADAS」サルディーニャス・アサーダス(イワシの塩焼き)が5ユーロの文字。ケも早く食べたいのですが、今回はポ人の友人が教えてくれた店に行くために、ここはじっと我慢。

Lisboa Cacilhas リスボン(カシーリャス)
お奨めのお店は、この商店街を少し進んだ先にあります。この歩行者天国の商店街も両側にレストランが並んでいるので、迷っちゃいますね。

ポルトガルブログ:Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ
道中、淡い青色が印象的な教会が。壁面には日時計がついていました。

レトロな旅時間 ポルトガルへ:伊勢エビ入りカタプラーナ鍋
歩くこと5分位。ケ組が書いた最新ポルトガルガイド本『レトロな旅時間ポルトガルへ』に登場のレストラン、「Martins マルティンス」へ到着。美味しいサングリア、新鮮なイワシの塩焼き、丸い形が特徴的なアンコウのカタプラーナ鍋(カタプラーナ・デ・タンボリル)と、海鮮料理を堪能しました♪

「レトロな旅時間ポルトガルへ」に登場のレストラン:マルティンス
レストランの奥の部屋では、おじいちゃんの誕生日会を開催していました。親戚、友人など30人位が集まって楽しそう。そんな様子を眺めていると、カウンターからケーキが登場。そのケーキがこれ♪ おじいちゃん、カメラマンだったのか、カメラを模したケーキです。「Canon」のロゴが入っていたりと細かいところまでよく出来ていますね。おじいちゃん、嬉しかっただるな~。

食後、フェリーターミナルに戻り、周辺を散策。
ポルトガル旅行記:Ola! Portugal
こちらも海鮮レストラン。入口や壁面が貝で覆われています。海鮮レストランっぽいですが、貝で埋め尽くされ少々気持ち悪い・・・

クリスト・レイ(リスボン)への行き方
フェリーターミナル付近から仰ぎ見るクリスト・レイ。1959年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロにあるキリスト像を模して造ったそうです。植民地が宗主国の有名な建造物を模して造る、っていうのは分かる気がしますが、その逆って言うのがなんだか面白い。

Transtejo リスボン:テージョ川を渡るフェリー
お腹もいっぱいになりましたし、帰りますか。いや~、満足じゃ。

    
Ola! Portugal ←『レトロな旅時間ポルトガルへ』の著者(補)兼カメラマンによるポルトガルガイド
Ola! Portugal : Lisboa リスボン ←ヨーロッパ有数の美しい首都リスボンを歩きまくり
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ポルトガルの船窓から リスボン~カシーリャス ←ミニクルーズ♪

むいんと おぶりがーど 今日も訪問ありがとう。
 ブログのランキングサイトに参加しています。
 (人気ブログランキング:海外旅行)

← ポチッと、ひと押しして投票をお願いします。
  とっても励みになるそうぞなロシ