Ola♪
前回の記事で、屋上からの景色が抜群♪ と書いたLisboa リスボンのアルファマにある、Igreja e Mosteiro de Sao Vicente de Fora サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会と修道院。この修道院、建物の中も美しいんですよ。

<サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会と修道院>
ポルトガル旅行記:Lisboa リスボン
サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院の名前は、リスボンの守護聖人 聖ヴィセンテに奉納された事に由来します。現在の修道院の建物は17世紀初頭に建てられた物で、修道院に併設されている教会は修道院の完成後ほどなくして建てられたのです。
遠くからも確認出来る、2つの鐘楼をもつ美しいファサードが教会。教会の右側に修道院の入口があります。教会は無料ですが、修道院は有料。ですが、修道院がムイント美しいので是非修道院にも立ち寄ってください。

<修道院の回廊から>
サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会と修道院(リスボン)
美しい白亜の建物。ポルトガルの青空に映えますね。

Igreja e Mosteiro de Sao Vicente de Fora, Lisboa

ポルトガル旅行記:リスボン(アルファマ)
白壁の大きく、長い回廊には、美しいアズレージョで彩られています。

アズレージョの美しいリスボンの美しい修道院
回廊だけではなく、上の階に上がる階段にも、このアズレージョ!

アフォンソ4世も眠るポルトガル王家の霊廟

『レトロな旅時間ポルトガルへ』で紹介の美しい教会・修道院
ポルトガルらしい、色とりどりの大理石を使ったモザイク。

修道院には、ポルトガル国王を輩出した、ブラガンサ家の霊廟があります。
ブラガンサ王家の霊廟(リスボン・アルファマ)
えっ?!中央の棺の前に佇む、白い影が見えるって?! ケ、ケには見え・・・。

この棺の中には、ちゃんとそれぞれの亡骸が安置されているんでしょうね。結構な数がありましたから(左側のロッカーみないなのもそう)、霊感が強い人は何かを感じるかも。この棺は1908年にコメルシオ広場で暗殺された国王カルロス1世と長男のブラガンサ公ルイス・フェリペの墓で、他にもほとんどのブラガンサ家の王達がここで眠っています。このブラガンサ家の霊廟、元々は修道院の修道士が食堂として使ってた場所なんだそうです。食堂跡を霊廟にするって、なんだかおもしろい(決して食いしん坊だったからではない! 、と思う・・・)。

ポルトガルブログ:Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ
各棺の上には、こんな王冠も飾られていました。さすが王家の墓。だけど、無造作に置いてあるけど、盗まれないかのう・・・。

修道院は他にも見所があって、前回の屋上から景色の他、
『レトロな旅時間ポルトガルへ』の著者兼カメラマンのブログ
こちらは修道院のチケット売り場に入って直ぐの所にある、地下貯水地。修道院に降った雨を、雨どいなどで集めて、この様に地下に溜めて使っていたそうです。Marvao マルヴァオンの山上にあるお城にも、この様な貯水池がありましたね。
 Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : マルヴァオン城 ←の貯水池

時計じかけのオレンチ(ポルトガル・リスボンの教会)
そして、こちらが鐘楼にあった大時計です。何時ぐらいのものか、今も現役なのか分かりませんが、かっこいい。教会や修道院は、お城ほど興味がそそられないケではありますが、お奨め♪

    
Ola! Portugal ←『レトロな旅時間ポルトガルへ』の著者(補)兼カメラマンのHP&ブログ
Ola! Portugal : ポルトガル歩きまくり / リスボン(アルファマ) ←リスボンの下町を歩きまくり
Ola! Portugal 与茂駄(よもだ)とれしゅ : リスボンの展望台、ここはど~こだ?!

むいんと おぶりがーど 今日も訪問ありがとう。
 ブログのランキングサイトに参加しています。
 (人気ブログランキング:海外旅行)

← ポチッと、ひと押しして投票をお願いします。
  とっても励みになるそうぞなロシ