Ola♪
レトロな旅時間ポルトガルへ』で紹介の、Lisboa リスボンの美味しいチキンの炭火焼屋さんです。

<Frango assado フランゴ・アサード(鶏の炭火焼)>
ポルトガル料理:Frango assado フランゴ・アサード(鶏の炭火焼)
フランゴ・アサード(鶏の炭火焼)はポピュラーな料理ですが、炭火で焼くので設備が必要なので、どのレストランにもメニューにあると言う訳ではありません。ですので、リスボンで焼き鳥が食べたくなったら、このレストランに行っています。

リスボンの大衆食堂:鶏の炭火焼屋
正確には鶏の炭火焼屋の専門店ではなく、豚肉や牛肉のグリルもあります。でも店内にある、この鶏肉の炭火焼グリルで大量に調理されている鶏を見てわかる通り、多くのお客さんは鶏肉がお目当て。強力は炭火の上に、串に刺された鶏が自動でクルクル回りながら丸焼きにされていきます。

<Sangria サングリア>
ポルトガルワイン:Sangria サングリア
夏はやっぱり、キリリと冷えた甘くて美味しいSangria サングリア♪ サングリアは赤ワインをソーダやジュースで割り、その中に一口大に切った果物とシナモン等を漬けた飲み物。ワインより少々お高いですが、夏はやっぱりコレですな。
 Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : サングリア大好き♪ ←美味しいサングリア特集号

<Pastel de Bacalhau パステル・デ・バカリャウ>
ポルトガル料理:Pastel de Bacalhau パステル・デ・バカリャウ
前菜として出て来た、ポルトガル名物バカリャウ(干しダラ)のコロッケ。ポルトガルの場合、前菜として色々と運ばれてくる事がありますが、手を付けなければ料金は取られません。
バカリャウをほぐした身が沢山入っている方が、ポルトガルのコロッケの感じがして好きです。写真では大きさが分からないかもしれませんが、小ぶりな大きさなので、ちょっとつまむのに丁度良いです。レストランの他、カフェなんかにも置いてある店もありますね。

<Canja カンジャ>
ポルトガル料理:Canja カンジャ(鶏のスープ)
まずはソッパ(スープ)のケ組。
このお店のお楽しみは当然、鶏のスープ。鶏肉、鶏の肝から出た美味しい出汁と、たっぷりの鶏肉とお米が日本人の口にぴったり!特にこのレストランのカンジャは美味しいです。このボリュームと味で1.9ユーロ♪ 日本人ならこの一皿でも満足してくれそう。悪徳ツアーガイドにでもなって、コロッケとスープだけ注文して1000円位とろうかしら(なんて悪魔の声が聞こえてきそうな味と値段です)。

<Frango assado フランゴ・アサード(鶏の炭火焼)>
『レトロな旅時間ポルトガルへ』で紹介のリスボン大衆食堂
まぁ、それは冗談として、当然メインのチキンも頂きます。メイア・ドーセ(1/2量)で、5.2ユーロとユーロ高、ポルトガルの物価上昇に悩む旅人にとって懐にも嬉しい値段です。(あっ!でも付け合せのフライドポテトやご飯は別料金です)。最近、ポルトガルの経済状況の悪化、外食に掛かる税金(日本の8%への増税なんて可愛らしい、23%!)もあって、ポルトガル料理の『日本人の口に合う、安くて、美味しい』の、『安くて』の部分は以前と比べて大分怪しくなりました・・・。しょうがない事だけど、つらいなぁ。

写真左奥のピリピリソース(赤唐辛子のソース)をお好みで。付け過ぎると辛いですよ~。
そうそう、ポルトガル語で赤唐辛子の事を、Piripiri ピリピリと言います。日本語のピリピリするの事ですな。ポ語と日本語、どちらが語源でしょうか。「ピリピリ」と言う言葉、日本語としてはおかしいので、ポ語が語源ですかね。 

『レトロな旅時間ポルトガルへ』の著者兼カメラマンのブログ
メイア・ドーセ(1/2量)でも、このお皿と、一枚上の写真の分が出てきますので、日本人なら1/2で十分かな(カンジャも食べているし)。

<Pudim Flan プディン・フラン>
ポルトガル料理(デザート):Pudim Flan プディン・フラン
食後のデザート。相棒は大好きなプリン。
ケは夏なので、「Melao メラォン(メロン)」を注文したのですが、出て来たのはこれ

ポルトガルのお酒:Licor Beirao リコール・ベイラォン
『あっ』と言う間もなく、オヤジが持って来たボトルからグラスへ注ぎ始めてしまった・・・。何がどうなって、この酒が出て来たのだ?!『Nao, Nao, Nao,    Melao・・・』と言うと、オヤジは『あぁ、メラォンね。聞き間違えた!これはサービスするよ、飲んでおくれ』。 あまりアルコールに強くないケは、サービスと言われても昼からこんな強い酒は、あまり嬉しくはなかったのですが(この後の観光に差支えたら困るし・・・)、とりあえず一口。強いお酒ですが、美味しいです。で、何と聞き間違えたのか、このお酒の名前を聞くと、『Licor Beirao リコール・ベイラォン』。『メラォン』と『ベイラォン』を聞き間違えた様です。今まで散々メラォンを注文して来ましたが、こんな間違いは初めて。よっぽどスノホワが呑兵衛に見えたのでしょう ちなみに、リコール・ベイラォンはポルトガルのリキュールで、その昔は薬用酒(胃の痛み軽減)だったそうです。

<Melao メラォン>
ポルトガル料理(デザート):Melao メラォン(メロン)
その後、無事メロンが出て来ました。夏のポルトガル旅行では、やはり甘くて美味しいメロンですな。

    
Ola! Portugal ←『レトロな旅時間ポルトガルへ』の著者(補)兼カメラマンのHP&ブログ
Ola! Portugal : ポルトガル料理食べまくり ←日本人の口に合うポ料理を写真満載で紹介です。
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : リスボンのビアホール、ポルトガリア ←美味しいステーキ
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : リスボンの老舗大衆レストラン ←ケの定番食堂入りなるか?!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ