Ola♪
大勢の観光客が訪れるポルトガルですが、日曜日はお休みとなるレストランが多いですので気を付けてください。今回Porto ポルトで訪れた、このレストランは日曜日でも開いており、大助かり。しかも美味しい♪

<ポルトの美味しいレストラン:Assador Tipico アサドール・ティピコ>
ポルトガル旅行記:Porto ポルト
レストランの場所は世界遺産のポルト歴史地区の中心部から少し離れた場所にあります。アズレージョが綺麗なカルモ教会の近くにある大きな病院に沿って歩いた病院の西側。ソアーレス・ドス・レイス国立美術館の隣にあります。店名のアサド―ルは、焼く人、ロースター、などの意味なので焼き肉屋さんと言った感じでしょうか。1984年開業のポルトで初めてのステーキ屋だそうで、収容人数500名のポルトでも規模の大きな人気レストランです。

<レストランの入口付近>
ポルトガル料理情報満載のガイド本『レトロな旅時間ポルトガルへ』
レストランは間口が狭く、奥が広い構造。入口付近は、陽気な店員さん(日本語で挨拶してくれた)と、まるでお肉屋さんの様にお肉が大量に並べられたショーケースが。人気の程がうかがいしれます。

<店内の様子>
ポルトの美味しいレストラン:アサドール・ティピコ

Assador Tipico, Porto, Portugal
アズレージョが美しい、落ち着いた雰囲気の店内。店内はいくつかのフロアーに分かれていて、週末にはライブも開催されます(この日も開催されていましたが、別のフロアーでした)。

<ポルトガルワイン:Vinho Verde ヴィーニョ・ヴェルデ>
ポルトガルのワイン:ヴィーニョ・ヴェルデ
ポルトガル北部は、微発砲性のワイン、ヴィーニョ・ヴェルデの産地です。ヴェルデは直訳で”緑”、=若いと言う意味合いのワインで、酸味のあるすっきりとしたワインで飲み易くて大好き。夏なんかは冷やしたヴェルデをビール代わりにいただいてしまいます。しかしヴェルデも高級な物になると、しっかりとしたヴィーニョ・ブランコ(白ワイン)に近い味わいになります。そのヴィーニョ・ヴェルデの中でもケが一番好きな銘柄がCASAL GARCIA カザル・ガルシア。ポでも最もポピュラーで、お手軽な値段のヴェルデです。

ポルトガルのワイン:レトロチックなカザル・ガルシアの看板
昭和レトロチック?!なカザル・ガルシアのポスター。こんなビール感覚で飲める?!ミニサイズ(187ml入り)も売っているんですね。4本入りで4.5ユーロ(スーパーでの値段)。最近はコルク栓ではなく、キャップボトルなんだ・・・(お店で飲んだのはコルク栓だったけど)。

<Caldo Verde カルド・ヴェルデ>
ポルトガル料理:Caldo Verde カルド・ヴェルデ   
ご存じ、ポルトガル北部の郷土料理カルド・ヴェルデ。ジャガイモとコーヴ・ガレガと言うチリメンキャベツにチョリッソとオリーブオイルを垂らしたシンプルな料理ですが、これが美味しいんですよね。ポルトのボリャオン市場に行ったら、コーヴ・ガレガが千切りにされた状態で売っていますしポルトガル料理:カルド・ヴェルデに入れるガレガキャベツ
(用途はカルド・ヴェルデ専用なんだろうな~)、ちょっとした農地にはコーヴ・ガレガを大量に育てています
 Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ポルトガルの山村風景 ←コーヴ・ガレガ畑

<Frango no Churrasco フランゴ・ノ・シュラスコ>
ポルトガル料理:Frango no Churrasco 鶏のシュラスコ
鶏の炭火焼(1/2、メイア・ドーセ(半分の量))。ポルトガルではシンプルなチキンの炭火焼が安くて美味しい。スープを食べたり、付け合せがどっちゃり出て来たりするので、日本人なら半分の量でも良いかと。ステーキを一人前で注文すると凄い量が出てくる様です。
 Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : リスボン大衆食堂 鶏の炭火焼屋

<Espetada a Madeirense エスぺターダ・ア・マデイレンセ>
ポルトガル料理:Espetada a Madeirense
エスぺターダ(串焼き)。ぐるナイのポルトガル料理対決にも出てきたマデイラ島の名物料理です。お肉の真ん中に挟んであるのはパイナップル。この牛の串焼き、柔らかく、何よりジューシーでムイント美味しかった♪ これまでポで食べたお肉の中でも、1、2を争う美味しさだ~と思ってしまいました。このレストランが人気なのも納得!!以前、ポルトガルのブランド牛ミランダ牛のステーキを産地のMiranda do Douro ミランダ・ド・ドウロで食べたのですが、ステーキの大きさは目を見張るサイズでしたが、味は思った程ではありませんでした。でも相棒と、「このレストランでミランダ牛を食べたら美味しいかもね!」なんて話をしました。

ポルト大衆食堂:肉屋さん経営の美味しい串焼き屋さん
店内には有名人のサインとコメントがずらりと飾られていました。有名人の来店が多いので、敷居が高い(お値段的に)と思いきや、写真の鶏のシュラスコが5ユーロ弱、串焼きが11ユーロ弱(共に半人前)と割とリーズナブルでした。お肉がお奨めですが、お肉が苦手、肉が続いて胃が重いと言う方も、バカリャウなどの魚料理、リゾット系の米料理もメニューにあります。リゾット系もメイア・ドーセから注文出来るのは米好きには嬉しいですね(リゾット系は2人前からと言うレストランも多いので、1人前のメニューがあるだけでも必注もんですが、1人前でも量が多いですからね)。でも、次回も肉をたのんでしまうかな・・・。お肉が美味しく、また来るぞ~!と、大満足のケ。ケ・シュランの☆獲得です♪

<お店のマスコット?!プーちゃん。>
ポルトガルブログ:Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ
ワタクシ、美味しいわよ~。

      
Ola! Portugal ←ポルトガル本を出版しました♪ 『レトロな旅時間ポルトガルへ』の著者のブログ
Ola! Portugal : ポルトガル料理食べまくり ←写真満載でポルトガル料理の魅力を紹介です
Ola! Portugal : ポルトガル歩きまくり / Porto ポルト ←ユネスコ世界遺産の街をぶらり街歩き
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ポルトのウマイもの ←ポルトの郷土料理、B級グルメ大集合

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
↑ 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイトに参加しています。
  ロシをポッチっと、ひと押し、投票をお願いします。(ブログ村・ポルトガル情報)
  とっても励みになるそうぞなロシ