Ola♪
Ponte de Lima ポンテ・デ・リマのじゃらんじゃらんを楽しんだ後、旧市街でランチにしました。

<ポルトガル旅行のお楽しみ♪ 美味しいポルトガル料理>
ポルトガル旅行記:ポンテ・デ・リマ
今朝、ポルトガル北部のValenca do Minho ヴァレンサ・ド・ミーニョからバスで到着後、リマでがっつり朝食をとったケ組(バスが朝早くて、ホテルで朝食を食べる時間がありませんでした)。ですので昼食は、ちょっと軽めと思ったのですが・・・

<Presunto ブレズント(生ハム)>
ポルトガル料理:Presunto プレズント
中世から続くと言う、市でも売っていたポルトガル北部特産の生ハム。う~、美味しそうだけど、今回は下げて貰いました。(ポルトガルでは前菜がテーブルに並ぶことがありますが、手を付けると有料。不要な場合は下げて貰った方が良いでしょう)

<ポルトガルワイン:Vinho Verde (Tinto) ヴィーニョ・ヴェルデ(赤)>
ポルトガルのワイン:Vinho Verde (Tinto) ヴィーニュ・ヴェルデ
こちらもポルトガル北部特産のヴィーニョ・ヴェルデ。微発砲性のすっきりとした飲み口のヴィーニョ・ヴェルデはブランコ(白)が多いのですが、ティント(赤)もあります。ケが一等好きな、Casal Garcia (カザル・ガルシア)にも赤がありますよ。ポルトガル北部では、レストランでVinho da Casa ヴィーニョ・ダ・カーザ(ハウスワイン)を注文すると、ヴェルデが出て来ることも多いです。

ポルトガル陶器のネットショップ:Andorinha アンドリーニャ
この辺りで面白いのが、を写真下段のカフェオレボウルにワインを注いで飲むこと!大中小、様々な大きさがあります。ケは普通にワイン ヴィーニョ・ダ・カーザで注文したのでグラスで出て来ましたが(観光客と言う事もあるかな)、周りを見渡すと地元の人はこのカフェオレボウルで飲んでいる人が多かったです。

このポルトガルのカフェオレボウル、相棒のスノホワが店長のポルトガル陶器と雑貨のネットショップ、『Andorinha アンドリーニャ』でも扱っています。これで飲むと、ミーニョっ子気分でポルトガルワインを楽しめますよ~。

<Rojoes a Minhota ロジョンエシュ・ア・ミニョータ>
ポルトガル料理:Rojoes ロジョンエシュ
ロジョンエシュは、ポルトガル北部でよく食べられる表面をカリカリに揚げた豚です。そこに、血入りソーセージの薄切りのフライ、内臓?と思われる肉がついていました。お腹があまり空いていない割には、ガッツリとしたメニューだ(笑)。ポルトガルでは豚が美味しく、色々な調理法があるのですが、揚げ豚も美味しいですね。血入りソウセージ、フニフニした食感の内臓系の肉は少々臭いがあり、好き嫌いがありそうです(ケは苦手だ・・・)

<Bitoque ビトッケ>
ポルトガル料理:Bitoque ビトッケ
相棒のスノホワは、ビトッケ(薄切り肉のステーキ)をチョイス。ポルトガルの牛肉は赤身肉が基本で、普通のステーキ(Bife de Vaca ビッフ・デ・ヴァッカや、Bife a Portuguesa ビッフ・ア・ポルトゲーザ)を注文すると、厚切りのでっかいステーキが出てくるので、小食のケ組はビトッケの方が好きです。ここのお店のビトッケは汁ダクタイプではありませんでしたが、汁ダクタイプ(ソース掛けタイプ)のビトッケも好きです。

後日、日本のTV番組(NHKの『妄想ニホン料理』だったかな?)で、このレストランが出ていました。間口が狭く、奥行があり、入口はカフェになっているタイプのレストラン。ぱっと見はケの好みでは無かったのですが、入ってみると地元の人に人気の店のようでした。

今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイト(ブログ村・ポルトガル情報)に参加しています。
ポンテ・デ・リマに行きたいぞ~と思った人は、ロシをポッチっと、ひと押し投票をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
とっても励みになるそうぞなロシ

    
Ola! Portugal ←大人気・増刷御礼『レトロな旅時間ポルトガルへ』の著者のHP&ブログ
Ola! Portugal : 食べまくり ←美味しいポルトガル料理を写真満載で紹介。レシピ集もあるよ
Ola! Portugal : 歩きまくり / ポンテ・デ・リマ ←サンチャゴ巡礼ポルトガルの道の宿場町
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : 知っとこ!世界の朝ごはん ポルトガル ポンテ・デ・リマ編