Ola♪
ちょっと行ってみたかった、リスボン市電カフェ「28 cafe」に行ってきました。

<リスボン市電カフェ「28 cafe」>
ポルトガル情報&旅行ブログ
場所は、サン・ジョルジェ城のチケット売り場横の道を少し奥に進んで行った所にあります。

リスボンの新しいカフェ:28 cafe
外観は地味で、ぱっと見は「ん?ここが市電カフェ???」と言う感じですが、中に入ると

リスボン情報&旅行記:Ola!Portugal
お~、カウンターが市電の顔になっているんですね。では、テーブル席はと言うと、

ポルトガル・リスボン旅行記:人気のカフェ(28 cafe)
市電の社内のような雰囲気になっていました。

リスボンの古い路面電車の写真
座席に座ると、車窓からは路面電車の古い写真が見えると言う演出。

ポルトガルの夏の飲み物:レモナーダ(レモネード)
メニューは至って普通のカフェって言う感じ。今回は暑い夏にぴったりの、Limonada リモナーダ(レモネード)。

一息ついたら、もう少し車内を見学。

Museu da Carris リスボンのカリス博物館(市電博物館)
車窓からは、昔のリスボン市電の写真が。

リスボンの古い路面電車の写真
あ~、こんな形の路面電車、以前に訪れたリスボンのMuseu da Carris カリス博物館(市電博物館)で見た事があるぞ♪ 

リスボンの路面電車博物館(カリス博物館)
これは昔の定期券ですかね。

リスボンの路面電車カフェ:サン・ジョルジェ城近くです
写真の他にも、昔の運転手さん?車掌さん?の制帽が飾ってあったり、

ポルトガルガイド本「レトロな旅時間ポルトガルへ」
昔の厚紙切符なんかも飾っていました。

ポルトガルのお土産盛りだくさんの本「持ち帰りたいポルトガル」発売
他にも、リスボン市電に関するお土産なんかも売っていましたよ。

リスボン市電カフェに行って来た:Ola! Portugal
トイレの入り口も市電風。
雰囲気勝負な感じではありますが、なかなか面白かったです。

古いリスボン市電の興味のある方は、Museu da Carris カリス博物館(市電博物館)がお勧めですよ。レトロな車体が沢山展示されています。場所は、市電の15番線に乗ってベレン地区に行く途中のSanto Amaroと言う停留所降りて直ぐの場所です。

<ケ組のポルトガル本・第2弾、「持ち帰りたいポルトガル」でました♪>
 持ち帰りたいポルトガル誠文堂新光社 (2016/8/17)
各書店、Amazon楽天ブックス などで好評発売中♪ 買ってね~

今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイト(ブログ村・ポルトガル情報)に参加しています。
ポルトガル大好きっ子、ポルトガルに興味があるっ子は、ロシをポッチっと、ひと押し投票をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
とっても励みになるそうぞなロシ
それと、Facebook も見てね~。アフリカゾウの一家もいっぱい登場しています。

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを訪れる事32回!ポルトガル情報満載のHP&ブログです
Ola! Portugal : ポルトガル歩きまくり / リスボン ←欧州いち美しい首都をじゃらんじゃらん
Ola! Portugal : リスボン市電博物館に行ってきた←路面電車を運営するカリス社の博物館