Ola♪
前回アルファマの下町を歩きながら探していた公共洗濯場。地元の方に場所を尋ねながらようやく辿り着きました。

<Lavadouro Publico 公衆洗濯場>
ポルトガル・リスボン旅行記:アルファマの公共洗濯場
洗濯&アイロン好きのポルトガル人。下町の路地を歩いていると、頭上に洗濯物を一杯干してあり、石鹸の匂いが漂ってくると、ポルトガルに帰って来た!と思った事です(最近は、この感覚は薄くなって来ましたが)。
なんとなく、その国の匂いってありますよね。以前、シンガポールのリトルインディアを歩いていたら、駅を出た一歩目からカレーのスパイスの良い香りがして来ました。インドには行った事はないのですが、空港から出たらスパイスの香りなんでしょうね。

リスボンの個人ガイドのご紹介:ArToursPortugal
洗濯場のゲートは閉まっていたのですが、地元のおばあちゃん( のポルトガルエプロンのおばあちゃん)に「見学しても良いですか?」と聞くと、「入って、入って。誰でも自由に使って良いのよ♪」 との事

では、お言葉に甘えて見学です(洗濯はしないけど)

 ポルトガル情報&旅行ブログ:Ola! Portugal
中央に複数の槽に分かれた洗濯場がありますね。それぞれの槽に水の蛇口がついています。

リスボン旅行記:アルファマぶらり街歩き
最近ではアルファマでも公共の洗濯場は減ってきたとの事ですが、この洗濯場はまだ現役の様です。槽の中には漬け置き洗い中の洗濯物が。

アルファマにあるLavadouro Publico 公共洗濯場
こちらは張った水の中にブクブクと洗剤が泡立っています。残念ながら、見に行った時に実際に洗濯している人はいらっしゃいませんでした。

NHKの番組「チョイ住み in リスボン」に登場していたアルファマ
一番奥は広い槽になっており、絨毯を洗濯していました。こんな大物は家ではなかなか洗濯出来ないですもんね。絨毯を洗濯する機会も、そうはないでしょうが。洗濯好きのポ人は結構するのかな?

そうそう、先日のNHKの番組「チョイ住み in リスボン」では、この絨毯が入った大きな槽の水が臭い!と騒いでいた後にやって来た地元のおばちゃん。「洗濯はこうするのよ♪」と親切に洗濯の仕方を教えてくれたのですが、その際に、その臭い水でジャブジャブ洗っていたのがおかしかった

リスボン旅行記:アルファマの公共洗濯場
周囲を見渡すと、やはり絨毯やマットが。

ポルトガルガイド本「レトロな旅時間ポルトガルへ」
この様な手洗いの洗濯場、これからも残っていって欲しいです。

今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイト(ブログ村・ポルトガル情報)に参加しています。
ポルトガル大好きっ子、ポルトガルに興味があるっ子は、ロシをポッチっと、ひと押し投票をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
とっても励みになるそうぞなロシ
それと、Facebook も見てね~。アフリカゾウの一家もいっぱい登場しています。

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを訪れる事32回!ポルトガル情報満載のHP&ブログです
Ola! Portugal : ポルトガル歩きまくり / リスボン ←欧州いち美しい首都をじゃらんじゃらん
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : アルファマ じゃらんじゃらん ←アルファマをそぞろ歩き
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : アルファマぶらり路地歩き ←リスボンの下町の路地歩記
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : アルファマぶらり階段歩き ←リスボンの下町の階段歩記