Ola♪
ラゴスの市場は、1階が魚市場、2階が生鮮食品やお肉などが売っていました。
カラフルでポップなアズレージョに誘われて、2階へGO!

<Lagos ラゴスの公設市場>
ポルトガル情報&旅行記:Ola!Portugal
市場ネタが、ゆる~りと続いていますが、お付き合いを。

ポルトガル旅行記:Lagos ラゴス(公設市場)
Laranja ラランジャ(オレンジ)に、Pera ペーラ(洋ナシ)、Pessego ペッセゴ(モモ)なんかが並んでいます。

<Sumo de laranja natural スーモ・デ・ラランジャ・ナトゥラル >
ポルトガルの飲み物:Sumo de laranja natural  オレンジジュース
いつもお世話になている、生絞りオレンジジュース。

ポルトガルのオレンジ絞り機
カフェでは、その場でオレンジを絞ってくれる機械を置いている所も多いです。同じ果汁100%のジュースでも、缶ジュースよりはやっぱりこの生絞りオレンジジュースが好き。日本だと一杯500円とかしちゃいそうですが、ポルトガルだともっと安いので夏の昼間なども愛飲しています。←ん?生ビールじゃないんですか???

<Compota de Pera コンポータ・デ・ペーラ>
ポルトガルのデザート: コンポータ・デ・ペーラ(洋ナシのコンポート
梨をそのまま食べる分には洋ナシよりも日本の梨の方が美味しくいです。ポルトガルは洋ナシはコンポートにしたり、リンゴはMaca assado マッサ・アッサード(焼きリンゴ)にしたりして、レストランのデザートとして登場する事が多いです。

市場に戻りまして、

ポルトガルの果物:桃、イチジク
ポルトガルでよく見かけるぺったんこさんの、平べったいモモ、Pessego paraguaio ペッセゴ・パラグアイオ。蟠桃(バントウ)と呼ばれる中国が原産の桃で、孫悟空と猪八戒が食べた不老不死の桃なんだそうです。ケはまだ食べた事がない。美味しいのかな?
そして、Figo フィーゴ(イチジク)。アルガルヴェ地方でよく見かけます。ポではそのまま食べるより(ケはそのまま食べるのが大好きです)、ケーキなんかにして食べますが、ムイント甘い事が多いです。

ポルトガル旅行記:アルガルヴェ地方(ラゴス)
ブドウの列に見慣れない果物が。これはRainha  claudia ライーニャ・クラウディア(セイヨウスモモ)。食べた事ないな~。レストランのデザートとしては、まず置いていないし。
そのお隣は、パイナップル。で、パイナップルですが、ポルトガルではパイナップルをAnanas アナナシュと呼んだり、Abacaxi アバカシーと呼んだり。その違いは、
 ・アソーレスではAnanasを多く栽培しているが、Abacaxiはそれ程多くない。
  (ブラジルではAbacaxi が多い)
 ・Ananasの葉は、先っぽだけがギザギザだが、Abacaxi は葉の全体がギザギザ
 ・Abacaxi の方が外皮の粒粒が小さい
 ・Abacaxi の方が甘く、Ananasは酸味がある
 ・Abacaxi のジュースもあるよ
分かりにくいですが大丈夫。アバカシーしか置いていなくても、アバカシーはないけどアナナシュならあるけど・・・なんて難しい話にはならず、ちゃんと、”パイナップル” が出てきます。で、写真のパイナップルはどっち?? 分かりません・・・。

分かりにくいシリーズでは定番のこちら
「Melao」、「Meloa」、「Melancia」それぞれの違い分かりますか?(正確には、ポルトガル語のヒゲが生えた綴りですが)
ポルトガルの果物:スイカ、メロン
この写真では分かりにくいのですが、細長い形の種類のメロンがMelao メラオン、丸い形の種類のメロンがMeloa メロア。そしてスイカが Melancia メランシア。

日本で夏の果物と言えばスイカですが、ポルトガルでも市場や道端に停めた大きなトラックでスイカを売っている姿をよく見かけます。しか~し!!何故かレストランではスイカはメニューには無いんですね。夏の人気を二分するメロンはどこのレストランでも置いているのに。不思議に思い、ポルトガル人の友人に聞くと、意外な回答が・・・。ポルトガルの都市伝説?!気になる方は↓
 Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : LUSO ルーゾの美味しい水 ←ポルトガルの都市伝説?!

<Melao メラオン>
ポルトガルの果物:Melao メラォン(メロン)

市場に戻りまして、今度はお野菜。

ポルトガルガイド本「レトロな旅時間ポルトガルへ」のブログ
ココでの注目は右上のPimento ピメント(ピーマン)。ピーマンと言えば、Massa de Pimentao マッサ・デ・ピメンタオ(赤ピーマンのペースト)と言う調味料があります。これはアレンテージョ地方でよく使われる調味料で、主に豚肉の下味用でアレンテージョ地方の郷土料理、Carne de Porco  a Alentejana カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ(豚アサリ)でも使われます。
 Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : なんちゃって豚アサリを作ってみた

ポルトガルの乾物:豆、トレモッソ
乾物コーナーもあります。ココでの注目はケの好きなTremosso トレモッソ。ビールなどのおつまみとして登場の黄色の美味しいお豆です。

ポルトガルのビールのおつまみ:Tremosso トレモッソ
以前、真空パック入りのトレモッソをお土産として持ち帰った事があるのですが、今回は市場で見かけた乾物のトレモッソを買って帰りました。今度、水で戻す事をやってみようと思います。方法はこれから調べないと・・・。味付けからすると、塩水で戻すのかな?時間は?

市場にまたまた戻りまして、

ポルトガルの蜂蜜、ジャム
ハチミツやジャム。
ココでの注目はハチミツ。ポルトガルでは蜜蜂が集めた花粉ビーポーレン(コロコロとした小さな粒になっています)を、牛乳なんかに入れて飲みます。寿命が延びる栄養ドリンクとのこと。

ポルトガルのハチミツ、花粉団子(ビーポーレン)
ハチミツの花粉団子ビーポーレン(右上)。Castelo Rodrigo カステロ・ロドリゴの素敵なお宿、"Casa de Campo" CISTERNAで出て来ました。この花粉団子、これもお土産で買って帰って、時々飲んでいます。

市場にまたまたまた戻りまして、

ポルトガル・アルガルヴェ地方の郷土菓子
アルガルヴェ地方の郷土菓子、Morgadinhos de amendoa モルガディーニョス・デ・アーメンドア。アーモンド、砂糖、インゲン豆を加えたもので色々な可愛らしい形に作られています。このお菓子、和菓子の”練りきり”のルーツと言われています。

<南蛮菓子、”練りきり”のルーツ:モルガディーニョス・デ・アーメンドア>
アルガルヴェ地方の郷土菓子:モルガディーニョス・デ・アーメンドア
ラゴスのパステラリアにて。『もみじ』さん飼いのケとしては鳥さんか、愛媛県人として鯛ですかね~。

市場ネタが続いて、市場の野菜や果物の写真だけでどうしましょう・・・と思いましたが、結構いけました♪

今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイト(ブログ村・ポルトガル情報)に参加しています。
参考になったぞ~と思った人は、ロシをポッチっと、ひと押し投票をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
とっても励みになるそうぞなロシ
それと、Facebook も見てね~。アフリカゾウの一家もいっぱい登場しています。

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを訪れる事31回!!ポルトガル情報満載のHPです
Ola! Portugal : 歩きまくり / アルガルヴェ地方 ←ポルトガル南部のリゾート地です
Ola! Portugal : 歩きまくり / Lagos ラーゴス ←ポルトガルのハワイ!楽しいです。
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ラゴス!ラゴス!!ラゴス!!! ←夏のヴァカンス満喫
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ラゴスのウマイもの ←海の町らしく海鮮カタプラーナ
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ラゴスの公設市場に行ってきた(1)←海辺の街の魚市場