Ola♪
思いの外、続いているLagos ラゴス編ですが、今回もラゴスの町をじゃらんじゃらんです。

<Lagos ラゴス>
ポルトガル情報&旅行ブログ:Ola! Portugal
レプブリカ広場にて(左奥:サンタ・マリア教会)
ポルトガルの大航海時代を牽引した、エンリケ航海王子。ラゴスはエンリケ航海王子所縁の地です。左奥のサンタ・マリア教会にかつてエンリケ航海王子が埋葬されていたそうです。

ポルトガル旅行記:Lagos ラゴス(エンリケ航海王子の像)
ユーラシア大陸の西端の小国が波の高い未知の大海原に活路を見出し、胡椒貿易などで栄華を極めたポルトガル。その先端に立って国を導いたとされるエンリケ航海王子ですが、本人は船に弱く、船酔いが激しかったのだとか 

ポルトガル旅行記:Lagos ラゴス(奴隷市場)
こちらが、ヨーロッパで初めて開設された奴隷市場の建物。胡椒貿易の他、奴隷貿易でも富を得ていたとか・・・。この奴隷市、日本にペリーが来航する少し前の1851年まであったそうです。そう言えば、16~17世紀の頃、日本人もポルトガル人によって奴隷として日本からヨーロッパに連れていかれた歴史もあるんだとか。

ポルトガル旅行記:アルガルヴェ地方(ラゴス)
奴隷市場からの眺め。今は工芸品の見本市を開催したりする文化センターになっているそうです。

ポルトガルガイド本「レトロな旅時間ポルトガルへ」のブログ
ラゴスのこの路地、好き。

Lagos,Algarve,Portugal
Igreja de Santo Antonio サント・アントニオ教会の鐘楼。

ポルトガルの写真満載のブログ:Ola!Portugal
ビーチリゾートのラゴスなだけに、夜も大勢の人でニギニギして陽気な雰囲気で楽しいです。

ポルトガルのビーチリゾート:移動遊園地
ビーチリゾートのラゴスなだけに、移動遊園地の小さな趣のあるメリーゴーランド。
ポルトガル、こんな小さな移動メリーゴーランド、各地に出張しています。

ポルトガルのビーチリゾート、ぶらり街歩き
かつてアルガルヴェ地方の首都だった面影が、古い街並みに見てとれます。

ポルトガル南部のビーチリゾート:ラゴス
緑色のアズレージョで壁面全体が覆われた建物。コーナーが丸みを帯びて、可愛らしテラスや大きな縦長の窓も良い感じ。ちょっと部屋の中も覗いてみたくなります。

ポルトガルの建物
観光客の多い海辺から、内陸の方に行くと、古い朽ち果て気味の建物も目立ちます。ケが初めてポルトガルを訪れたリスボンなんかにも、こんな感じの建物が多かったです。今はツルピカ計画で綺麗になっていますが、ケ的には当時のポルトガルの雰囲気の方が好き。

ポルトガルの装飾タイル・アズレージョ
三角形のアズレージョ。割を食った窓。どっちが先なんでしょうね~。

 今日も訪問ありがとう。ブログのランキングサイト(ブログ村・ポルトガル情報)に参加しています。
参考になったぞ~と思った人は、ロシをポッチっと、ひと押し投票をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
とっても励みになるそうぞなロシ
それと、Facebook も見てね~。アフリカゾウの一家もいっぱい登場しています。

    
Ola! Portugal ←ポルトガルを訪れる事33回!!ポルトガル情報満載のHPです
Ola! Portugal : 歩きまくり / アルガルヴェ地方 ←ポルトガル南部のリゾート地です
Ola! Portugal : 歩きまくり / Lagos ラーゴス ←ポルトガルのハワイ!楽しいです。
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ラゴス!ラゴス!!ラゴス!!! ←夏のヴァカンス満喫
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ラゴスのウマイもの ←海の町らしく海鮮カタプラーナ
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ラゴスの公設市場に行ってきた(1)←海辺の街の魚市場
Ola! Portugal 与茂駄とれしゅ : ポルトガル古城巡りの旅(25)ラゴス城