makoのいっしょに学ぼ

わかっちゃう英語をめざします


空欄に何が入るでしょうか

It seems that the seniority system still exists in Japan.
=
The seniority system still (       ) (       ) exist in Japan.

  日本にはまだ年功序列ってあるみたい


答えは seems to ね   3単現の s を付け忘れないでね




このタイプの書き換えをやりながら 不定詞の作り方 を見ていきましょう


It seems that he tells a lie.
=
He seems to tell a lie.

ウソついてるみたい



It seems that he told a lie.
=
He seems to have told a lie.

ウソついてたみたい



It seemed that he told a lie.
=
He seemed to tell a lie.

ウソついてるみたいだった



It seemed that he had told a lie.
=
He seemed to have told a lie.

ウソついてたみたいだった




to不定詞は 同時 か 先 を表します

なので、
1つ時制を下げたいときは 完了不定詞 にしましょう






It ~ to ・・・ 構文 で 書いてみましょう

形容詞が 人の性質を表す ようなものの場合
意味上の主語を表すところは
前置詞 of を使います



カメラを車内に置いてきたとは、彼も不注意な人だね




It was careless of him to leave his camera in the train.




彼らが子どもに、欲しがる物を何でも与えるのは間違っている




It's wrong of them to give the child everything he wants.




助けていただいて、ご親切さま 




It is kind of you to help me.

How kind it is of you to help me!
   感嘆文にすると、こうね




道を探してここへ来るなんて、彼は利口だ




It was clever of him to find his way here.




お金をすっかり着る物に浪費するとは、彼女は馬鹿だ




It is foolish of her to waste all her money on clothes.





It ~ to … 構文
 で 書いてみましょう

難しい とか 易しい とか 当然だ とか
判断しているような形容詞の場合
to 不定詞の意味上の主語のところに for を使いますよ



この機械を不用意に扱うのは危険だ




It is dangerous to handle this machine carelessly.




今月末までにその仕事を終えるのは、私たちには難しい




It is difficult for us to finish the work by the end of this month.




彼の指示にきちんと従うことが、きみには大切だ




It is important for you to follow his instructions exactly.




誤りを犯すのは人間なら当然だ




It is natural for man to err.




私たちは一度にたくさんのことをするのは無理だ




It is not possible for us to do a lot of things at one time.




前置詞に注意して 英作してみましょう♪


彼らはアメリカへ向けて日本を出発した


They left Japan for America.




私は去年フランスへ行った


I went to France last year.



for も to も 矢印マーク   なんだけどね

違いは何かというと

for は そっちへ心が引かれる  そっちの方へ 
っていうイメージ

to は ちゃんと最後まで行く 到達するんです



だから

They left Japan for America.

は、日本を発ったのは確かだけど
そのあと本当にアメリカに着いたかどうかは不明です
行くつもりでそっちへ行ったということですね
途中で違う国に行ってることだってありですし

それから leave は
leave どこどこ  
どこどこを出発する
と覚えてね

で、

I went to France last year.

は、はい!ちゃんとフランスに入国しましたよ



ってことはですね、
車内アナウンスで
This train is bound for Hakata.
と言っても、
ちゃんと博多に着くかどうかはわかりませんよね

途中で、どこかで止まるかも
予定はあくまで予定ですもの~♪



というわけで、2つの前置詞を使い分けて表現してみてね


ヨーク行きの列車は何番ホームから出ますか




What platform does the train for York leave from?


(↑ もちろんこれ Which でもいいですよ)






その大きな木が地面に倒れた




The big tree fell to the ground.





英作文・英文法の定番

父が亡くなって10年になります

という文を、いろいろな表現で作ってみましょう

思いつく限り、たくさん作ってみてね






My father died ten years ago.

お父さん を主語にして
10年前に亡くなった
という過去形の文ですね




My father has been dead for ten years.

お父さん を主語にして 現在完了で
10年間、死んだ状態でいる 
って感じですね 

dead形容詞




Ten years have passed since my father died.

10年間 を主語にして 現在完了で
いまのところ10年が過ぎた 父が亡くなって以来
ってことですね

ten years が主語で s が付いていますね
10年は 1年2年3年と数えて
10回の年が過ぎたので 複数扱い で have

since のあとは 過去形ね




It has been ten years since my father died.

時間を表す it で始めます

父が亡くなって いま10年である
これから 11年 12年 になっていくだろうから
現在完了で書いています

it が 主語であり
10年をひとかたまりと考えていて単数扱い
これは上↑と違うので注意ね



そして この文は is で書きかえられます

It is ten years since my father died.




☆この5種類の文ですね
自由自在に使ってみてください☆




おまけ

同じようにして

私たちは結婚して20年になる

を英作してみてね




We got married twenty years ago.

We have been married for twenty years.

Twenty years have passed since we got married.

It has been twenty years since we got married.

It is twenty years since we got married.





ちょっとしたことなんだけど、英語でなんて言えばいいの?
って思うこと、ありませんか

そのようなものを取り上げて、英語表現  やっていきましょう

これをやっていくと、文法読解の力も同時についてきます


日本語を見て、自由に英作してみてください

ペンや鉛筆は持たないで
考えて声に出してみてね

そのあと解答例を見て
声に出して読んでね


今日は 

it を主語にして
take を使って
時間がどれだけかかる
という表現ね

やってみましょう


1. ここから駅までどれくらいかかりますか




How long does it take from here to the station?

この it は、時間・天候・距離・気候・暑さ寒さ・明暗
などをあらわすit

take は かかる 必要とする っていう意味です

この文の最後に by car,  by bus  などをつければ
車で、バスで と なりますね

from ~ to ~  は
~から~まで



2. その仕事を終えるのに私は1か月かかった




It took me a month to finish the work.

SVOO の構文です

take 人 時間 ですね



3. 外科医がその手術をするのに8時間かかった




It took the surgeon eight hours to carry out that operation.




sound という 形容詞があります

意味は

健全な すこやかな
堅実な
筋の通った
完全な

なんていうか「ちゃんとした」っていう感じですね
そういうニュアンス

She had a sound sleep.
彼女はぐっすり眠った


The baby is sound asleep.
この sound は 副詞で使っているけど 同じことです
赤ちゃんは すやすや眠っている


A sound mind in a sound body.
ことわざです
健全な精神は 健全な肉体に宿る


He always makes a sound judgment.
彼はいつも的確な判断をくだす



それから
safe and sound
っていう言い方があって
無事に
という意味の 決まり文句なの

The package arrived safe and sound.
荷物は無事に着いた



He returned home safe and sound from the war.
彼は戦争から無事に帰還した






of + 名詞 = 形容詞

っていうのが ありましたね

This book is of no use to us.

この本は我々には役に立たない

of no use = useless



で、それと似てるんだけど

a man of 名詞

っていう言い方を 今日は覚えましょう


He is a man of ability.

彼は有能な人だ  
an able man ということです


He is a man of prominence.

彼は著名人
a prominent man のことです



a man of means  財産家

a man of character  人格者

a man of letters  文学者

a man of the world  世故にたけた人

a man of promise  前途有望な人

a man of his word  約束を守る人






How pleased we shall be to have you at the party!


この文の解釈ですが
まず 2つに切りましょう

How pleased we shall be!

私たちは なんて嬉しいでしょう

この shallwill と 同じです

We will be pleased.
私たちは嬉しいだろう

というのが基本の文です



原文に戻って

How pleased we shall be to have you at the party!

次に 不定詞の副詞的用法
それの 感情の原因を表す用法 です

I am glad to see you.
お目にかかれて嬉しいです

I was sad to hear the news.
その知らせを聞いて悲しかった

~して……
という 不定詞 ですね
だから to のあとは 動詞の原形

How pleased we shall be
to have you at the party!


下の部分が ~して のところです

have + もの(人)+どんな状態か

I had my hair cut.
髪を切ってもらった

I had him waiting.
彼を待たせておいた

なんかと同じような感じね


to have you at the party!

あなたが パーティーにいる状態



How pleased we shall be
to have you at the party!


それで
~して嬉しい
というところを
感嘆文にしています

We are happy to hear the news.

How happy we are to hear the news!

それの 未来形

How happy we will be to hear the news!


will を より強い shall にして 

How pleased we shall be to have you at the party!

あなたがパーティーに来てくださったら
私たちはどんなに嬉しいでしょう!







後方照応の that

難しいですか

指示代名詞 なんですよね
指示形容詞 と考えてもいいです

で 大切なのは 
「その」と訳さない

あとから 関係代名詞などで 詳しい説明がくるんだけど
それが 間の言葉が長かったり 
離れていたりして 見づらいから
とりあえず
「この名詞、あとから詳しく説明するね」
っていう目印の that なんですね

それで この that を
先行詞明示の that
って呼ぶ 文法の先生もいらっしゃいます

同じことです

これが先行詞で、あとから説明が来るよ~

っていうお知らせ


なので 自分のなかで わかっていれば
覚え方の名前は どれでもいいですよ

後方照応の that
先行詞明示の that
あとから説明が来る that
「その」と訳さない目印だけの that


どれでも 自分がわかりやすい好きな名前で覚えてね

文法書では 後方照応 または 先行詞明示 で 出ています

例文を挙げましょうね


I keep only those books at hand which I want to read again.

もう一度 読みたい本だけ 手元に置いておく


He has that concern for detail which you only find in true scientists.

彼には細部に対する真の科学者のみに見いだされるこだわりがある



さて 訳すのは それでいいとして

that のところが(  )になっていて
自分で 単語を入れろ なんていう無謀な問題が出たりするんですね

その場合
(  )の後ろは名詞ですね
それで (  )は the であってまったく構わない ですね
しかも 後ろに関係詞が来てる

だったら その the を もっと目立つ that に変えて

ここ! ここが先行詞だよ~!

って 言ってるんだと 気づいてください

それで that を入れてくださいね♪







叙述用法 みたいなもの とか
分詞 みたいなもの

のつづきです


On the island he was the only man alive.

島での生存者は彼だけだった



He dropped his chin like a man shot.

彼は銃弾に倒れた人のように、がっくりとあごを落とした



Shellfish do not belong to the fishes proper.

貝類は、厳密には魚類に属さない



He was among the twenty people arrested.

彼は逮捕された20人の1人だった






叙述用法 みたいなもの とか
分詞 みたいなもの


who is なんかが取れた感じ
って考えると、わかりやすいよ☆


a baby asleep
眠っている赤ちゃん

all the people present
居合わせた人全員


↑この present
前に置かれた時と 後ろにきた時とで
意味が違うので注意ね

present members
会員

The present situation concerns all students present.
現在の状況は、出席しているすべての学生に関わりがある




people interested
people concerned
people involved


↑これらは「関係者」って訳すよ
何かの会合だったら、「参加者」と訳してもいいね

もちろん people に the をつけてもいいんだけど
who are
who were
が抜けてる感じですね



people interested は
興味を持ってる人 じゃないよ~
利害関係を持つ人 ってことです

people concerned も
心配している人たち じゃないですよ
関わりを持つ人びと 

people involved は わかりやすいでしょ




All concerned very much enjoyed their afternoon visit to the country.

参加者全員が午後、郊外に出かけて大変楽しく過ごした

これ、concerned を 動詞 と とらえないでね
All concerned が 主語  
関わった人全員 という意味です
それが
very much enjoyed すごく楽しんだ
何を? 
their afternoon visit を  
この visit は 名詞 です♪






名詞の後ろにくる形容詞
続けていきます


フランス語とかラテン語から来た言い方

The sum total is $180.
合計で180ドルです

Women have been vain from time immemorial.
女は大昔から虚栄心の強いものであった




固有名詞

Elizabeth the Second
エリザベス2世

Asia Minor is a large peninsula in West Asia.
小アジアというのは、西アジアにある大きな半島です




形容詞部分が長~くなっちゃう場合

These are the faults common to all the Japanese.
こうしたことはあらゆる日本人に共通の欠点だ

Pelple most difficult to understand are often members of one's own family.
最も理解しにくい人間は、往々にして自分の家族の者である

In a forest,deep, shady,and still, there once lived a company of hares.
深くて暗い静かな森に、かつてウサギが群れをなして住んでいました









形容詞なんだけど 名詞の後ろにくる
そういうものを まとめていきますね


まずは thing で終わる名詞だと 形容詞は後ろにきますね

There was something odd about his behaviour.
彼の行動には どこか風変わりなところがあった

This film will help to introduce things Japanese to foreign countries.
この映画は日本の風物を外国に紹介するのに役立つだろう

things Japanese 
日本の風物、日本事情




body, one などで終わる名詞でもそう
~な人 
っていう感じですね

Ask somebody wiser than I am.
私より賢い人に聞いてください

Anyone new to the place will be surprised at its beauty.
初めてその場所を訪れた人は、その美しさに驚くだろう




able, ible なんかで終わる形容詞の場合

We had the greatest difficulties possible.
私たちはこの上ない大困難を経験した

I will try every means imaginable.
私は考えられる限りのあらゆる手段を講じましょう

The car ran at the highest speed possible.
その車は全速力で走った

Every fire-engine available was rushed to the scene.
利用できるすべての消防自動車が現場に急行した

すべての とか 最高の みたいに 限定して
考えうる限りの って 付けていますね



後ろにくる形容詞
ちょっとずつ、やっていきますよ~

声に出して読んでみてね
自然と 慣れちゃうから♪









さて
総復習をしながら 過去問を解きまくっている時期ですね

全体的に感じるのは
次のものに とくに注意が必要だということです

[接続詞]
so that 人 can
whereas
thus
therefore
など

it   that の強調構文

倒置
否定

否定語や強調表現が前に出て、あとが倒置になるものですね、よく目にします

それと
並べ替えの問題で does  did  なんかがあったら
倒置を疑いましょう




では 過去問に出てきた
難しいもの 間違えやすいもの など
気づいたことを バンバン挙げていきますよ~

A little reflection would show you what a stupid answer that is.

ちょっとよく考えてみれば、あれがどんなに馬鹿な答えだかわかるだろうに


reflection は 反射 とか 反映 とかだけでなく
熟考 という意味があります
動詞は reflect
よくよく考える ってことですね 反省する って感じ

で、上の文は
A little reflection という名詞(主語)のなかに
仮定の意味が含まれています


よくよく考えてみろや そうすれば わかるんだがなあ

って感じ


これと同じです

A man of common sense would't dare take chances.
常識のある人なら、あえて危険を冒さないだろう

いきなり would があることがヒントね

そう
いきなり過去形が出てきたら 
これはホントの話じゃない つまり
仮定で言ってるんじゃない?
と 疑ってみてください



そして この文

A little reflection would show you what a stupid answer that is.

無生物主語で show you
SVOOですね
で you のあとの目的語は what 以降で
疑問詞 + SV
ですね

難しいかな

必ず慣れるので

たくさん解いて当たっていきましょう☆






He hadn't been in the office five minutes before he started telling us what to do.

彼はオフィスに来て5分もしないうちに、何をすべきか我々に告げ始めた

この five minutes
for がなくて、おかしいって思った?

そうなの
これは 名詞なんだけど副詞みたいになっちゃってるのね
ちゃんとした名前を言うと 
副詞的目的格 っていうんだけど

たとえばこういうの

The parcel arrived last week.
小包は先週届いた

The music lasted three hours.
その音楽は3時間続いた

Wait a minute.
ちょっと待って

もう前置詞を入れないほうが普通になってるものもあるね

というわけで
そういうのがあるので
並べ替えのときに for がないよ~
とか 思わないでね
こういうのでもあり
っていうことです



で、今日の話は before

before の使い方です
パターンで覚えましょう
大切なのは、訳で覚えないことね
日本語から英語へ、すっと行けるように練習しましょう

まず
なかなか来ないだろう
という言い方
言い回しで覚えちゃいましょうね
It wil be long before he comes.

逆に
まもなく回復するだろう
は?
It won't be long before he recovers.



We hadn't gone so far before it began to rain.
そう遠くへ行かないうちに雨が降りだした

She had been married almost a week before she missed her hometown.
結婚して1週間もしたら、もう故郷が恋しくなった

I had walked some distance before I met him.
ちょっと歩いたところで彼に会った

The phone only rang two or three times before it was picked up.
電話のベルが2、3回鳴っただけで相手が出た

It wasn't long before we were served with coffee.
すぐに私たちはコーヒーを出された



We were caught in a shower before we had gone far.

We hadn't gone far before we were caught in a shower.

だいたい同じ意味なの、わかりますか?
遠くまで行かないうちに、にわか雨にあった




Come home before it gets dark.
暗くならないうちに帰ってきなさい


が基本ですね

日本語と英語で ニュアンスが違うから
気をつけてね

代表的なものを頭に入れとくといいね

それから
今日挙げた文の before
when に変えてもOK
おんなじ意味です♪

hardly ~ when
scarcely ~ before

も 同じ感じですね





Human beings can live up to 40 days without food, but no more than 7 without water.

人間は食べ物がなくても最長40日まで生きられるが、水なしでは7日しか生きられない

no more than = only   しか

no more だから 「少ない
no だから 
後ろのものとぴったり同じ
それを「少ない」と思ってる
というわけで「~しか」という意味ね




The distance from the earth to the moon is about equivalent to twenty times the earth's diameter.

地球から月までの距離は地球の直径のおよそ20倍だ

equivalent (形容詞) ~に等しい to


X times the 名詞   名詞のX倍

X times as ~ as A = X times the 名 of A


This room is ten times as large as mine.
=
This room is ten times the size of mine.
この部屋は私の部屋の10倍の広さだ






It was a beautiful, sunny day.
The weather couldn't have been better for a picnic.

素晴らしくよく晴れた日だった
ピクニックにはこれ以上ない天気だった

couldn't have been better  最高だった

couldn't have been worse 最悪だった

何か感想をきかれて

Couldn't be better. 最高だよ




The spectators got all the more excited over the unexpected result of the game.

試合の予期せぬ結果に、観客はいっそう興奮した


all the 比較級 うしろに理由
理由の分だけよりいっそう~


理由の表現は
for, because of, on account of + 名詞
because S V
over, with などの前置詞 + 名詞


I like him all the better for his faults.
欠点があるから、なおさら彼が好きだ

all は強調なので、無いこともあります

the は うしろにくる理由の「その分だけ」を表す
the


これの否定をやってみましょう

やりにくいから ちょっと注意してね

まず 否定のときは all は付けない

He is not the happier for his wealth.
彼はお金があるからといって幸せじゃない

このとき not のところに none を使うことが多いです
意味は同じね

He is none the happier for his wealth.


I don't love him the better because he is famous.
=
I love him none the better because he is famous.

彼が有名人だからといって私は彼を愛したりはしない


で そこから
not the less
none the less

が出てきます
意味は「それでも変わりない」ということ
よく使う表現だよ♪


I don't like him the less because he is poor.
=
I like him none the less because he is poor.

貧乏でもやっぱり彼が好きよ







No one can tell another person in any definite way how he should spend his free time, any more than how he ought to breathe.

誰も人にはっきりと呼吸の仕方を教えられないのと同様に、自由時間をどのように過ごすべきかを教えることはできない

A is no more B than C is D.
=
A is not B any more than C is D.

A が B でないのは C が D でないのと同じ

no more ~ than  の方はわかると思うの
not の方は 最初に not で否定して
そのあと any more than と続けます 

で、この問題文は、はじめに No one とあるから、そこで否定しています
なので、後ろは any more than と続くのね

no more ~ than
=
not ~ any more than
だということだけ 押さえてください


あとは クジラの構文なの

クジラの構文
わかりにくいって、みんな嫌うけど
これも日本語で考えないで
基本どおり 法則どおりに 単純にやっていきましょう
2,000円の話と 同じだよ~


no more
あ、少ないな って感じてね
少、×、否、負、-   そんなイメージ
で、no だから イコール= です
後ろのものと ぴったり同じ
つまり どっちもダメだと言ってるの

This book is no more interesting than that one.
こっちもあっちも面白くないね


no less
多いな って感じてね
多、○、肯、正、+   そんなイメージ
no だから イコール= です
後ろのものと ぴったり同じ
どっちもいいよ と言っています

This book is no less interesting than that one.
両方とも面白い
as interesting as の意味です


not less
多い ですよね
多、○、肯、正、+
not だから イコールじゃない ずれがある 
≧ 不等号のイメージ
どっちにしても肯定してるんですよ
後ろに書いてあるものを基準にして
より上、より肯定に、気持ちが動く

This book is not less interesting than that one.
両方面白いけど、ひょっとすると、こっちのほうがもっと面白いかもよ
まさるとも劣らない 
なんて訳したりしますね


not more は これらとは違います
これは ~ほど……ではない という
もういままでで知っている意味ですから
別にしときますね

This book is not more interesting than that one.
この本はあの本ほど面白くない



いままで見てきたことを基本にして 
クジラの構文です

A whale is no more a fish than a horse is.
=
A whale is not a fish any more than a horse is.
クジラが魚でないのは、馬が魚でないのと同じだ


no more だから 否定
no だから イコール=
どっちも×だと言っています
クジラも馬もどっちも魚じゃない


A whale is no less a mammal than a man is.
クジラが哺乳類であるのは人間が哺乳類であるのと同じだ


no less だから 肯定
no だから イコール=
どっちも○だと言っています
クジラも人間もどっちも哺乳類だ


Mary is not less beautiful than her sister.
メアリーは姉にまさるとも劣らぬほど美しい

not less だから 肯定です
not だから ズレがあります 
まずどっちも○だと言っています
そして後ろのものを基準にして 良い方 良い方へ気持ちが行きます
メアリーも姉も両方美人だ
でも ひょっとすると メアリーの方がきれいかもよ





What impressed us most is not so much his word as his behavior.

私たちにとって最も印象的だったのは、彼の言葉ではなく彼の振る舞いだった


AというよりもむしろBだ

not so much A as B
=
not A so much as B
=
B rather than A
=
more B than A


彼は小説家というよりも詩人だ

He is not so much a novelist as a poet.
=
He is not a novelist so much as a poet.
=
He is a poet rather than a novelist.
=
He is more a poet than a novelist.

上の2つは not が付いてるほうを否定していますよ
下の2つは 単語がひっくり返ってることに注意ね





He looks happiest when he is playing the piano.

彼はピアノを弾いている時が一番幸せそうに見える

同じ人(物)のなかで比べる時は
最上級でも the がつかない


ちなみに
同じ人(物)のなかで比べる時
比較級の場合は
短い単語でも more を使うね

These shoes are more pretty than comfortable.
この靴は履きやすいというよりも可愛らしい







Viruses that cause the common cold are among the hardest to vaccinate against because they are constantly mutating.

常に変異するため、感冒を引き起こすウイルスは予防接種するのが最も難しいものの一つだ

among 最上級  最も~なものの一つ
one of  最上級 
と同じ意味です

to vaccinate against  それに対して予防接種するのが

基本形はこれですね↓

This book is hard to read.
この本は読むのが難しい

それの、前置詞が付いて残ってる形
動詞と前置詞で一つの動詞 というものです

Jobs are hard to come by.
仕事は見つけるのが難しい





Situated in a quiet valley, the college is about as beautiful a learning environment as any student could hope to have.

静かな渓谷に位置しているため、その大学は学生が望み得る最も美しい学習環境の中にある

as ~ as any ですよね
原級の形を使って 最上級のことを言っています


1個1個比べて 結局これが一番だった という比べ方ね
これと同じ↓

Tom is as tall as any other boy in his class.

any の後ろ 単数だよ
はい、この子、次はこの子、と比べています


Situated のところは 独立分詞構文
受け身で言っています

could のところは ちょっと仮定法が入ってるね
もしも望むんだったら

それから この語順に注意
as beautiful a learning environment

as に引かれて 形容詞が前に来ますよ
だから a が後ろ来ちゃう

She is so nice a girl.
と同じ







接続詞 as には 比例 の意味があります

それから thereby の使い方にも注意して
例文を読んでいきましょう


As the relative number of children declines, so does the burden of their dependency, thereby freeing resources for adults to use for themselves.
                                                           
子供の数が減るに従って、子どもに依存されるという負担も減り、その結果、大人が自分のために資産を使うことが自由にできるようになる。

so does  の部分は 倒置ですね
doesdecline です
thereby のあとは 分詞構文


比例の as の例

As one grows older one becomes more silent.

人は年をとるにつれて、口数が少なくなる


As we drove on, the sound of music died gradually away until we could no longer hear it.

車が進むにつれて、音楽の音が徐々に遠のいて、ついには聞こえなくなった

until の訳し方に注意ね
~するまで と 訳し上げないで
~して、そしてとうとう~になった
~して、ついには~になった

と、訳し下げると、うまくいくことがあります



thereby それによって、その結果

She got married to an American, thereby gaining US citizenship.

彼女はアメリカ人と結婚し、それによりアメリカの市民権を得た






比較が難しい という声がありますが 
とくに 否定と比較が合わさったもの が わかりづらいのですね

そこで 比較を一気に理解していきましょう!
少しずつ やっていきます
確実にマスターして 得意分野にしちゃいましょうね


In the future, our diet will be even more varied than it is now.

将来、私たちの食事は今よりもずっと多彩になるだろう

比較級を強調する even ですね


比較級を修飾するもの
much, far, by far, far and away, a lot, lots ずっと
still, even さらに
a good
deal, a great deal, considerably, rather かなり
somewhat, rather いくぶん
a bit, a little bit すこし

加算名詞と不加算名詞で 違いますよ~

He has much more money than I have.
He reads many more books than I do.


最上級を修飾するもの
much, by far, far and away, very 断


much と very で
the の位置が違うから 気をつけてね

This dictionary is much the best.
This dictionary is the very best.
この辞書が断然一番



The recent research has shown that between 1997 and 2000 the typical large company formed no fewer than 177 joint ventures with other companies.
This development has led to growth in global trade and business.

最近の調査によれば、1997年から2000年の間に、代表的な大企業が他社との合弁事業を177件もおこなった。
このような進展はグローバルな貿易や商取引につながっている。

no fewer than = as many as
うしろに数字がきて、~もの


no less than
だと ぱっとわかると思うの
でも fewer になってても 同じです
no あるいは not + fewer だから
気持ちとしては「多い」のね
で no だから イコール
つまり うしろの数字とぴったり同じ数
それを「多い」と感じてるってこと

こういうのも ありますよ
It turned out to be no bigger than a mouse.
=
It turned out to be as small as a mouse.
それはネズミくらいの大きさしかないことがわかった

no か not で bigger だから
気持ち的には「大きくない」「小さい」んです
で no だから イコール=
つまり ネズミとぴったり同じ
それを「小さい」と感じてるの

まとめましょう

no more than

少ないんですね
で no だから イコール=
うしろの数量と ぴったり同じ
それを 少ない と感じてる
だから only  ~しか
これしかない これっぽっち という気持ち

I have no more than 2,000 yen.
やっべー、今月あと二千円しかないよ
これでどうやって生活しよう
昼は全部カップ麺だな


not more than

少ないよね
で not だから ≦ こういう感じ
うしろの数量を基準にして
少ない方 少ない方へと 気持ちが動いていく
そこが一番多い おそらく それ以下
だから at most せいぜい
せいぜい そんなもんだ

He has not more than 2,000 yen.

今日はみんなで go on a trip
ところで あいつ いくら持ってきたんだろう
あいつはケチだからなあ
二千円か? いやもっと少ないだろう
千五百円? 千円? ひょっとして八百円くらい?
とにかく 多くても せいぜい二千円
ぜったい それよりは少ないな
切符買って終わりだな
まあ 弁当は各自 持ってきたから
それ食って 景色見て
あとはフリスビーでもして楽しもう


no less than

はい 多い ですね
no だから イコール=
うしろの数量と ぴったり同じで
それを 多い と感じている
だから as much as  または as many as ~も
~も! 感動して言ってます

I have no less than 2,000 yen.

あ あの漫画の新刊 出てるじゃん
え~っと財布の中に……
ラッキー 二千円も入ってたよ
買って帰ろ~♪


not less than

多いですね
で not だから ≧
うしろの数量を基準にして
多い方 多い方へ 気持ちが動いていく
だから at least 少なくとも
少なくとも それくらいはある
それが最低で ぜったいそれよりは上!

He has not less than 2,000 yen.

みんなでお金を出し合って先生にプレゼントするんだけど
あいつはいくら出すんだろう
あいつは金持ちだからな
二千円? もっと出す? 三千円とか? ひょっとしてもっと?
いや~でも絶対 少なくとも二千円は出すわな
俺も合わせないとダメか?
金持ちの友達と付き合うと つらいな




Mary didn't want to walk at night on her own for fear that something terrible would happen to her.

メアリーは何か恐ろしいことが起こるといけないので、夜一人で歩きたがらなかった

for fear that S V
~するといけないから

Write down your password for fear that you should forget it.
=
Write down your password lest you should forget it.
=
Write down your password in case that you should forget it.
=
Write down your password so that you would not forget it.
=
Write down your password for fear of forgetting it.

lest
の文は、should が取れて原形が来たりします
in case の文は、省略じゃなくて、普通に助動詞を使わないでやることもある
最後の for fear of ~ing の文は、主語がそろっている時に使うといいです
それからもちろん that も省略されますよね
でも、細かいことはともかく
こんなものがあるってことを 覚えて
あとは どんどん例文に当たっていきましょう♪




Miss Finch,crowded as my calendar is with appointments, I think I can fit you in right now for fifteen or twenty minutes, if that will do.

フィンチさん、私の予定表は面会の約束でいっぱいですが、15分から20分でよろしければ、今あなたとお会いすることができると思いますよ

crowded as my calendar is with appointments

young as he is
young though he is
と同じ
though he is young
の意味ね

be crowded with ~
~でいっぱい

do 間に合う、十分だ
That will do. それでけっこうです



If you have any complaint against our policy, please contact us not by telephone but in writing.

もし我々の方針に不満があれば、電話ではなく文書で連絡をください

not A but B
AではなくB

in writing 書面で
方法の in


This map will be of great use in helping you to get around London.

この地図があれば、ロンドンを歩き回るのに大変役立つでしょう

of use = useful
of + 名詞 で 形容詞 になる用法ですね

help 人 to do
人が~するのを助ける

get around London
get
go でも walk でも 何でもいいんだけど
around っていうのは
あちこちに~とか、あちこちを~なんていう意味なので
あらためて in とか要らないのね
travel around the world みたいに使います

in helping you の in は
~っていう点で の in ね☆







Are you angry that you should have said such a thing?

そんなことを言わなくてはならなかったことに、あなたは怒っていますか

be angry that S V
~で怒る

驚き・意外・怒りなどの形容詞のあとで that S V
~とは、~なんて

I am surprised that you should go there.
あなたがそこへ行くなんて驚きだ



Such was the darkness of the night that I could see nothing.

全くの闇夜だったので、私には何も見えなかった

His anger is so great that he can't say a word.
怒りがすごくて言葉が出ない

His anger is such that he can't say a word.
=
Such is his anger that he can't say a word.



We now live in one world in the sense that we have become globally interrelated and interdependent.

私たちはいま、相互に関わり相互に依存し合っているという意味で、一つの世界に暮らしている

in the sense that S V
~という意味で

同格の that ですね

名詞の部分には抽象的なものがきます
news, information, rumor, thought, sense, fact, impression, knowledge, ground, belief, sign, view

The ruomr is true that he will divorce her.
彼女と離婚するという噂は本当です

同格の that 部分がうしろにきてるよ



Nations have always good reasons for being what they are, and the best of all is that they cannot be otherwise.

国家が今日の姿であるのには十分な理由が常にいくつかあるが、その最たる理由は他の姿に成りえないということだ

The reason is that S V
理由は~ということだ

I know the reason (why) he resigned.
彼がなぜ辞職したのか知っている

この文は 
I know the reason he resigned.
I know why he resigned.
のどちらかにするほうが一般的です

The reason is that he is too busy.
理由は、忙しすぎるからだ

the reason 理由
why 辞めたわけ、それを知ってるとか知らないとか
that こういう理由で辞めた、という理由の具体的な中身

この違い、大丈夫かな?

The reason (why) they gave up the plan was that they had no money.
彼らがその計画をあきらめたのは、お金がなかったからだ

that は because の意味ね

She fired her secretary for the simple reason that she doesn't like him.
彼女は、好まないという理由だけで、秘書をクビにした
彼女は、単純にその人が好きじゃないからというので、秘書をクビにした

訳しかたは、いろいろ☆




The gentleman over there is Mike's uncle, who they say is a jazz pianist.

向こうにいる紳士はマイクの伯父だが、彼はジャズピアニストだそうだ

they say を(  )に入れますね



Is there a travel bureau near here where I can make a reservation?

この近くに予約ができる旅行案内所はありますか

そこで予約をする



He settled the problem in a way that satisfied everybody concerned.

彼らは関係者全員が満足する方法で問題を解決した

これは way が先行詞ですね

関係するみんなを満足させるやり方で

そのやり方が満足させる




The bad harvest resulting from the long rain raised rice prices.

長雨に起因する不作のため、米価が上がった

現在分詞

result from
~に起因する


A follow B 
AはBの次に起こる

A follow from B
A result from B
AはBから生じる


raise  raised  raised  上げる
rise  rose  risen  上がる
arise  arose  arisen  起こる
increase  increased  increased  増える 増やす



Considering her age, Mary is a tough woman.

年齢のことを考えると、メアリーはタフな女性だ

分詞構文の慣用表現
Considering ~
~を考慮に入れると



You can use a large plastic bottle, with its top cut off, as a pot to grow your plants in.

大きなプラスチックのボトルを、上部を切り取って、植物を栽培する鉢として使うことができる

付帯状況の with

with  物  どんな状態

whose top

the top of which だったら
後ろが文章になってないとおかしい



I received a telegram saying that my father was in serious condition.

父が深刻な病状だという電報を受け取った

say that S V
~だと書いてある



His English has greatly improved compared with what it was.

彼は以前に比べ、たいそう英語が上達した

compared with A
Aと比べると

compare A to B
AをBにたとえる

実際には to でも with でも
ごっちゃに使われたりするけどね



I could not resist taking a bite of that cake.

そのケーキを一口食べずにはいられなかった

resist doing 
~することに抵抗する


せざるを得ない という言い方

cannot resist doing
cannot help doing
cannot help but do
cannot but do
have no choice but to do
have no alternative but to do

be forced to do
be obliged to do
be compelled to do
have to do



We believe there to have been an accident at the corner two days ago.

私たちは2日前にそこの角で事故があったと思っている

SVOCの文です
there が 意味上の主語みたいになってる

two days ago とあるから 過ぎたこと

It is said that he is ill.
=
He is said to be ill.

It is said that he was ill.
=
He is said to have been ill.


I believe that he is honest.
I believe him to be honest.




Being very tired, I was in no mood to argue any more.

とても疲れていたので、私はもうこれ以上議論する気分ではなかった

~したい気分だ という言い方

be inclined to do

be in mood to do
be in mood for doing

feel like doing



I would appreciate hearing from you soon.

すぐにお返事をいただければ幸いです

appreciate doing
~することに感謝する


appreciate that S V
~を理解する

appreciate 感謝する は 人を目的語にしないよ~
I appreciate your help.
I appreciate your coming to see me.

appreciate は しっかりとわかる っていう意味もあるね
I fully appreciate that you are in a difficult situation.
あなたが困難な状況にいることは十分理解しています




Nobody dreamed of there being such a beautiful lake there.

そこにそんな美しい湖があるとは、誰も夢にも思わなかった

dream of doing

これは there 構文の動名詞ですね
dream of there being ~
~があることを夢にみる

dream that S V


there は意味上の主語みたいに
どこにでもくっついてくるよ~

I never thought of there being a war again.
再び戦争が起きるなんて考えなかった
(動名詞)

I don't want there to be a war again.
再び戦争が起きるのを望まない
(不定詞)

What would you do, there being a war again?
再び戦争が起きたらどうする?
(分詞構文)



We rarely stop to ask what we mean by progress.

私たちは、進歩という言葉で何を意味しているか、改めて問うことはめったにない

stop to do
立ち止まって~する

stop doing
~するのをやめる

go to the trouble of doing
go to the trouble to do
わざわざ~する

これ take でもいいと思うよ

have difficulty doing
have troubles doing
have pains to do
~するのに苦労する



Ludwig van Beethoven suffered a gradual loss of hearing in his later years.

ルードウイッヒ・ヴァン・ベートーベンは晩年聴力が次第に失われていった

loss of hearing
聴力の喪失

listen, look
意識して 聴く、見る

hear,  see
無意識で 聞こえる、見える




If our last batter had not finally hit a home run, our team would have lost the game.

もし最終バッターが最後のところでホームランを打たなかったら、うちのチームは負けていただろう

had pp, would have pp
もう過ぎてしまったことをあれこれ言う形

(仮定法過去完了 って 覚えないほうがいいよ~)



I 'd rather you didn't smoke so much. 
Other people might breathe in as much smoke as you do.

そんなにタバコを吸わないでいただきたい
他の人もあなたと同じだけ煙を吸い込むことになるかもしれないからね

would rather S V
V のところが仮定法になっている文です

そこが 過去形になってると 「できれば~してほしい」
現実には そうじゃないから言ってるんですね

そこが had pp だと 「できれば~してほしかった」
過ぎちゃったことを ああだこうだ言っています


話は違うけど
would rather の 普通の願望の文は
うしろに いきなり原形が来ますよ
would は助動詞だからね

I would rather be a hammer than a nail. ♪♪
クギになるより金づちになるほうがいい



Thank you for the kind help you extended to me the other day.
I couldn't have managed alone.

先日、親切に援助の手を差し伸べていただいて、ありがとうございました
一人だったら、うまくいかなかったでしょう

if のない仮定法ですね
alone の中に 仮定の意味が含まれています
if I had been alone ってこと

the other day とあるから
もう過ぎちゃったことを言っています

上でも言っているけど↑
仮定法過去完了 って考えないこと
日本語で考えると ごっちゃになるから

過ぎちゃったことを あれこれ言うのは
had pp , would have pp
って覚えましょう
would のところは could でも might でも良いわけですから

で 問題文は
had pp の部分が省略されてるってことね


ちょっと整理しますよ

もう過ぎちゃったことをあれこれ言うのは
had pp , would have pp

いまのことを、現実とは違うことを夢みて言うのは
If I were a bird, I would fly to you.

これだけ覚えておけば大丈夫ですね

あとは全部 この2つの変形ですから

で、if のない仮定法は 
気づくこと、見抜くこと が大切で
そのために
would
would have pp
に 気づいてください

いきなりこれが出てきたら
あれ、変、仮定の話? って気づいてほしいの

で、if の代わりにどんなものが使われるかというと
こんな感じ

Having money, I could buy a car.
To have money, I could buy a car.
With money, I could buy a car.
お金があれば、車を買えるのに~

現実には、ないのよ
仮にあったらの話
それが、文の前半に含まれているのね
仮の話だから could が来てるんです

A mother would not do so.
母親ならば、そうはしないだろうに

これはもう 主語に仮定の意味が含まれています
現実には 母親じゃないのね
それを示すのが would です



The use of English would never have spread around the world, were English a difficult language to learn.

もし英語が、学ぶのが難しい言語ならば、英語を使うことが世界中に広まることはなかっただろう

had pp, would have pp

If I were a bird, I would fly to you.
 混合なんです

うしろが if の文
で、if が省略されてる

ということは had だったら、おかしいんです
had English been にならないといけないから

ひとつだけ空いてるってことは were ですね

まず、現在の事実とか状況と反対のことを言っています
英語は学ぶのに難しくないんだけど
もしも英語が、学ぶのが難しい言語ならば(ここが仮定の話)
今までの段階で、こんなに世界中に浸透している、ということは起きなかっただろう

had pp だったら had been になるはずで
been がないね
そこに気づくことが重要です

仮定法は 自然な感じ 自然な感じ で やっていきましょう
変なのは 絶対に違いますから


前と後ろが混合になっている例

If I were you, I would not have done it.
私ならば、それはしなかっただろう

混合してるのは どんどん出てくるので
基本形を押さえて 
あとは自在にやっていきましょう



Cathy turned down the volume on the CD player.
Otherwise, the neighbors probably would have called her to complain about the noise.

キャシーはCDプレイヤーの音量を下げた
さもなかったら、おそらく隣人たちが騒音の苦情を言うために電話してきたことだろう

if のない仮定法
otherwise
に 仮定の意味が含まれていますね

最初に turned とあるから
これは 過ぎたことの話 とわかります
なので 
had pp, would have pp
が 基本の形 と思って 取り組みますね☆




Their wedding will be postponed if, due to the hurricane expected to hit Florida tomorrow, their parents are not able to attend it.

もしも明日フロリダを直撃する見込みの台風のせいで両親が出席できないならば、彼らの結婚式は延期されるだろう

if のあとは挿入句

expected分詞
うしろから hurricane を修飾しています

iftheir parents に続くよね

これは時とか条件を表す副詞節だから
未来のことであっても
will は使わないね♪



I was surprised that Sarah wasn't at the meeting.
She might not have known about it.

私はサラが会合に出席していないことに驚いた  
彼女は会合について知らなかったのかもしれない

might not have done
ひょっとすると~しなかったかもしれない


もう過ぎてしまったことを類推しています

助動詞 + have pp



I think a patient with a terminal disease should be told about his or her condition.

終末期の病気は本人に宣告されるべきものだと思います

これは並べ替え問題だったけど
大切なことは
並べ替え問題は日本語のとおりにならないってことですね

英文の意味はこうなっています
終末期の病気にかかっている患者は、自分の病状について知らされるべきだと私は思う

日本語の語順でやると
英語にならないようにできている
と言っちゃってもいいぐらい

condition の前には about が来るな~ とか
with が付いて名詞を修飾するよね~ とか
そんな感じで考えてみてください

日本語は しっかり読んだら
あとは英語の並びで考えましょう



We are planning to have a big party outdoors this coming Sunday.
Should it rain, we have to put it off until the first fine Sunday.

私たちは今度の日曜日に大きな野外パーティーを計画している
もし万一雨が降ったら、次の晴れた日曜日まで延期しなければならない

rain に s が付いていないことに注意ね

ということは、If はおかしいです
In case もおかしいですね
if の省略だと考えて
were to を使うなら Were it to rain になるはず
というわけで Should です

should は可能性がゼロじゃない

were to だと 可能性ゼロなので
ちょっと話が変です
これは
太陽が西から昇ったら とか
宇宙人が攻めてきたら
なんていうときに使いますね♪



At this point, Shannon wished she hadn't taken mechanical drawing.
She hated the course.

このときシャノンは、製図の授業をとらなければよかった、と思った
彼女はその科目が大嫌いだった

仮定法は 時制の一致の支配を受けない
だから

仮定法は
仮定法の中だけで考えましょう


I wish I had money.
お金があればいいのになあ・・と思う

I wished I had money.
お金があればいいのになあ・・と思った

I wish I had had money.
あの時お金があったらよかったのに・・と思う

I wished I had had money.
あの時お金があったらよかったのに・・と思った

問題文で
took
wouldn't take
were to take
などの選択肢があったら
これ全部 過去の形ですね
ってことは
今を含めたこれからのこと
を言ってるの
だから全部違うんですね

過ぎてしまったことをあれこれ言うんだったら
had pp しかないの

大丈夫かな?

仮定法過去とか 仮定法過去完了とか
そういうふうに考えないでね

過去の形を借りて
これは普通じゃない、異常なことだよ
っていうサインを出してるの

つまり、ほんとの話じゃないんだよってこと

で 
過去の形 を見たら
これは 今を含めたこれからのことを言ってるんだな

had pp を見たら
これは もう過ぎちゃったこと どうこう言ってるんだな

それだけ
シンプルに思ってください☆








このページのトップヘ