こちらで書いているアイテムは、全て個人所有のコレクションです。
➡︎ご連絡、お問い合わせは、右サイドバーのメールフォームからお願い致します。

July 21, 2019

アポロ計画アポロ11号の月面着陸(1969年7月20日20:17着陸/UTC)から50年を迎えましたね

それから約7時間後の2時56分15秒(UTC)には、アームストロング船長が人類で初めて月面🌕に降り立ちました。今日はこの記事も記念して、公開時間をその日本時間に合わせてみました

世界中の人たちが空を見上げてたのか〜と思うと、なんだかドキドキするのは私だけでしょうか 世界ではいくつもアポロ関係のニュースががあったようです。

トランプ大統領、月面着陸は「偉大な業績」=アポロ11号の飛行士らが表敬
 【現場から、】新しい時代に、アポロから50年 月探査に民間の力

今年のアストロノーツ・スヌーピーはどんなものが発売されるのかも、とても楽しみにしています。もうすでに売り出されているものもあるようです。

本日はクタクタな可愛いアウトロノーツ・スヌーピーのラグドールです。
IMG_3063
RAG-DOLL
Snoopy as an Astronaut 
wearing a NASA space suit
and wears a plastic helmet.
#1441-5 
Another Determined Production
Distributed by IDEAL TOY CORP
Snoopy: Corp(C)1958 United Feature Syndicat, Inc.

Year 1977-1978
Doll Size H355.6×W305×D175〜78mm
Box Size H448×W268×D138mm
Made in Taiwan

IMG_3058
1977年に、Another Determined ProductionがIDEAL TOY CORP(アイデル トイ コーポレーション)に製作依頼して発売された箱入りラグドール「スヌーピー・アストロノーツドール(コットン製品)」とユーズド品(箱なし)です。

この箱に入ったスヌーピーのドールは、汚れないようにクリアケースで密封しています。箱入りの方は海外のコレクターから譲って頂きました。暗所に保管されていたので当時のものとは思えないほどきれいです。箱に入っていただけではなく中のドール自体もビニール袋に包まれていたのをみると、前に所有していたコレクターさんが一度開封したのでしょう。大切にされていたのが伝わってきて、ちょっと嬉しくなります。

1969年7月20日は人類が初めて月面に到達した日でした。その偉業を成し遂げた約8年後の1977年に発売されたということを知ったのは、2000年頃に発売された洋書「ピーナッツ・コレクション」などを見たときでした。

それまで、私はこのラグドール(アストロノーツスヌーピー)はてっきり月面着陸の時に発売されたものなのだとばかり思っていました。
IMG_3067

IMG_3059

IMG_3066
パッケージのデザインを見ても、とても時代を醸し出しています。

スヌーピーが着ているグレーの宇宙服には3点シートベルト?でしょうか、右肩にNASAのロゴと左肩にアメリカ🇺🇸国旗がプリントされています。また、正面より右胸部にはRADIOと通信機器が付いています。生命維持装置(酸素ボンベなど)はないようです。

IMG_3062
ドールのサイズは、表示には高さが14インチ(355.6mm)のみでしたので、多少の誤差はあると思いますが測ってみました。ドールを寝かせた状態で、スヌーピーの両手を広げた状態の長さ305mm、スヌーピーの頭部から鼻の長さ175mm、お腹あたりが78mmです。

IMG_7405

驚いたことに、このシリーズは全部で8種類あるそうです! まだ見たことがないのもあるので、全種類揃ったのをを見るという願いを叶えたいなーと思っています。いつ叶うかな。

順不同ですが、以下が8種類です。
①Greaser / 整備士
②Tennis player / テニスプレイヤー
③Rock star / ロックスター
④Reporter / レポーター
⑤Boxer / ボクサー
⑥CB Trucker / CBトラッカー
⑦Magician / マジシャン
⑧Astronaut / アストロノーツ

こんなにあるらしいです。これでさらにプロトタイプ(試作品)も存在していたら、どうなる事やら! もしかしたら、この8種類の中の数体は試作品の可能性もあるかもしれませんね。

1969年にDetermined Productionからアポロ計画アポロ10号を記念して発売された有名な「スヌーピー・アストロノーツドール」よりも、かなり数少ない生産量だったことも聞いています。

今まで発売されてきた中でも、ご覧の通りかなりクタクタなドールです。立て掛けてみても、少し傾けて置こうとしても自立させられないないくらいクタクタです。中にうまく針金を入れて自立させてあげたいぐらいです。

このドールはコレクションルームでは箱のまま飾って置いてありますが、あまりにクタクタ過ぎて縦向きだと箱の中でスヌーピーが首を吊ってしまっているように見えてしまうので、今は横向に重ねて保管しています。

IMG_3064
白いプラスチック製のヘルメットをかぶっているので、これがドールには重たくてかわいそうなぐらいクタります。フルフェイスのヘルメットではないのでスヌーピー長い鼻(顔)が出てちゃって、この部分だけが日焼け、または汚れてしまいがちです。

わかりやすいように横から撮りましたが、しつこいようですがクタクタなので椅子の背もたれの上の方にヘルメットの縁を乗せてみました。

IMG_3061
値札には「Circus World(サーカス・ワールド)」とプリントされています。ウィスコンシン州に同名アミューズメントパークがあるようですか、そこで販売されていたものなのでしょうか。1940年代から現在もあるようですので、もしかしたらギフトショップなどにおいてあったのかもしれないですね。

価格は$3.99-で、当時のレートから試算する1977年代は約¥300〜180/$として¥1,197〜718ぐらいでした。

補足:この時代のドル円相場は、1976~1978年にかけては日本の貿易黒字の拡大とアメリカの貿易赤字の拡大が要因となり、¥300/$前後から¥180/$前後まで大幅に円高が進んだ時期でした。
 

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ランキングに参加してます🚀
もう50年。
まだ50年。
どちらでしょうね。
この50年で技術が
すごく進歩しましたよね。

この先、何年まで見れるか
わかりませんが
楽しみでワクワクします。

ワンクリックを、お願い致します♬♪🎶
励みになっています!ありがとうございます!

人気ブログランキング





oldsnoopycollection at 05:17|Permalink1960s | NASA関連

July 07, 2019

湘南海岸エリアでは、先月から「海の家」の建設ラッシュでした。逗子海岸では一足先に海開きしたようです。令和の時代に入ってから初めてなので、今年はどんなスポンサーのついた海の家があるのでしょうか。雨でわんこの散歩もなかなか行けなくて、まだ見ていないから楽しみです。今週末も雨のようですね。

そして、インスタグラムは、梅雨のためにアイテムの撮影もできず…仕事やらなんやらと色々あって撮影のタイミングもなかなか合わないのです。インスタを楽しみに待ってくださっている方、もう少しお待ち下さいね 早く晴天になれ〜。台風も来ないで!です。

このたびの豪雨で被害を受けられた地域の皆さま、一日も早い復旧を祈っております。

本日は、とあるメーカーから出されたとても可愛いスヌーピーのビーチボールです。
IMG_2853
Dolly Madison mid1970s
“Snoopy Life Guard”
Advertising Beach Ball
Ball Size 40mm
Snoopy (c)1958 United Feature Syndicate, Inc.

1970年代(中期:1975年前後)に、食パン、菓子パンなどを生産しているDolly Madison(ドリー・マディソン)社から販促品として作られたスヌーピーのビーチボール(非売品)です。

IMG_2854
素材はビニール製で赤と白のカラーリングに、Dolly Madisonのロゴ、Life Guard(ライフガード)の文字が入ったタンクトップと首に笛を身につけたスヌーピーがプリントされています。スヌーピーのライフセービング・バージョンでしょうか。

今まで私の知っているオールド・スヌーピーの中でライフガード系のアイテムは、とても数が少ないです。

他に思い当たるのは、ディターミント・プロダクション社が試作したオーナメント(ライフガード・スヌーピー)のぐらいです。もしかしたら、他にもあるのでしょうか。お持ちの方、ご存知の方がいらっしゃったらメールやインスタのDMでぜひ教えて下さいね。

IMG_2856
空気を入れるキャップ部分です。今ではもうこんな形をしたものは見かけないですよね。懐かしいです。この形を見るだけでもビンテージ感が漂いますね〜。丸い輪っかが両側に2箇所付いています。ここに紐などを通して店舗の天井などに吊り下げていたのでしょう。

「Dolly Madison」といえば、アメリカにある大元の会社がHostess Brands(ホステス・ブランズ)のブランドの一つで、主に菓子パン、ケーキ・ベーカリーなど中心とした食品を販売している会社です。その間にInterstate Brands Corporation(インターステート・ブランズ・コーポレーション)、後のInterstate Bakeries Corporation(インターステート・ベーカリーズ・コーポレーション)を経て現在はHostess Brandsの傘下に入りました。詳しいことを知りたい方はWikiで調べてみて下さいね。
Hostess Brands (英語) 
Interstate Bakeries Corporation 
(英語)
 
他にも
Millbrook Bakeries
Butter Nuts Bread
Wonder Bread
なども同じ傘下でした。

Wonder Bread以外は、ピーナッツ・キャラクターを使用した商品が色々とありました。最近では都内のお店をはじめ町でもでも見かけるようになったアメリカンな菓子パンですね。マフィン、ドーナッツ、3食パン、チョコレートパン、カップケーキ、ケーキなどスイーツ系が多いです。もちろん食パンなど、菓子パン以外もあります。

広告用オリジナルポスターがあるのですが、どこか倉庫の奥深くに眠ってしまっているので(えぇ。いつものごとくです)今回も間に合いませんでした。このポスターを見つけたら、当記事に貼り付けておこうと思っています。その時にはTwitterやインスタでお知らせいたしますね。

IMG_2855
こちらがDolly Madison社のロゴデザインです。

おさげの女の子のロゴが特徴です。こちらのロゴはピーナッツのアドバタイジング系アイテムの中でも1番多く見かけます。このビーチボール以外にも、ポスター、ポップ、カードなど紙モノがたくさんあります。紙以外にもプラスチック製の定規なんかもあったと思います。

IMG_2859
最初は、当時Dolly Madisonの商品をある程度の数を購入したらもらえるものなのかなと思っていました。ところが、現存するビーチボール自体の数が少なく感じられることや、それらしき資料となるものが見つからないことから販売されていたものではないものかもと思い始めています。販促品として各取扱店舗へ配布していた非売品だった可能性が高いと感じています。

透明のビニール袋に折りたたまれて入っていて、そのビニールにも値札、商品名や商品番号などのようなものがついていません。そして、もし販売されていたものであれば現在でも探し出そうとすればだいたい出てくるのです。出てこないところをみるとやっぱり非売品なのでしょう。

もしかしたら、アメリカの閉店した雑貨店などの倉庫からゴッソリと出てくるかもしれませんね。お宝掘り出しの番組を見てるとありえないことではないですから!🇺🇸アメリカ広し、です。そして、このビーチボールの謎に迫っていきたいところですね。

IMG_2860
撮影に苦労したのは何十回ビーチボールを投げたか、全く記憶にないぐらいです。私が投げ、撮影してもらって…撮影時は少し風も吹いていました。その中でいいショット写真を100枚近い中から厳選して掲載しております。

ブログを始めて今までに撮影してきたアイテムの中で、1番大変で大仕事だったと思います。何しろ素人が撮っておりますから。これからも撮影に苦労するアイテムが出てくるんだろうな〜。(いや、もう出てます…後述byツマ)
 
この撮影では連写機能は使わず、1枚ずつ撮影していきました。長い釣り竿があれば楽だったかと思いましたが、代用できる長い棒がなかったので私が投げて、それをタイミングを狙ってツマが撮影しました。
1・2・3・4と表示してありますが、4回で撮れたわけではありません。この回数に×12倍でしょうか?それぐらいシャッターを押していると思います。

IMG_2857
やっぱり、このように置いて撮影するのが一番楽ですね。これでも軽いのでビーチボールをセットして撮影に入ると、タイミングよくそよ風がビーチボールを転がしてくれて慌てて追いかけたり。ここでも数回は行き来しています。もうすでに、この時点で撮影で疲れ果てていました(笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ランキングに参加してます🌺
いっつもは
もっともっと
大変なのよー

私(ツマ)と優しいお友達に
感謝してくださ〜い。

今回のように
夫婦で撮影することも
ありますが
お友達とペアの時は
半日で山ほどのアイテムを
撮影しています。

回数を重ねるうちに
息もピッタリと合い
ほぼ無言で
次々とシャッターを切ります。

お友達ちゃん
ホントありがとう

撮影するのは
ど素人の
ツマなので
苦労の連続ですがな

ツマ(本音)

そういえばなんで
連写しなかったのかしら。
疲れてたのかしら。
たぶんそう。
きっとそう。

ツマ頑張れ〜
のワンクリックを、お願い致します♬♪🎶
励みになっています!ありがとうございます!

人気ブログランキング



oldsnoopycollection at 12:00|Permalink1970s | Advertising

June 21, 2019

今日、ブログ周年記念を迎えました。

初めてブログというものを書き始めてもう3年も経ったんだ〜、とちょっと驚きました。続けてこられたのも皆さんの温かい支えのおかげです。いつもお読みくださり、本当にありがとうございます。

まだまだ皆さんにご紹介したいものがあるのですが 本業がどんどん多忙になってきて(ありがたいことです)、もどかしい気持ちです。ブログを始めるまでは、1つの記事を書くのにこんなに準備(✏️下調べや撮影)が必要とは思っていませんでした 準備も楽しいのですが時間がいるんですね。
 
また、アイテムの行方不明も多々あり、その捜索に一番時間が掛かってるかも どこ行っちゃったんだろ〜 「〇〇さーん」って呼んだら「はーい」って応えてくれたらなぁ。ここにいまーすって

今日は、後書きにSnoopyに関係する場所にお出掛けしたことも書いておりますので、よろしければ最後まで読んでいただけると嬉しいです

本日は、スヌーピー・ラグドールセット(箱付き)です。IMG_1725

IMG_2751
Familiar Limited 1976〜1982
Snoopy and friends rag doll set
(C)Peanuts Character 
United Feature Syndicate, Inc.

Familiar/Determined Production

Rag Doll Set Snoopy and friends

Box size W510×D120×H280mm
Made in China
Made in Korea(Snoopy) 

1976〜1982年ごろに、ファミリアから国内限定で発売されたとても珍しいかもしれない?「ピーナッツギャング・ラグドールセット(箱入り)」です。

「ファミリア」と言えば、ファミちゃん(子グマのマーク)の子供服が印象的ですね。私が4〜5才くらいの小さい頃に、ファミリアが銀座にオープンして家族で出かけたことを覚えています。お店の雰囲気よりも、この「ファミちゃん」を覚えています。この頃からこういうのが好きだったのですね〜。

ファミリアは、1970年4月(昭和45年)にスヌーピーを日本で初めて販売しました。

創業者である板野惇子さんたちはスヌーピーの作者であるシュルツ氏から販売権を得てから、日本でスヌーピーを商品化してきました。

水色を基調とした箱には縦に細かい水色ボーダーラインが入り、箱の中央部にある窓から5体の各キャラクターが覗けるようになっています。


今では箱がとても貴重なので、パツンパツンに箱に押し込まれたぬいぐるみ(各キャラクター)たちを解放してあげて保管しています。

少しもう破けて修復済みなのですが、さらに他の箇所が破けそうな勢いです。紙モノは経年劣化による破損が一番多いので保存にとても気を使います。

このラグドールを初めて見た時、各キャラクターたちがディターミント・プロダクション社のぬいぐるみだ!と気がつきました。ただ気になったのはスヌーピーのぬいぐるみです。スヌーピーだけが新しめ(とは言っても多分80年代)に見えるんです。私の気のせいでしょうか?

IMG_2758
パッケージと各ラグドールに付いているタグを見れば、ディターミント・プロダクション社のラグドールがファミリアで売られていた事になりますね。

タグの裏面には、「Collect all the other characters in the PEANUTS plush family from DETERMINE PRODUCTIONS, INC.」と記載されています。

一概にも言えませんが、このセットが出てきた所在地(関東地区)からファミリアの時代を遡ってみると、1976年に東京銀座に日本初の子供百貨店:銀座ファミリアがオープンした時に売りされていたのではないかと思っています。1976〜1982年の、ある期間に販売されていたのではないでしょうか。

Snoopy and Friends. Since 1950とパッケージに表記されているのは、ご存知の通りFamiliar(ファミリア)ではなくてピーナッツコミックの方の年代になります。

IMG_2767
このラグドールで最も珍しいポイントは、パッケージ(箱)とスヌーピーの丸いタグです。パッケージは、海外にはないFamiliarのオリジナルのデザインです。さらにスヌーピーだけは、片耳に付いているFamiliarのタグには(株)ファミリアと原産国:韓国と表記されています。このスヌーピーのぬいぐるみがファミリア限定かも知れません。

パッケージの裏面には、とてもシンプルに右下にFAMILIAR(ロゴの大きさ:H10×W100mm)のみ表示されています。

IMG_2752
箱が破裂しそうなぐらい各キャラクターが収まっていますね。撮影をすませてから、速攻で箱から解放しました。

IMG_2753
箱から出すと、すし詰め状態の満員電車から解放されたかのようにリラックスした雰囲気で並んでくれました。

先ほども言及しましたが、スヌーピーのぬいぐるみのタグには韓国製、スヌーピー以外は中国製と表示されています。
IMG_6843
他のドールたちは?と言いますと、ラグドール自体は当時単体でも数多く売られていました。

ファミリアの沿革(簡略ですが)
1948年12月、坂野惇子さんをはじめとする4人の女性たちが「ベビーショップ・モトヤ」を神戸市でオープン。1950年4月、「子どものためにより良いものを」という情熱に燃えて、わずか3坪という小さなお店からスタートしました。

そして、1970年4月(昭和45年)にスヌーピーを日本で初めて販売しました。

書いてて気がついてのですが、ひょっとして、ひょっとしたら、もしかしてこのセットにはスヌーピーは入ってなかったとか⁉️ でもPeanuts Gangで主役のスヌーピーがいないっていうのも変ですよねー。正解をご存知の方はぜひ

 
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ランキングに参加してます🐶👶🏻
今日で3年。
ツマに言われて気がつきました
プレ㊗️というわけではありませんが
昨日、初めてPeanuts Diner
行って参りました。
IMG_6846
(眺める私。) 
🚢🌊の近くでしたので
時々、汽笛も聞こえて素敵でした。
食べ物も美味しく
アイテムもあちこちに
ディスプレイされていて
なんだか落ち着きますね。
フード🍔やお皿にも
がいたりして
スタッフの皆さんも
とってもフレンドリー👍
素晴らしい(プレ)記念日でした。

これからも当ブログをぜひご贔屓に

ワンクリックを、お願い致します♬♪🎶
励みになっています!ありがとうございます!

人気ブログランキング



oldsnoopycollection at 17:00|Permalink1980s | Other Toys