Prototype? Peanuts PVC Figures Sanrio Snoopy Goes Scuba Diving Cup
こちらで書いているアイテムは、全て個人所有のコレクションです。
➡︎ご連絡、お問い合わせは、右サイドバーのメールフォームからお願い致します。

June 01, 2019

早くも6月に入りました。令和になってから2ヶ月目突入です。大人になってから(特に最近時間が経つのが本当に早くて)

先日「北海道オホーツク海側の佐呂間町で午後2時7分に気温が39.5度まで上昇し、全国の5月の歴代最高気温を更新」というニュースを聞いてびっくりです 

まだ5月なのに・・・ しかも北海道で 梅雨明けすぐの夏🍉のシーズンはどうなることやら、もうすでに熱中症の注意が必要ですね。日本も亜熱帯気候に属してしまったように感じます

本日は新しいアイテムですが、よくできているとてもかわいい「アストロノーツ・スヌーピー」です。
IMG_1882
2011 Hallmark cards, Inc.
 Peanuts Gallery
Snoopy Figurine Astronaut Moonwalker
The sky’s the limit!
(C)2010 Peanuts Worldwide LLC
Made in China 
$19.95-
Snoopy size H118×W95×D112mm
Box size H160×W134×D125mm

今回は、ビンテージでもオールドでもありません。2011年にホールマーク社から発売されたアストロノーツ・スヌーピー「The sky’s the limit!(限界なんてない!)」です。

「The sky's the limit.(限界なんてない)」いい言葉ですね〜。まさにそういう気持ちを持って行動していると感じます。まずはこの表現(慣用句)を簡単に調べてみました。

この言葉自体は 1900年前後にアメリカ🇺🇸で生まれました。 この表現の誕生した当時の背景として「飛行機の開発(実用化)」がとても深く関わっていると考えられます。

当時の飛行機の開発の第一人者と言えば、 ライト兄弟( Wright Brothers)はではないでしょうか?ライト兄弟はアメリカ出身の動力飛行機の発明者、かつ世界初の飛行機パイロットで、世界最先端のグライダー・パイロットです。

自転車をしながら兄弟で研究を続け、1903年に世界初の有人動力飛行に成功しました。

この商品は日本国内ではあまり流通しなかったようです。このアイテムを知ったのも、数年前に知人からお土産でもらってからでした。新しいアイテムにはあまり興味がなさすぎて(笑) 後で調べてみたら、国内では個人の輸入業者や並行輸入ショップ、スヌーピー専門店などで販売されていたみたいです。

IMG_2586
発売されてからすでに8年ぐらいが経ちますが、当時の販売価格は、なんと!$19.95(現在レート/¥2,183-)でした。

当時でもお手頃価格で、その分生産量も多かったものとみていました。

しかし、最近ではなかなか見かけなくなったアイテムだと気がついたのです。ホールマーク社なので相当な数を販売していたものと思いこんでいました。 

市場に出てくる出現率の低さをみると、アメリカ🇺🇸のどこかで開催されたスヌーピーのイベントの会場で限定品商品として販売されていたのではないかと感じています。

このスヌーピーの素材は、レジンキャスト製でしょうか。高さは約12cm、月面の台座の直径は95mmで、フィギュア自体もズッシリと重量感もあります。

IMG_2587

過去にホールマーク社から発売されてきたアストロノーツ・スヌーピーのシリーズの中でも、大きさ、完成度、デザイン、パッケージデザイン、価格帯などを考えると高く評価してもおかしくありません。私自身もとても気にっていて、また皆さまにもお勧めしたいアイテムでもあります。

もうすぐ、NASAアポロ計画🚀の月面着陸🌙👩‍🚀から50周年を迎えます。

50年前の今頃は、アポロ10号の月面着陸前のリハーサルミッションも終わり無事地球🌏へ帰還しました(1969年5月18日発射〜5月26日帰還) アポロ11号の発射に向けて、日々、ロケットや機体(着陸船、司令船)の最終調整が行われていたころですね。

IMG_2572
この写真はアポロ10号の写真です。以前開催されたアストロノーツ・スヌーピー展でも、この写真が飾られていたと思います。(写真:ウィキペディアより拝借)

アポロ10号は1969年5月26日に月から帰還する際、速度が時速39,897km (秒速11.08km) に達しました。凄いですね‼️ 
今まで人類が乗った乗物の中で史上最大の速度を記録しました。

この記録は、もちろん2002年版ギネスブックに掲載されています。アポロ10号の機体に、コールサインとしてピーナッツ・キャラクターの名前が使われたのはとても有名ですね。(特にスヌーピーファンの皆さんには)

スヌーピー(月着陸船:LM-4)
船長
トーマス・スタフォード宇宙飛行士
月着陸船操縦士
ジーン・サーナン宇宙飛行士

チャーリー・ブラウン(司令船)
司令船操縦士
ジョン・ヤング宇宙飛行士

FullSizeRender
アポロ10号の宇宙飛行士。(写真:ウィキペディアより拝借)
写真左から
サーナン宇宙飛行士
ヤング宇宙飛行士
スタフォード宇宙飛行士

アポロ10号から初めてカラー映像のテレビカメラが搭載され、宇宙からのテレビ中継が行われました。この時代からモノクロからカラー映像へ進化していった歴史が伺えますね。

「アポロ10号」の話へ脱線してしまいました。コールサインで使われたスヌーピーとチャーリー・ブラウンはやっぱり凄いですね。これから先も、アストロノーツ・スヌーピー系のアイテムは出て欲しいものです。そして、チェックを怠らないようにしなくては

IMG_1872
このアストロノーツ・スヌーピーは、薄い水色のような宇宙服、銀色のグローブとブーツを身につけ、背中には生命維持装置を背負っています。赤いスカーフも身につけています。

従来のビンテージ・スヌーピー・アストロノーツドールのデザイン色とは異なるカラーです。水色をベースにしたデザインがとても気に入っています。

パッケージ(箱)のデザインもとても可愛いですね。箱の4面には、1950から1970年代までのピーナッツ・コミックの当時の絵の14コマが帯のようにプリントされています。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ランキングに参加してます😊

これからしばらくは
年前と連動して
ブログ上でも📆カウントダウン
していくと思います
あ〜、50年前の今頃は
きっとこうだったんだろうなぁ
と想いを馳せながら

皆さまもご一緒に
ロマンを感じましょう

ワンクリックを、お願い致します♬♪🎶
励みになっています!ありがとうございます!

人気ブログランキング



oldsnoopycollection at 12:00│2000s | Other Toys
Prototype? Peanuts PVC Figures Sanrio Snoopy Goes Scuba Diving Cup