アンパンマンの町からジジ通信

 アンパンマン生みの親やなせたかしさんが生まれた町から、
ジジが発信する。

てのひらを太陽に

2017/1/20 の記事を改めて掲載しました。

201701201051

 てのひらを太陽に
      作詞 やなせたかし
       作曲 いずみたく
ぼくらはみんな 生きている
生きているから 笑うんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから うれしいんだ
 てのひらを太陽に
     すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血しお
とんぼだって かえるだって
みつばちだって
 みんな みんな生きているんだ
 ともだちなんだ





  香北青少年の家(高知県香美市香北町吉野)に、やなせたかしの歌碑てのひらに太陽をが建っている。作曲は、いずみたく
 1961年に制作され、翌年にNHK『みんなのうた』で放送されそうだ。詳しくはこちら
 私も、放送で聞いて、良く知っていたが、それがやなせたかしの作詞だとは知らなかったように思う。(それとも、忘却してしまったのか)
 この歌碑を見て初めて認識したような次第。
 放送されたのは50数年まえのことだが、この頃の やなせたかし は、それほどの売れっ子ではなかったかもしれない。

 なお、歌詞は三番まであって、歌碑に刻まれているのは、二番です。

ツバメ、巣立ち始めた。

2017/7/1

2017/6/30

 
 我が家のツバメの巣立ちが始まった。
 今朝(7/1)見たら、2羽しか見えなかったが、 さっき見たら3羽が並んでいる(写真上)。 ということは、巣立ったうちの1羽がまた帰ってきたということになる。 飛び立って、大空を飛び回っては、巣に帰って休んでいるようだ。
 5羽の雛が孵ったが、全部揃った写真は一昨日 (6/30)に撮ったの(写真下)が最後になった。
 一羽の脱落もなく、全部無事に巣立ってくれたら、こんなうれしいことはない。




燕の巣立ちも近いか

 
 燕の子が、だいぶ燕らしくなった。 巣立ちも、そう先のことではないだろうと、記念撮影した。
 3羽ぐらいしか、姿は確認できないが、女房のいうことじゃ5羽いるという。
 大きくなるにしたがって、巣からはみ出しそうになる。 羽ばたきでもし始めると、ますます心配になる。 下では、何匹もの猫がうろついている。どうか、落っこちないように。




ninja


amazon


記事の分類
amazon