アンパンマンの町からジジ通信

 アンパンマン生みの親やなせたかしさんが生まれた町から、
ジジが発信する。

岩屋大師

 河野(高知県香美市香北町)明良木山のある。本尊弘法大師。
 伝えるところによると、嵯峨天皇の弘仁十年、弘法大師四十六歳の時、衆生済度のため四国山中の入らず山で修業中、たまたまこの地についた。

時あたかも疫病が流行し、人々のなやみは甚だしく伏し倒れる者が多かった。
 大師はこの苦難を救おうとして大日如来の示現により、高さ三丈六尺余りの大岩屋にたどりついいた。日光菩薩の御光が西南より明るくこの岩屋を照らしたので、その光明にちなんでこの地を明良木山とよび、岩屋を夕日の岩屋というようになった。
 大師の真言秘密の法により、岩屋の中腹より清水を湧出させ、これを人々に注いで難病を治したという。
 大師堂は岩屋に接して建てられ、清水は如何なる長雨にも増すことなく、又旱魃にも決して減らず今日に至っている。
 旧暦三月と十月の二十一日は縁日で、前夜は通夜をする人が堂にあふれ、当日は善男善女の参詣者が極めて多く、手に手にお水をいただいて帰って行く。大師堂の到る道の両岸は、春はつつじ秋は紅葉が谷川の清流にはえて風光が極めて美しく、梶が森登山の一コースとしてもまた有名である。
香北町史(松本実編集1968年発行)より




 




神様は下山していた

車道から鉄塔が見える。その右にある。車道から鉄塔が見える。その右にある。  国土地理院の地形図に載っている神社マークを目当てに、標高差200mぐらいの尾根を目指しました。地図に送電線が載っているし、車道からも鉄塔がみえるし、その脇にこんもりした、それらしい森があるし、間違いなし!と思って登りはじめました。
 最近、ここは木を伐採してたので見通しは良いのです。そのかわり、伐採あとに新しく植えた苗木を鹿の食害から守るために、ネットを張り巡らしてあります。登りはじめたとたんに、通行止め。いったん車道に下りて別の道を登りましたが、この道はネットを開け閉めできるようにしてありました。
 この開け閉めを3回繰り返して稜線に到着。鉄塔のすぐ側に、ありました。が、社殿らしい建物はまったくありません。酒瓶やビールの空き缶が転がっていましたが、最近はお祭りした様子はありません。おそらく、下の方の神社へ移したのではないかと想像しました。









平家の森から、神様は山を下りていた

頂上の神社跡と頂上から見下ろす集落  「平家」のつく地名はたくさんあります。平家平、平家岳、平家山、平家谷、平家岩、平家の滝などなど。「源氏」のつくのも全国的にはどっこいどっこいのようですが、ここ四国では敗者の「平家」が断然優勢です。
 高知県香美市香北町には西川の集落から標高差にして300mほど登ったところに「平家ノ森」」があります。標高436mで、そんなに高い山ではありませんが、国土地理院の地形図にも載っています。
 ここはずっと前に登ったことがありますが、そのときは小さいながらも社殿が建っていましたが、 今日、険しい山道を這うようにして頂上に立って見ると、廃墟になっていました。
 下山して地元の人に聞いてみると、神様も下ろして麓の神社に一緒にお祭りしているということでした。









ninja


amazon


記事の分類
amazon