5月5日は、「子供の日」だが、男の子が生まれて家は鯉のぼりを棹の上にあげる。 また、全国同じ風習かどうかは知らないが、フラフを一緒にあげる家も多い。 もちろん、これはマンションなどに住んでいる場合はできない。 田舎の家の特権かも知れない。
 近くの家のフラフには、なんとアンパンマンが登場した。 伝統的には金太郎桃太郎が主人公だった。 世の中変わったものだと思うし、子供のアンパン好きの現れでもある。 また、この町(高知県香美市香北町)は、アンパンマン生みの親である やませたかしさんの故郷であいり、アンパンミュージアムの第一号館もある。
 アンパンマンが五月の空を飛ぶのはうれしいことだ。
 なお、フラフという言葉はオランダ語の「旗」からきているらしい。英語ならFlagの発音に似ている。