2005年08月29日

「生きる」

久しぶりに24時間テレビ見ちゃった。
今年のテーマは「生きる」でした。
毎回テーマがあるんですね〜 ^_^;
 
「生きる」とは?
と聞かれたら何て答えます?

番組の中で、ゲストやロケ先で出会った人達に投げ掛けていた質問です。


その中で印象に残ったのは、
「生かされているんだよ」って答え。


確かに。
人って一人じゃ生きていけない。誰かと繋がって周りに生かされてる。
(こ〜ゆ〜解釈で良いのだろうか??)



私が昨日出した答えは、

「受け入れること」

自分を取り巻く環境、人、を受け入れる。
これが「生きる」ことにつながる。

・・・・気がする。


人気blogランキング参加中です!


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちは

ENも少しだけ見ました
ダウン症の小学生男子の姿です
そこで印象に残った・・・
「●●君は元気で明るいからダウン症じゃなくて、アップ症だよな〜」という父親の言葉。
ダウン症という言葉の経緯は知らないが、Down⇔UPをイメージしてします。

「生きる」とは・・・
「まわりに生かされてる」
「受け入れあってる」
・・・そーゆう事かなぁ
Posted by EN at 2005年08月30日 11:48
ENさん
このお父さんの言葉ってすごいですね。私はこの場面は見てはいないけど、想像しただけで胸に「ジーン」とくるものがあります。
どんな子供でも、その笑顔には周りが励まされますね。。。
Posted by ユー at 2005年08月31日 22:16
こんにちは。

私の「生きる」は
1日1日を悔いなく生きる、、かな。

私は【この手の番組】は殆ど見ません。
何故なら。。。障害者も健常者も『努力』することは当たり前だから。
それをベースに考えると、障害を持つ人が努力する事を賞賛する事自体・・・
差別だと思っているんです。。

差別を無くそうと声高に言っている事自体、
差別が存在していると言う事と一緒かな。。。

でも、ダウン症をアップ症と言い換える事にはちょっと賛成♪
何もネガティブな印象を受ける病名を付ける事無いモンね。。
イギリスのDr:J.L. H. Downが独立した疾患として認めたから、Down症って言うんっだって。
川崎病と一緒・・・。

Posted by トロPi at 2005年09月03日 17:08
ダウン症って人の名前からきてるんだ・・・それでもネガティブな印象には変わりないけど。
トロPiさん、ありがとうございます。

PS:blog上にリンク貼らせて頂きました。
(更新された順から上位表示)
Posted by EN at 2005年09月06日 09:17
トロPiさん
>イギリスのDr:J.L. H. Downが独立した疾患として認めたから、Down症って言うんっだって。

いつもながら、勉強になります・・・m(__)m。
差別っていう言葉がなくなった時に本当に「差別」がなくなるんでしょうね。


ENさん
リンク貼って頂いたのに、今週は更新お休みしてます。。ちょっと気分が落ち気味なので・・・
来週からは上位に表示されるようがんばるぞ(笑)
Posted by ユー at 2005年09月06日 23:45
「生きる」ですか。「ただ生きる」ことが簡単で難しいことだと最近思います。僕は「生きる」ことは「死に方のプロセス」だと思います。
誰かが言ってた「生まれるときは泣いて生まれるから、死ぬときは笑って死んでいきたい」ってのがとても強く心に残ってます。
Posted by としぞう at 2005年09月07日 18:26