クロス:バロール/ブラックドッグ
肉体2 感覚2 精神4 社会1
ワークス:UGNエージェントA
最大HP:28
行動値:6
基本浸蝕率:+4
衝動:任意
財産点:8

経験点内訳(130点)
 Dロイス〔失われた子:《終末の槍》〕
〈RC〉+2〈調達〉+4

《コンセントレイト》LV2
《暗黒の槍》LV3
《終末の槍》LV5 (失われた子+デモンズシード)
《ハードワイヤード》LV3

アイテム
リニアヴィークル
RCブースター*3
コーリングシステム

◆構想

 BCで追加された《暗黒の槍》のリミットエフェクト《終末の槍》が使いたくて作りました。
 《終末の槍》をリニアヴィークルと組み合わせ〈RC〉技能の白兵攻撃として運用します。
《終末の槍》は技能:RCのエフェクトでありながら「射撃攻撃を行う」という記述がありません。起点である《暗黒の槍》が技能:シンドロームのため運用するのには射撃攻撃を行う起点エフェクトがさらに必要です。
 ここでリニアヴィークルに着目しました。リニアヴィークルはブラックドッグのユニークアイテムであり、〈RC〉で判定を行うヴィークルです。攻撃力10と高い白兵攻撃力がありますが、RC技能のほとんどが射撃攻撃を行うものであるため無意味な利点でした。
(同サプリに収録されていた《終末の炎(IC)》は射撃攻撃を行う記述がないので成立する)
(HRで追加された《増加の触媒》を使うことでリニアヴィークルでRC白兵攻撃は成立する)

メジャーコンボ1回で侵蝕率が11増え、HPを9点失う(《リザレクト》帯では+1d10)という点ではあまり使い勝手はよくありません。
スーサイド的な動きでテンポよく侵蝕率を増やせるので《崩壊のスフィア》《クルーエルデバイス》などの120%エフェクトを早期に狙いに行けるのがデメリットでありメリットでしょうか


◆運用

侵蝕率100% 
《コンセントレイト》LV3《暗黒の槍》LV4《終末の槍》LV6+REC
侵蝕率11 ダイス7個 クリティカル値7 技能10 攻撃力+10+7d10 射程:至近 対象:単体 装甲無視 HPを9点失う
命中期待値   37.2
ダメージ期待値 36.0+38.5 →74.5


◆成長案

《加速装置》《時間凍結》などで先手を取りやすくする、《ポルターガイスト》《黒の咆哮》で攻撃力を底上げするといった拡張性は高いです。どう転んでもかっこいいので好きにやって大丈夫だと思います。

かつて“グングニル”の名を持っていた者にマスターレイスの座を奪われた“終末の槍を持つ者”って設定熱くないですか?