2020年現在、大阪梅田エリアではあちこちで再開発が行われています。具体的には、阪神百貨店建て替え(~2022年春)阪神梅田駅改良工事大阪駅前地下道拡幅(~2022年度末)うめきた新駅(~2023年頃)です。また未着工ですが、大阪中央郵便局再開発(2020~2024年)、うめきた二期計画(2020~2024年)、グランフロント-ヨドバシ-阪急連絡デッキ(完成年不明)なども控えています。

この記事では、阪神百貨店建て替え、阪神梅田駅改良工事・大阪駅前地下道拡幅工事、うめきた二期を紹介します。

動画版はこちらをご覧ください。


まずは阪神百貨店二期工事。2022年春までにここに200m近い超高層ビルが建ちます。
DSC05003


2月に入り、ついにタワークレーンが出現しました。
DSC05005

阪神百貨店と阪急百貨店の間では地下広場の工事に伴い、地上でも工事が行われています。
DSC05013

DSC05014

DSC05015


曽根崎署の裏では高層マンションの建設が進められています。
DSC05017

DSC05018


続いて大阪駅南側。
こちらは阪神梅田駅・大阪駅前地下道の拡張工事に伴い、地上でも工事が行われています。
DSC05008



東から西へ見ていきます。
DSC05000

DSC05001

DSC04990

DSC04993


大阪駅西側。JR西日本の発表の通り、郵便局跡地の再開発と線路を挟んだ北側の土地の再開発が行われます。再開発ビルの完成は2024年、再開発エリア全体の完成は2027年頃の予定です。
DSC04996


続いてうめきた二期計画地。大阪駅から撮影しました。
現在は特急はるか・くろしお、おおさか東線の列車などが乗り入れる予定の新駅が建設中です。

DSC04983

DSC04986

DSC04987