「隣の家は水漏れで保険が使えたけれど、うちも水漏れなのに、保険会社に電話したら払えないと言われた」

これだけ聞くと、後者の保険会社の対応が悪いように思われるでしょうか?


おそらく前者は、スノーダクトの詰りなどの 「給排水設備の事故」 が原因で、後者は 「劣化」 が原因だったと、保険に詳しい人であれば納得します。


そんな、「保険に詳しい人」のうちの1人である私が住んでいる家で、雨漏りがありました。










IMG_5576
屋根がこのようなことになっていました。


屋根の錆びた部分をコーキングでカバーしてあったのですが、コーキング部分が劣化して、たくさんの穴が開いていました。

これでは漏れて当たり前です。


適切なメンテナンスを怠って、起こるべくして起こった水漏れなので、保険会社に報告しても保険は使えません。


「毎年屋根に上ってチェックする」ことが、とても大切なことを再認識しました。