2006年07月12日

膵々肝々060711三十男同士の諍いとしては?

 FIFAがジダン退場事件の調査開始を言明。遅い! 審判が簡易調査し、試合後即、2人を呼び付けて本格聴取すべきだったのだ。

 亜審判団に期待するのは無理だったか。汚い事に狎れ過ぎておるからな、亜人どもは。

 しかし、「そんなにユニホームが欲しいんなら後でやるよ」「お前の姉ちゃん売春婦」と言い合ったかだうか知らんが、30男同士の諍いとしてはあまりにも下らんな。

 まあ、まうちょっと待ちまひょ。

 「人魚の歎き」へ入るなり、MK、KMK小娘コンビに「殿」呼ばわりされて疲労が倍加。生2を飲んで持ち直し、宮崎県国富町は川越酒造場の甘藷・米麹焼酎「日向 金の露」(飲んだことあるやうな気も)を1杯飲むや調子に乗ってしまふ。つまみは合鴨、ポテサラなど。

金の露

 Y紙幹部同士の不仲やら、KBYSH会長の祇園祭を餌にしたおずおずナンパを肴に角をガブガブ。

 23時ごろESPAに電話すると、飲み山マいきなり笑い出し、「ほらっ」と。代わって出た、N系出版社のえらいさんになっとる同期KRSWが「お前のを亡国ブログと言ってるY紙記者を紹介するよ」。

 行けば、そのU氏、目は座っとるわ応援団並みの大音声で、主に「箱根より東の連中は差別問題の認識が低過ぎる」とおらびまくり。

 独裁体制といふ意味では北朝鮮と大差無いY社にあって反骨を貫いておる方らしく、そのストレスがさうさせておるのか。

 でもね、ずー〜っと同じ音量で主張を押し付けるのは、似非人権団体の糾弾手法とおんなじでっせ。いや、似非団体の方はまだ緩急強弱を付けておったか。

 聞けば、U氏は西日本では仕事したことないさうだから、観念論しかできないのでありましょうぞ。

 U氏ご帰還後、KRSWと移転後初の「GOD」へ。おんや?奥にはこれまた大音声のESPA常連TNK氏。

 REママは「新宿泥棒日記」「さそり 女囚」などに出ていた元女優らしい。確かに色香有り。飲み山マにも一言有り。バーボンをご馳走になり、酔眠のKRSWを起こして送ってもらふ。ありがとさんでした。

 

 

 



omannta at 10:10│Comments(0)TrackBack(0)独自の闘い 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字