テーゲー日記 〜文具と万年筆のブログ〜

万年筆を中心に文具について書いています。 コメント、リンク気軽にどうぞ。文具好きで繋がりましょう。 風の吹くまま気の向くままに、生きて生きてみたいのさ。

DSCF1029

長いこと開きましたが、久し振りに文房具の記事を書きます。
本日紹介するのはファーバーカステルから「TK-matic L」。
カステルのオートマチック式製図用ペンシルの一つです。
残念ながら現在は廃番となっており、入手は難しいのですが、人気の高いペンシルの一つですね。
オークションなどで高値で取引されることもありますが、それも頷けるほど美しいペンだと思います。
DSCF1032
 グリップ周りのデザインなど、溜息の出そうな美しさです。
実際に握ってみると、下部の滑り止め部分でしっかりと安定したグリップを、そして上部のリブ状グリップによって指触りの良さを実現しており、デザインと実用性を兼ね備えたグリップ形状であると言えます。
また、よく見てみると、上部のリブ部分は細かな横溝が入っており、これが指触りの良さを実現しているのでしょうか。
DSCF1035
同じようなグリップはパイロットのオートマックをはじめ、様々なメーカーのペンでもみられるのですが、TK-maticのグリップはちょっと別格のような感じがしますね。
DSCF1033
クリップやノックボタン周辺のデザインも見事です。
あくまで製図用ということで、シンプルな飾りのないラインを守りつつも、美しさや気品を感じさせるバランスが実現されています。
軸も安っぽいアルミ軸などではなく、重厚感を感じさせるステンレスです。
従って、細身のペンとしては少し重量のあるペンシルなのですが、グリップと重心位置のバランスがよくできているために、取り回しもとても良いですね。
DSCF1038
最初に書いたように、このペンはオートマチック(自動芯繰り出し機構付き)です。
そのため、ガイドパイプが可動式となっており、前後に動くのですが、これによるブレもほとんどないのがすごいところです。
特に芯をほとんど出さずに、オートマチック機構を使って書いている際にはほぼブレなく書くことができますね。

しかしながら、僕自身はオートマチック機構はあまり好きではありません。 というのも、オートマチック機構を使い、芯をほとんど出さずに書くと、芯と紙の接地状況が視覚的に把握できないからです。
芯と紙の接地状況(芯の先がどのような形状をしており、どんな角度で接地するかなど)が把握できていないと、自分がこれから書く筆記線が想像できないのです。

一般的にはどうなのか分からないのですが、 僕はこの自分の持っている筆記線のイメージと実際の筆記線のズレにとてもストレスを感じますし、字も美しく書けないと思っており、このイメージとの合致をとても重要視しています。
筆記線が単調と言われるボールペンやシャープペンシルであっても、そのリズムや筆圧の強弱によって筆記線は多少なりとも変化が付き、コントロールすることもできるし、そうしたいのですね。
少し分かりにくい話になりましたが、万年筆なども同じで、ペンポイントの状態(大きさや形状)から、ある程度の筆記線の状態をイメージすることが可能ですが、時にそれが実際の筆記線と異なった場合、僕は大きな違和感を持ち、ストレスを感じるのです。
DSCF1037
話が少し横道にそれましたが、最後に分解した状態を載せておきます。
オートマチック式ということで、一般的なシャープペンシルとは違った構造をしてますね。



文房具 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村 

 

さて、前回の記事で「次回は近いうちに今年の目標?やら構想?をいろいろ書いてみたいと思います。」なんて書いてしまいましたので、今回の記事は今年の抱負というか、やりたいことを書いておきたいと思います。
やりたいこと、とは言っても、今の僕にはやはり釣りがメインになってしまうのですけど。



とりあえず今一番やりたいことは、カヤックの購入です。購入するカヤックはまだ何も決まっておらず、上の画像はとりあえず入れただけですが。カヤックの目的はもちろん釣り。
この春にはカヤックフィッシングデビューしようと考えていて、一応去年から計画的に貯金しています。
カヤックを持っている先輩の話を聞いた感じではカヤック本体が10万円、その他必要な小物が5万円として、少し余裕をもたせて20万円あれば始められるんじゃないかと考えているんですが、まだ必死にアルバイトしているだけの段階なので、ちょっとまだ細かいことはわかりません。
実際に購入したらまた詳しい記事を書くとは思いますが、楽しみですね。

釣りという面では、今年は今までとはまた違ったジャンルの釣りをやってみたいなと思っています。
もちろんカヤックフィッシングもその一つなんですが、せっかく沖縄に来ているので、ショアからのGT、タマンの打ち込み、するするスルルーといった沖縄ならではの大物を狙った釣りがしたいですね。
そのためには当然ながら、上のリールを始めとして、それぞれの竿など新しいタックルが必要になるわけですが…。
IMG_2513
また、昨年やっていたような釣りも2シーズン目ということで、パターンをさらに解明してヒット率、キャッチ率を高めていきたいですね。
特にオニヒラアジのナブラ打ちはなんとか攻略したいと思っています。昨年の5月、釣りから離れかけていた僕の心に火をつけたのがこのオニヒラナブラだったということもありますし、それから1週間通い続けてやっと釣り上げた1匹の感触がまだ忘れられないということもあります。

さらに昨年はとある人気ポイントの攻略パターンが苦心の末発見でき、周りがノーヒットの中、一人連発という場面があり、あの快感も忘れられられないものになりました。。
そんなこんなで、やっとパターンが掴めたかと思ったナブラ打ちですが、ポイントやベイトが変わればそのパターンも通用せず、11月に獲った上の魚を最後に、オニヒラをキャッチできていません。
オニヒラアジは偏食傾向が強く、その時食っている餌(ベイト)によって、食性がガラリと変わってしまうという特徴を持っています。それだけに難しく、ゲーム性も高いので面白いのですけどね。
力が入ってたくさん書いてしまいましたが、今年は狙い通りの魚を出せるようになれるようになりたいと思っています。
IMG_2461
釣りの話ばかりになって申し訳ないのですけど、せっかくなので、これからは釣りの記録をブログでもちょくちょくつけていこうかなと思っています。
今までも釣果の写真はよく載せてきましたが、これからはもう少し詳しく書いていきたいですね。釣りブログのような形にして、他の釣りブロガーと繋がったりといった感じで実際に活動するかはちょっと未定なのですが、自分の忘備録というか、釣行メモのような形では記録を残しておきたいと思っています。
文房具ネタではありませんが、ブログをできるだけ更新したいという気持ちもあるので。


文房具についてはとりあえずのところ、あまり目標や抱負といったものはありませんが、昨年よりは更新頻度を上げられるといいなとは思っています。と同時に、本数は少なくても内容の濃い記事を書きたいという気持ちもあります。

新しい文房具は最近あまり購入していませんが、それでもまだ紹介していない商品はたくさんありますので、ネタに困っているわけではありません。
また、最近物欲をたまらなく刺激されるようなペンに出会えていないというのもありますので、何か良いペンをご存知でしたら是非教えてください。
とはいえ、今僕には欲しいものが多すぎて、実際に購入する余裕はあまりないのですが…。

しかしながら、「こんなペンが見たい!」「こんな企画が見たい」などといったリクエストがあれば出来る限りお応えしますので、今年もよろしくお願いします。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
昨年2016年を振り返ってみると、殆どブログの更新が出来ませんでした(数えてみたら21記事でした。思っていたよりは多いかも)。
バイトなど色々と忙しい(?)という理由もあるにはあるのですが、単純に僕が釣りに熱中しすぎている、というのが一番の理由になるでしょうね。





 
この4つが今年買ったリールと竿なんですが、シマノ最高峰のスピニングリール『STELLA』(定価8万超)をはじめ、どれも高価な道具達。(これだけで◯◯万円かかってます…)
この他にもルアーやら糸、小物、そしてガソリン(!)など、こんな感じでお金使ってばかりなので、文房具にまでお金が回っていないというのがリアルなところなのです…。


実際のところ、今年は高価な万年筆はプラチナの「#3776 ブライヤーウッド」のみのはず。(まだブログには載せてないのですけど)

過去の記事をリンクしたように、すでに1本持っていた3776ブライヤーなんですが、リサイクルショップで色違いが安く出ていたのでつい買ってしまいました。一応文具コーナーは必ずチェックしています。
その他の文具なども量はそれほどありませんが、買っています。しかしながら、新製品系の商品は殆ど買うことがありませんでしたね。

一応新商品の情報なども入れるようには努めています(基本的には筆記具関連)が、正直言って今の所心惹かれる新製品は一つもありません。
少々辛辣な物言いで申し訳ないんですが、どのメーカーももっとマトモなもの作れ、という感じです。ネットの情報だけでなく、実際に店頭で手に取ったりもしてますが、どれもチープな作りばかりで嫌気がさしますね…。




さて、こんな感じ(↑)で昨年から始めたアフィリエイトですが、月によってばらつきはあるものの、ポツポツと利益は上がっています。とはいえ、月に1000円前後といったところですが。
個人的にはこのくらいでも、リンクを介して購入してくれている人がいるのを知れるだけで嬉しいんですが、やっぱりたくさん利益が上がるに越したことはないですね。ということで、皆さんアマゾンで買うときは僕のリンクからアマゾンに飛んでください(笑)
また、過去記事の校正も気が向いたときに少しずつやってはいますが、こちらはお知らせしているわけでもないので、気づかれる人は殆どいないのではないかと思います。

とりあえず新年ということで、2016年をざっと振り返ってみて、とりとめもなく書いてみました。
久しぶりに記事を書くので、筆がツルツル滑って手ごたえがないのですが、大丈夫でしょうか(笑)
次回は近いうちに今年の目標?やら構想?をいろいろ書いてみたいと思います。
それでは今年もよろしくお願いします。


文房具 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ