テーゲー日記 〜文具と万年筆のブログ〜

万年筆を中心に文具について書いています。 コメント、リンク気軽にどうぞ。文具好きで繋がりましょう。 風の吹くまま気の向くままに、生きて生きてみたいのさ。

November 2015

DSCF0799

















本日はトンボ鉛筆から「Tombow5」シャープペンシルを紹介します。
ネーミングはぺんてるの「ぺんてる5」を意識しているのでしょうか。
どちらが先なのかはちょっと分からないので、こういう言い方はあまり良くないのかもしれませんが。
定価は300円。廉価帯の商品です。
DSCF0800

















グリップには細かい縦溝が幾つも入っています。
横溝が彫られたグリップはよく見かけますが、このように縦溝の商品は珍しいですね。
実際握ってみると、正直なところグリップ力の向上に役立っているとはあまり思えないのですが、握った時の感触は何も施されていないグリップより良くなっている気もします。
まあ実際、グリップがツルツル滑って握れない、なんてことは殆どないのですが。
DSCF0801

















「Tombow5」と検索すると、幾つか紹介されているサイトが見つかりますが、グリップと軸部分のカラーリングは様々なパターンがあったようですね。
僕のは黒のグリップに、淡いゴールドという組み合わせです。
グリップはプラスチック、軸はアルマイト製だと思われます。
DSCF0802

















若干短めで軽い仕上がりから、チープな印象も受けますが、300円という価格を考えれば、十分しっかりとした作りになっているようにも思います。
ちなみに、チャックも金属製でした。


文房具 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村 
 

DSCF0790

















今回はパイロットからシャープペンシルを紹介します。
このペンシルは形状などから、以前紹介したパイロットの蝕刻ペンシルと同じシリーズの商品ではないかと思うのですが、このペンが面白いのは蝕刻が黒ではなく、青だということ。
この手のペンシルは結構持っていますが、青い蝕刻というのは初めて見たので思わず購入です。
DSCF0794

















定価は1500円。
2000円を超えるものが多い蝕刻加工のペンシルにしては割安な感じもします。
値札シールによって年代の推測も出来そうですが、あいにく僕は詳しくないので、よく分かりません。
DSCF0791

















口金はよく見ると、先端部が絞られたような、ちょっと面白い形をしていますね。
いかんせん地味な部分ですけど。
DSCF0793

















クリップは細身で、なかなかしっかりとした作りになっています。
またこうして見てみると、青のストライプも綺麗に入っていますね。 
赤色なんかでも決まりそうですが、他にも色があったのか気になります。
DSCF0795

















以前紹介した黒のストライプのペンシルと並べてみました。
定価は1500円と2500円ということで、かなりの差があります。
DSCF0796


















縞の太さが違うのですが、これは芯径の違いに由来するものではないかと思われます。
残念ながら、0.5㎜で黒ストライプのペンは手元に持っていないので、並べることが出来ませんが。
DSCF0797

















クリップの形は微妙に異なりますね。
やはり黒のペンシルの方が作りが良いように思われます。
これは価格の差が反映されているのでしょう。
DSCF0798

















口金の形なども異なる部分です。
これだけ違うと同シリーズと本当に言って良いのか不安ですが…。



文房具 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ