DSC06428















本日紹介するのは最近気に入ってる万年筆、「ダンヒルジェムライン」のゴールドバーレイです。
ダンヒルの万年筆はこれが初めてですね。
現行品ではありませんが、当時の定価は57000円。
流石はブランド品という価格ですよね。
DSC06433















全体はゴールドとブラックで統一されています。
全身ゴールドの万年筆にはかなりの抵抗があったのですが、最近は「まあいいか」と。
感覚がマヒして来たのか普通に使ってしまっています。
キラキラでちょっと成金趣味な感じが否めなくはないですが。
見て分かる通り、細身の万年筆です。
 DSC06429















クリップは漆塗りです。
さすがに高級感がありますよね。
バーレイ模様は結構細かめ。
そのため触り心地が良いのも特徴ですね、凄く良いです。
傷が目立たないのも精神衛生上宜しいです。
DSC06434
















ペン先はこんな感じです。  
ニブは優雅な刻印が特徴的。
色が変わって来ていますが、磨けばすぐ奇麗になります。
ペン芯がエボナイトと思われるのでエボ焼けでしょうか。
味があるので僕はこのままの方が好きなのですが、エボ焼けはインクフローに影響を与える事もあるようです。
モンブラン「ノブレス」のOEMのようですが、ニブの刻印は完全にオリジナルですね。
グリップ部分はマットブラックの塗装がされています。
もちろんキャップは勘合式ですね。
DSC06439















書き味はとても良いです。
さらさらと引っかかりは無いのですが、ある程度の抵抗があり、シャキっとした字が書けます。
字を書くペンとして扱いやすく、この時代のモンブランは良いなと。
「長刀研ぎ」に近いようなペンポイントで、字がきれいに書けるので重宝しています。
比較的柔らかい書き味ながら、実用的な範囲内にとどまっていますね。
DSC06445















モンブランのノブレスも持っているのですが、型は同じような感じです。
というよりペン先以外はほぼ同じですね。
表面加工などは違いますが、同じです。
DSC06448















首軸なんかは互換性があって、交換する事も可能です。
ニブの形は違いますが、ペンポイントの研ぎは同じような感じ。
先ほども少し触れましたが、縦線と横線で太さが若干変わり、字に変化を付けやすいです。
線質が奇麗で、特にハネとハライが奇麗に出ます。
鉈研ぎというようですが、とても気に入っています。

軸は細身ながらあまり重くないので使いやすく、最近は普段使いとして活躍している万年筆です。
本当は一度インク入れて終わりにするつもりだったのですが、どのペンが自分に合うかは分からないものですね。

てがきレビュー その8」でも紹介しています。
てがきレビューのなかでも自分でお気に入りの絵に仕上がっていますので、是非ご覧下さい。 

また、このペンの原型、ノブレスはこちらからどうぞ
http://blog.livedoor.jp/omas1972/archives/36462157.html 

    コメント

    コメント一覧

      • 1. usoknt
      • January 26, 2014 22:20
      • モンブランのノブレスことを
        詳しく、紹介していただけませんか?
      • 2. ggg13
      • January 28, 2014 19:05
      • usokntさん
        そのうちにまた・・・書きます。
      • 3. usoknt
      • January 28, 2014 21:14
      • ダンヒルジェムラインのゴールドバーレイは
        コンバーターを使ってらっしゃるのですか?
        使ってらっしゃるのであれば
        どういう型番か教えていただいても
        よろしいでしょうか?
      • 4. ggg13
      • January 28, 2014 22:24
      • usokntさん
        コンバーターはペリカンの物を使用しています。
        モンブラン製なのでヨーロッパタイプであれば大抵適合するはずです。
    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット