DSCF0514

















本日はぺんてるから「ピアニッシモ」を紹介します。
廃番となってしまいましたが、サイドノックの名品と言っても良いでしょう。
現在でも人気の高いペンシルのようですが、近所の文具店で半額になっていました。
定価は200円。
プラスチック感丸出しのチープな見た目と、その価格がなんとも折り合わなかったのかなと思いますね。
使ってみると、完成度の高いペンシルだということが分かるのですけど。
DSCF0516

















大きめのクリックボタンが目を引きますが、押してみると非常に軽いノック感です。
「ピアニッシモ(極めて軽く)」という名前に表れているように、このペンの最大の売りは、サイドノックの操作性なのですね。
クリップと一体になったキャップは固定されており、上部でノックはできません。
また、軸は比較的太く、芯が大量に入るのもこのペンの売りの1つです。
DSCF0515

















波上の凹凸が付けられたグリップは適度なホールド感と指先の感触がとても良いです。
また、チャックが金属製なのも高評価ですね。
低価格帯の商品だと、どうしても樹脂製チャックが多くなる傾向がありますので。
プラ製チャックの問題点は以前に記事にした通りです。
http://blog.livedoor.jp/omas1972/archives/40700071.html


文房具 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村
本日もバナークリックよろしくお願いします。

    コメント

     コメント一覧 (8)

      • 1. andoro-medama
      • August 01, 2015 18:06
      • こんにちは。このぺんてるのシャープペンシルは確かテレビでCMをやっていたと記憶しています。若い女性が図書館か学校かどこかで机に向かっているシチュエーションでした。ジェットクリック以来の久しぶりのサイドノック式ペンシルでしたが、あまりにも透明すぎて(笑)安物っぽく感じてしまい購入しませんでした。ですがノックボタンが大きく張り出していたものの、押してみると真っ直ぐ深くノックできたので感心しましたね。チャック部分は金属製でジェットクリックと同じで良かったのですが、口金が樹脂製で細い金属パイプがはめてあるタイプです。これが、どうしても弱くて耐久性が無く(とくにぺんてるが顕著でした)使い終わって芯を戻すときは必ず指でそっと戻すようにしていました。このピアニッシモは耐久性はどんな具合だったのか興味があります。
      • 2. ggg13
      • August 02, 2015 10:12
      • andoro-medamaさん
        やはり安っぽさは否めないですよね。
        いっそ、クリップやノックボタンもノンカラーにして欲しかったです。
        ジェットクリックを持っていないので口金部の比較は難しいですが、見た感じでは、それほど問題があるようには思いません。
        どの部分が弱いのでしょうか。
      • 3. andoro-medama
      • August 03, 2015 09:01
      • こんにちは。ジェットクリックは旧式サイドノック式シャープの総称と思っていました。間違っていたらすいません。ぺんてるのペンシルは使い込んでいくうちに、いつの間にかペン先のパイプが引っ込むようにに入っていってしまったのです。ゼブラやパイロットではそう簡単にはそうならなかったのですが、気を付けていてもぺんてるだけは樹脂パーツが弱い印象なのですよ…。旧式のサイドノック式ペンシルはペン先・ノックボタン・クリップがブラックで軸がスモークがかったクリアボディのタイプがお気に入りでした。クリップ部分にはPD335と表記されていたと記憶しています。

        私が今探しているペンシルはOHTO製のピストンシャープって言うペンシルです。通常にノックすると芯が出て、深くノックすると芯が引っ込んで行くシャープペンシルです。他には逆さまに持つと消しゴムがひょこっと出てくる三菱製のブリッカーって名前のシャープペンシルです。

      • 4. ggg13
      • August 07, 2015 19:50
      • andoro-medamaさん
        僕はPD335の呼称がジェットクリックだと思っていたのですが、どうなんでしょうね?
        パイプ部分、ピアニッシモの構造的には壊れなさそうに見えるのですが、樹脂部分が割れたりしてしまうのですかね。
        ピストンシャープとフリッカーはどちらもまだブログに上げていない商品があるので、そのうちに紹介します。
      • 5. andro-medama
      • August 08, 2015 01:42
      • 深夜ですがこんばんは。記事を楽しみに待っています。三菱『ブリッカー』ではなくて『フリッカー』だったのですね。OHTO社の『グリッパー』と被らせていたみたいです(笑)、失礼しました。サイドノック式ペンシルは樹脂製クリップのタイプの物でもPD335やPD345と表記されているものがあって何が違いなのかよくわからないまま現在に至っています。それとぺんてるオリジナルの『Pop'npop』シリーズのサイドノック式ペンシルもあったかと記憶しています。三菱のペンシルについていた消しゴムは年数が経過してても劣化が少なく、紙に消しゴムの色が移らずに使えたのが良かったですね。また、いろいろと教えていただけると嬉しいです。


      • 6. ggg13
      • August 09, 2015 20:12
      • andro-medamaさん
        PD335やPD345はなんだか紛らわしい商品が多いですよね。
        僕自身いまいち整理できていません。
        サイドノックのペンシルは面白いものが多いのですが、好きな人が多いのか、はたまた数が少ないのか、なかなか集まらないのが残念です。
      • 7. tombu
      • January 23, 2016 22:33
      • はじめまして
        つい先日までピアニッシモを愛用していましたが、ついに壊れてしまったので廉価版とも海外版ともいわれているテクニクリックを買って使い続けています。
        沖縄で購入されたとのことですが、よろしければどこで売ってたのか教えていただけますでしょうか?
      • 8. ggg13
      • January 27, 2016 00:08
      • tombuさん
        購入した場所は申し訳ありませんが、お教えすることができません。
    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット