お久しぶりです。9月はとうとう一回も更新できませんでしたね。
帰省したり、学祭の準備をしたり、釣りをしたり(!)と遊びに忙しくて、なかなか腰を据えて記事を書くという感じになれなかったのです。
いま沖縄は強力な台風が接近中です。
僕も今日は家にカンヅメ状態で、これ幸いと久しぶりにベッドで深い眠りと二度寝をむさぼり、こうしてブログを書いています。
DSCF1018
本日紹介するのは、ゼブラのシャーボシリーズから、「18KAGM シャーボ」です。
このモデル名が正しいかは分からない、というか多分間違っていますが、今現在分かる情報がそれだけなので、そう書いておきます。
当時のカタログなどを見れば型番や定価も分かるはずなのですが、資料を実家に置いてきてしまったので、いま確認できないのが痛いところです。
僕のおぼろげな記憶では、確か定価1万円の金貼りモデルじゃなかったかなと思うのですが、いかんせん確認できないので、なんとも言えないです。
詳しい方がいらっしゃれば教えていただきたいのですが。

追記
ものてっくさんより、コメントを頂きました。
当時の資料によれば、ゴールドのシャーボは定価15000円、軸の装飾は3種あったようです。
初代シャーボは2000円と3000円のラインナップでしたから、相当高価なモデルということになるでしょうね。
DSCF1020
ひとつは格子柄、 そしてもうひとつはリブ状の縦溝の入ったデザインとなっています。
機構やデザイン自体は他のシャーボと変わらないですね。
「右に回すとボールペン、左に回すとシャープペンシル」というように、シンプルな2機能です。
当時のシャーボはベースとなる形は同じでも、様々な材質や加工、色や柄などで多くのラインナップを誇っていました。
現行のシャーボはボールペンも多色の物があったりと、様々なモデルがありますね。
DSCF1021
このあたりのデザインも他のモデルと同じです。
また、残念ながら写真ではうまく確認することができませんが、クリップの下の「ZEBRA」刻印の下に、もうひとつ「18KAGM」という刻印が小さく入っているのが特徴的です。
この「18KAGM」というのは何を意味しているのでしょうね。
「18K」が18金、つまりは金の純度を表しているのは間違いないとして、「AGM」というのは何を意味しているのでしょう。
GP(ゴールドプレート→金メッキ)、GF(ゴールドフィールド→金貼)といった表記であればよく見かけるのですが…。
こちらも分かる方がいらっしゃれば教えていただきたいです。
DSCF1022
ゼブラのシャーボシリーズですが、結構気に入っていて、ちょこちょこ増えたりしています。
定価が高いので、見かけてもスルーしてしまうことも多々あるのですが、状態の良い物や、珍しいものなどは心惹かれてしまいますね。
これからもコソコソと地味に集めていきます・・・


文房具 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村 


 

    コメント

     コメント一覧 (8)

      • 1. ものてっく
      • October 03, 2016 20:38
      • こんばんは、Yahooブログの頃よりいつも楽しくブログを読ませてもらっております。
        シャーボの資料が少し手元にあったので、コメントさせて貰いました。

         ゴールドタイプのシャーボは私の手元の資料によると定価が15000円、軸の装飾によってSB-J1/SB-J2/SB-J3と3種類あったようです。ただ、AGMが何を意味するのかは資料には書いておらず…謎ですね…(¯―¯٥)
      • 2. ggg13
      • October 03, 2016 21:12
      • ものてっくさん
        早速の情報提供ありがとうございます!
        ゴールドシャーボは定価15000円でしたか。
        軸の装飾はあと1種あるということですね。
        AGMの謎は深まるばかりです。
      • 3. hos
      • October 13, 2016 23:46
      • ギラギラしていてカッコいいですね、
        最近の筆記具には無いノスタルジックな渋さが素敵です
        シャーボXも買ってはみましたがやはり初期のシャーボ
        には心惹かれるものがあります
      • 4. こねこ
      • October 29, 2016 00:06
      • 18KAGMという表記は、真ちゅうに18金メッキという意味だとどこかで見ました。
        どこで見たのかは忘れてしまいましたが。。。
      • 5. ggg13
      • November 08, 2016 16:41
      • hosさん
        レトロなかっこよさというか、渋さがやはりありますよね。
        おじんくさいといえばそうなのかもしれませんが・・・。
        とはいえ、僕は最近のつるっとした無機的なデザインよりも、ちょっとレトロなデザインのほうが温かみを感じて好きですね。
      • 6. ggg13
      • November 08, 2016 16:42
      • こねこさん
        なるほど、真鍮に18Kメッキですか!その可能性はありそうですね。
        金無垢ではないでしょうから、18Kというのはメッキの品位表記ということになるでしょうし。
      • 7. HIRO
      • November 11, 2016 21:34
      • 18金ですか!いいですね-
        ぼくもほしいです-W。
        シャ-ボのヘアラインのが店に合ったんですがかうべきでしょうかW
        (SB-Pに似ています。)
      • 8. ggg13
      • November 28, 2016 02:45
      • HIROさん
        ちょっとゴージャス過ぎて使い所がないですけどね。格安で出ていたのでコレクション用としてキープしておきました。
        シャーボのヘアラインというと、初代のものでしょうか?ボールペンとシャープというシンプルな2機能と、余計なもののないデザイン。僕は実用としてもとても評価できるペンだと思いますので、一本持っておいて損はないと思いますよ。
    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット