DSCF1029

長いこと開きましたが、久し振りに文房具の記事を書きます。
本日紹介するのはファーバーカステルから「TK-matic L」。
カステルのオートマチック式製図用ペンシルの一つです。
残念ながら現在は廃番となっており、入手は難しいのですが、人気の高いペンシルの一つですね。
オークションなどで高値で取引されることもありますが、それも頷けるほど美しいペンだと思います。
DSCF1032
 グリップ周りのデザインなど、溜息の出そうな美しさです。
実際に握ってみると、下部の滑り止め部分でしっかりと安定したグリップを、そして上部のリブ状グリップによって指触りの良さを実現しており、デザインと実用性を兼ね備えたグリップ形状であると言えます。
また、よく見てみると、上部のリブ部分は細かな横溝が入っており、これが指触りの良さを実現しているのでしょうか。
DSCF1035
同じようなグリップはパイロットのオートマックをはじめ、様々なメーカーのペンでもみられるのですが、TK-maticのグリップはちょっと別格のような感じがしますね。
DSCF1033
クリップやノックボタン周辺のデザインも見事です。
あくまで製図用ということで、シンプルな飾りのないラインを守りつつも、美しさや気品を感じさせるバランスが実現されています。
軸も安っぽいアルミ軸などではなく、重厚感を感じさせるステンレスです。
従って、細身のペンとしては少し重量のあるペンシルなのですが、グリップと重心位置のバランスがよくできているために、取り回しもとても良いですね。
DSCF1038
最初に書いたように、このペンはオートマチック(自動芯繰り出し機構付き)です。
そのため、ガイドパイプが可動式となっており、前後に動くのですが、これによるブレもほとんどないのがすごいところです。
特に芯をほとんど出さずに、オートマチック機構を使って書いている際にはほぼブレなく書くことができますね。

しかしながら、僕自身はオートマチック機構はあまり好きではありません。 というのも、オートマチック機構を使い、芯をほとんど出さずに書くと、芯と紙の接地状況が視覚的に把握できないからです。
芯と紙の接地状況(芯の先がどのような形状をしており、どんな角度で接地するかなど)が把握できていないと、自分がこれから書く筆記線が想像できないのです。

一般的にはどうなのか分からないのですが、 僕はこの自分の持っている筆記線のイメージと実際の筆記線のズレにとてもストレスを感じますし、字も美しく書けないと思っており、このイメージとの合致をとても重要視しています。
筆記線が単調と言われるボールペンやシャープペンシルであっても、そのリズムや筆圧の強弱によって筆記線は多少なりとも変化が付き、コントロールすることもできるし、そうしたいのですね。
少し分かりにくい話になりましたが、万年筆なども同じで、ペンポイントの状態(大きさや形状)から、ある程度の筆記線の状態をイメージすることが可能ですが、時にそれが実際の筆記線と異なった場合、僕は大きな違和感を持ち、ストレスを感じるのです。
DSCF1037
話が少し横道にそれましたが、最後に分解した状態を載せておきます。
オートマチック式ということで、一般的なシャープペンシルとは違った構造をしてますね。



文房具 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村 

 

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット