気をつけ、ピッ いないいないチビ用のコート。
去年まで着ていたフリースのダッフル、ナイロンのキルティングジャケットがそろってサイズアウトしたので。
チビに聞いたら「あかいのでぼうしついてるの」というリクエスト(笑)が。
C&Sさんの本のパーカーコート。型紙の見返し線が抜けていたのですが、見返しの幅が一時期サイトに載っていた(今は載っていない?のかな。見つからない)ので、それを元に見返しを作りました。

110サイズにしては身頃がたっぷりしている感じ。
それに反して、型紙を作った時点で袖は短い感じが。念のため、RickRackさんのTシャツ(110)サイズ(今、袖の長さがジャストより少し長いくらい)の長袖のパターンを重ねてみると5〜6センチは短い。
なので、後でチビにあわせて袖を短くすることを見込んでTシャツの袖の長さにあわせて裁断。
まえうしろ
表地はラッチパイル。ふわふわな方を表に。裏地はブルーのストライプのダブルガーゼ。
圧縮フェルトのボタンを4つ。オフホワイトのボタンだったので、つける糸をそれぞれ色を替えてみました。
見返しの下の部分の見えないところに、イニシャルのアップリケ。フードのてっぺんにお花のクロシェを。
襟裏にCotton100%のタグ。
なんだか飾りっけがない気がしてしまって、チマチマつけてしまいました。

一番下のボタン、少し上だったかも。あーあ。ボタンホール、試行錯誤中。
実はコレを作っている工程で一番苦労したのはボタンホールかも。
職業用ミシン用のボタンホーラー、うまく使いこなせてません。ははは〜(ヤケ)。
結局うまくできなくて、階下のババの家庭用ミシンを借りて作りました。
あー、ボタンホールだけすごく美しくできるマシンが2〜3万で出てくれないだろうか〜。

うーん、着せてみると真っ赤なせいかサンタっぽいな・・・。でも本人気に入ってるみたい。軽いしね。
でもこれからもっと寒くなると、重ね着もするしこれくらいたっぷりしていていいのかな・・・・。
つけといた
ファブリック:Check&Stripe ラッチパイル のいちご・タグ、nanatone バンブー・ストライプ、ラ・ドログリー(ボタン・クロシェ・アップリケ)
パターン:CHECK&STRIPE SEWING(ソーイング)より