大峰化学〜社長ブログ

mono2009-banner
大峰化学蠎卍垢、プラスチックのことや日々の活動、書評等をご紹介させて頂きます。本ブログ内の文書、写真等については大峰化学蠅法引用部分は引用元に著作権は帰属します。本ブログにより著作権・肖像権などの侵害やなんらかの問題が生じた場合はご連絡下さい、速やかに対応をさせて頂きます。
2013年より日々の活動は即応性を重視して本ブログではなく"facebook"中心で行っております。

神社・仏閣

お墓参り

 年明けの3日は毎年、矢田寺にお墓参りに行っています。

矢田寺01


 境内は静寂と清らかな空気、少しの雪に囲まれて、とても気持ち良いです。

矢田寺02


今日は何位かな?
一日一度のクリック
ありがとうございます
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
今日も1クリック!
どうぞよろしくお願いします

新年明けましておめでとうございます

 毎年、初詣は遠くの有名な神社ではなく自分が住んでいる土地の氏神様でさせていただいています。

参詣1


参詣2


 初詣は日頃のお礼をするために、家から歩いていける岸和田の「産土神社」と下馬伏の「菅原神社」に参詣しています。

今日は何位かな?
一日一度のクリック
ありがとうございます
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
今日も1クリック!
どうぞよろしくお願いします

新年明けましておめでとうございます

 毎年、初詣は遠くの有名な神社ではなく自分が住んでいる土地の氏神様でさせていただいています。

2014_01
産土神社


 あまりあちこちにお参りしても神様や仏様が迷ってしまうでしょうから、初詣は家から歩いていける近く、岸和田の「産土神社」と下馬伏の「菅原神社」に参詣しています。

2014_02
菅原神社


 年明けと共に、普段お世話になっている地域の方々(商工会議所、青年会議所、市役所、NPO、各種団体、etc.)と、握手して新年のご挨拶ができる貴重な機会を頂けました。

 皆さん、今年もよろしくお願いします。

今日は何位かな?
一日一度のクリック
ありがとうございます
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
今日も1クリック!
どうぞよろしくお願いします

矢田寺にお墓参り

 本日は、お盆のお墓参りに矢田寺に来ています。

 矢田寺は「アジサイ寺」として有名で、多くの観光客がアジサイの回廊を訪れている場面がニュースで伝えられることが多いのですが、日本のお地蔵さま発祥の地として「矢田のお地蔵さん」と親しまれ日本最古の延命地蔵菩薩を安置していることでも有名です。

yasketch
味噌なめ地蔵


 そんなお地蔵さまの中でも本堂へ向かう参道の中ほどの右側にある「味噌なめ地蔵」さまは、畳1枚分もある大きなお地蔵さまです。

 自家製の味噌の味が悪くって困っていた農婦が、夢の中のお地蔵さまに「我にその味噌を食べさせてくれたら、良い味にしてやろう」というお告げを受けて矢田寺へ参ってお地蔵さまの口に味噌を塗ったところ、味噌が美味しくなったというお話があるそうです。

矢田寺御本堂
御本堂


びんつる様
びんつる様


 御本堂の外、左脇に赤い顔をして静かにお座りになっているのは「賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)」さまです。

 お釈迦さまの大勢のお弟子さまの中の一人で、お酒が好きで修行中もお酒を飲んでたのをお釈迦様に注意されて、止めていたのですがある日その約束を破り破門されました。

 そのことを悔いた「びんずるさま」は、一所懸命に修行を続け、それを見ていたお釈迦様に「本堂の外陣なら側においてやる」と許可を得て、この場所に座っているということらしいです。

 「びんずるさま」は、痛いところを撫でると癒してくれる「なでぼとけさま」なので、頭や肩、足など参詣者の方々が頻繁に撫でるところは剥げています。

 私も全身をくまなく撫でてきました。

お地蔵さん


 境内には沢山のお地蔵さまが並んでいます。

 大地の恵みを授けてくれるとも、願いを叶えてくれる、身代わりなってくれるとも言われているお地蔵さまですが、見ていると柔らかな気持ちにさせられます。

カブト


 矢田山の中腹にあり自然が豊富な矢田寺らしく、カブトムシを発見しました。

今日は何位かな?
一日一度のクリック
ありがとうございます
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
今日も1クリック!
どうぞよろしくお願いします

矢田寺

87f09912.jpg


 本日は、お盆のお墓参りに矢田寺に来ています。

矢田02

矢田03


 矢田寺は“アジサイ寺”として有名で、つい先日までは多くの観光客がアジサイの回廊に溢れていました。

矢田04

矢田05


 お墓参りの前に御本堂にお参りし、いつものように御本堂の左脇に静かにお座りになっている「賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)」さまの全身をくまなく撫でてきました。

矢田01


 「びんずるさま」は、痛いところを撫でると癒してくれる「なでぼとけさま」なのです。

今日は何位かな
一日一度のクリック
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
ありがとうございます!

月別
カテゴリー別
コメント