2016年08月25日


キャロット2016募集馬の測尺が発表されました

心惹かれていたシンハリーズの馬体重はなんと390…
お父さんは440〜460キロくらいでしたので、やはりそれくらいはほしいところ
4月生まれで若干腰高に見えますし、管囲が20.4ならこれからの成長には期待できると思います
ただ、あと50,60キロも増えるかどうかは微妙に思えます
あとは会報に書かれていた骨量が豊富という言葉を信じるだけですかね

馬体や歩様の良さから一口30万でも×1以上の抽選になると予想していましたが、馬体重で疎遠する方が多そうな気がします
同じ30万でしたらヒルダズパッションの方が安心感が高そうですし、トゥザヴィクトリーも丁度よいサイズになりそうです
う〜ん・・・悩ましい

話変わっていつの間にかノルマンディーの募集馬が発表されていました
現時点で決定している馬のみ公開ですので、今後も少しずつ発表されていきそうですね

ちなみに、字面だけで気になったのは

キョウエイトルースの15
チェアユーアップの15
ホワイトピクシイの15

血統的にはキョウエイトルースに注目ですが、チェアユーアップはキョウエイトルースの全妹の娘
タイムパラドックス産駒は地方競馬での活躍が目立つので、地方募集だったら面白そうです

ノルマンディーは低価格で会費も安いので、丈夫で長い期間走ってくれる馬に出資したいです
2016募集も勿論出資予定です

2016年08月24日


シンハリーズの2015に心惹かれてます
馬体も歩様も良く見えました
ただ、新種牡馬でステイゴールドの直仔ということを考えると大外れの可能性も…

まぁ〜ジンジャーパンチやトゥザヴィクトリーも良く見えますし、ディープ牝馬も動きは柔らかく好印象の馬が多かったです
測尺も発表されてないですし、まだまだじっくり考えていきます


2016年08月23日


キャロット2016 募集 カタログをぱっと見で気になった馬

関東馬
ウルトラブレンドの15
ガヴィオラの15
ラドラーダの15
バロネスサッチャーの15
リッチダンサーの15
ジンジャーパンチの15
マルティンスタークの15
クルソラの15
ペルレンケッテの15
アドマイヤドレスの15
アドマイヤサンデーの15
メガクライトの15

関西馬
コスモチューロの15
ヒダルダズパッションの15
リーチコンセンサスの15
ブルーメンブラットの15
シンハリーズの15
トゥザヴィクトリーの15
レックスレイノスの15
フェリスタスの15

動画は見ていないですし、かなりのぱっと見なので見直したら評価は変わるでしょう
これから締切日まで悩んで行きます



2016年08月21日


一口馬主を初めて最初に出資したクラウドチェンバーが引退
初出走、初勝利をプレゼントしてくれた馬でしたが、そこから一度も勝てずに引退
百日草で2着に来た時は、いずれ重賞路線でと夢見ましたがそう簡単には行きませんね
それでも2着4回、3着3回とよく頑張ってくれました
萩原先生の使い方に不満を感じる時もありましたが、長い期間諦めずに面倒を見てくれたと思います
ホントにお疲れ様でした

んで、東サラ入会年に出資したレッドボルテクス、レッドカルディアは未勝利引退が濃厚です
ボルテクスはラストチャンスとされた今日のレースで14着とボロボロでした
筋肉隆々の好馬体でしたが、馬体だけでは結果はついてこないものだと勉強になりました…
ただ、松国さんは障害と考えているようなので、決断はその後でも良いかなと思っています

レッドカルディアは来週出走予定
調教の動きから上昇度は感じられますが、今までが今までなので一変というのは難しいかなと
ただ、初芝なので今までにない激走を期待しています

東サラ勢は厳しい状況となっていますが、秋になればエルマンボ、オルレアンローズが控えています
2頭とも昇級となりますが、能力的なことを考えれば頭打ちになることは考えにくい
2歳馬のミリッサ、インヘリットデールも牧場での評価は高く期待しています
まずは悪い流れを変えてほしいところです

2016年募集としては、23日にキャロットのカタログが公開されます
今年は×2なのでほぼほぼ好きな馬を指名できるはず
牡馬を指名したいと思っているので、シンハリーズ、トゥザヴィクトリー、ウルトラブレンド、ヒルダズパッション、コスモチューロ、ジンジャーパンチ、ラドラーダ辺りの出来が楽しみです

そういえばシルクの募集馬も確定しましたね
キャロット同様に全体的に高く感じました
注目度が高そうなモーリスの全弟はなんと10000万
モーリスが今日の札幌記念で勝っていれば募集額関係なく人気になると思っていましたが、残念ながら2着で人気としてはどうなりますかね

特に高く感じたのはペンカナプリンセスで12000万
いくらディープ産駒だとしても、兄弟の成績を見る限り8000万くらいが妥当に感じます
今日の1000万下で長期休み明けのワールドインパクトが2着に来ましたが、それだけではインパクトとしては低いです

パーシステントリーの10000万というのも高いです
普通に考えればキャロットで募集された全兄と据え置きの8000万ではないでしょうか

ディープ牡馬なら兄弟にG1馬がいるプチノワールが一番人気になる気がします

ディープ産駒は牡馬より牝馬の方が人気になりそうですね
僕はキャロットで牡馬を取る予定ですので、シルクでは牝馬を狙っています
実績が無いに等しいので人気馬は取れないと思いますが、実績関係ないならモシーンに注目しています
キムテツ厩舎を嫌う人が多いので、なんとかならないかなと少し思っていますw

まぁ〜今年のシルクは楽しみな馬が多いので、うまい具合に人気がばらけてくれることを期待しています
東サラの成績が散々なので、今後はシルク>東サラで行こうと考えています
(レッドエレノア次第では退会も考えています…。)

なんだかんだで、まずはキャロット募集を全力で考えていきます


http://blog.livedoor.jp/omiso1981/archives/65576853.html

2011年産募集の時に、締切日間違えて申込できなかった馬
スーパーG2を勝つ馬になるなんて思いもしませんでした
きっと僕が申し込まなかったからここまでの馬になったのでしょう

まぁ〜あの頃はももクロちゃんに夢中でたいして調べてもいなかったですがw

◎モーリス
〇ロジチャリス
▲レインボーライン
△マイネルフロスト
×1,13

現役トップクラスの能力を持つモーリス
2000mが不安視されているが、このメンバーで惨敗する姿は想像できない
折り合いさえ問題なければ、普通に回ってくれば勝てるでしょう

相手はロジチャリス
切れる脚は持っていないが、わりと長く脚を使えるタイプなので札幌は合いそうな気がする
距離的にはモーリス以上に不安だが、重賞で通用する力を持っていながら9番人気というのは舐められすぎ

メンバー中能力的に2位だと思うヌーヴォレコルト
海外戦後の産経大阪杯が不甲斐ない競馬で、今回も海外戦後ということを考えると、今回も力は発揮できなさそう

追記

折り合いに徹しすぎて楽に行かせすぎた印象…
堀厩舎は北も南も重賞勝利で見事です
てか、札幌記念はワンツーですか

今週は一度も的中できずに大負けです
トホホ…。

◎ベルカント
〇ベルルミエール
▲メイショウライナー
△オウノミチ
×2,10

このメンバーでは負けられないベルカント
すんなり先手を取れそうだし、マイペースで逃げれば普通に勝ち負けでしょう

追記

メイショウライナーずっと見当たらないと思ってたら勝負服なんか黄色かった

◎トーホウアイレス
〇アンヌ
▲エディフィス
△アスヘノキボウ
×8,9

かなりうんこメンバーで難解なレースです
レッドエレノアにはここまで待ってほしかったです

そんな中で本命にしたのはトーホウアイレス
今週の美南芝では並走馬には遅れてしまったが、相手は昨日の新馬戦で快勝したブライトンロック
動きは悪くなく、切れ味もありそうなタイプなので新潟外回りも問題ないでしょう

相手はアンヌ
目立った時計は出ていないが、併せ馬で一度も遅れていない点を評価
動きに重苦しさもないので、初戦から走れるタイプに感じます

追記

トーホウアイレス
出遅れて万事休すだと思いましたが、直線の脚は素晴らしかったです

馬券は◎→×→無では何もなし
◎の単勝という考えはなかったな…。

ちなみに、審議の加害者はトーホウアイレスでしょう

◎ガンサリュート
〇ペルシアンナイト
▲エスポワールパレス
△タイキブリジャール

ペルシアンナイトが圧倒的な人気になっていますが、高速馬場でハービンジャー産駒は狙いにくい
しかも新馬戦で決めて勝負なりそうなので、それならばガンサリュートの方が良い
今週の栗東坂路ではダッシャーワンを1.1秒追走して先着するなど動きの良さも見せている
キャロットの14年産募集で評価していた馬だけに、結果を見せてほしいところ

追記

ガンサリュート
忘れていたけど、募集時の馬体は完全に短距離向きでした
距離短縮で見直したい

ペルシアンナイト
強い勝ち方ではあったけど、走破時計や終いを考えると正直凡戦
次走が試金石

追記

北九州記念の時計見て気づきましたが、小倉はわりと時計掛かっていますね


◎アルトリウス
〇ラブリイメッセージ
▲マイネルアレックス
×1,5

藤沢厩舎の新馬戦は危険な感じがしますが、アルトリウスは豊富に乗り込まれていて動きも良い
あまり切れるタイプには感じないので、道悪馬場もプラスに向きそう

相手は函Wで水準級の動きを見せているラブリイメッセージ