2017年12月17日

◎ダノンプレミアム
〇ステルヴィオ
▲ダノンスマッシュ
△タワーオブロンドン
×2,11

前走の内容からここはダノンプレミアムで仕方ないでしょう
新馬戦も高パフォーマンスでしたが、前走は厳しめの流れを先行しての押切
時計も破格で普通に走ればここでも勝ち負けでしょう

相手はステルヴィオ
前走は恵まれる展開でしたが、勝ち馬以外は完封の内容
こちらも新馬戦から高パフォーマンスの内容で、サウジアラビアくらい走れば十分にチャンスあり

3番手はダノンスマッシュ
前走はスローペースで平凡な時計でしたが、一気に後続を突き放す脚力は魅力
未勝利勝ちが強い内容で、距離さえ克服できれば面白い存在

タワーオブロンドンも距離さえ問題なければ通用しそう

追記

いやーダノンプレミアム強かった
距離さえ克服できれば今のところダービー最有力候補でしょう
まずは怪我無く無事に行ってほしいですね

ダノンスマッシュは出遅れさえなければ3着ならあったかもしれません
ステルヴィオも後方から大外ぶん回しで良く伸びてきてました

馬券も無難に的中できて良かったです^^
20171217_H11R



2017年12月03日


◎サウンドトゥルー
〇ケイティブレイブ
▲テイエムジンソク
△ロンドンタウン
×6,10,12

1,2,3番人気上位評価のつまらない予想です
勢い的にはテイエムジンソクだと思うのですが、今回のメンバーだと前が忙しくなりそうなので、中団から競馬できるサウンドトゥルーの軸が一番信頼できるのではと思います

2017年11月26日


◎レイデオロ
〇ソウルスターリング
▲キタサンブラック
△サトノクラウン
×1,13,16

エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップで3歳馬が勝っているので、安易にジャパンカップは3歳馬を評価ということでレイデオロを本命としました

ダービーで負かしたスワーヴアーサーがアルゼンチン共和国杯を勝ち、神戸新聞杯で負かしたキセキが菊花賞と勝っていることを考えればレイデオロの能力は現役トップクラスでしょう
最初からここ目標に調整されてきているので体調の不安もなし
それほど早くはならないメンバー構成だと思うので、展開的な問題もないと思います

相手はソウルスターリング
走破時計だけ見ればここで通用しても不思議でない
前走は終いは伸びていたし、良馬場に変れば十分可能性ありそう

キタサンブラック
なんとなく有馬記念目標のような気がしますが、それでも軽視というのは無理
自分で展開を作れるというのも強みで、当然勝ちまであると思います

サトノクラウン
ある程度流れる展開に強いタイプだと思うので、去年のような展開だと出番がなさそう
ただ、昨日の500万下のレースが2分25秒ならジャパンカップは2.24秒台にはなってくれるはず
レース上りは34秒台になると思うので、それならチャンスはありそう

2017年11月25日


◎タイムフライヤー
〇マイハートビート
▲ケイティクレバー
△グレイル
×8

内回りに対応できるかどうかですが、人気通りタイムフライヤーで良さそう
すごい切れる馬なので、4角である程度の位置をキープしていれば楽々差し切ってくれるでしょう

2017年11月19日

◎レッドファルクス
〇イスラボニータ
▲ウインガニオン
△エアスピネル
10,13,14

上位人気3頭のいずれかが勝つのではないかと予想しています
その中でエアスピネルは右回りだと口向きが悪く制御が難しい印象
世界のライアンムーアですが、豊さんあっての馬だと思うので、ここは4番手までとしておきました

本命にしたのはレッドファルクス
安田記念3着の実績はありますが、後ろが届く流れだったことを考えるとやはり距離は不安
それでも能力的なことを言えば上位でだし、今日の馬場を見ると差しが届く馬場なので問題ないと判断
高速馬場にも道悪馬場にも対応できる馬なので、距離さえ克服すれば大崩れはしないでしょう

相手はイスラボニータ
軸的な信頼ならこちらの方が良さそう
正直、最初はこちらを本命にしようと思っていましたが、安田記念はレッドファルクスより着順が下だし、前走の富士ステークスもそれほどレベルは高くなさそう
京都マイル複勝率100%ですが、オッズ的にもここは2番手評価

3番手はウインガニオン
差し追込み馬中心の予想なので、前目で競馬するならこの馬かなと
関谷記念ではマルターズアポジーに先着を許しましたが、枠順や展開を考えると着差ほど負けてない
それなのにオッズ差が3倍以上ならこちらを評価

ちなみにマルターズアポジーはおさえようと考えていましたが、京都9R,10Rを見て逃げ馬には厳しそうかなと思い消しちゃいました
きっとマルターズアポジーが馬券に絡んで外れるのでしょう

追記

競馬は馬7割、騎手3割だと思ってましたが、G1に限ってはデムーロ9割、馬1割なんでしょう
何にしても、マイル路線で3歳馬が通用したというのはすごい
アエロリットなんかもマイル路線ならまだまだ活躍しそうですね
来年のマイル戦は4歳馬中心に狙っていきたいですね


◎ゴールドシスター
〇ミッキーポジション
▲バールドバイ
△ラブラブラブ
×5,10,14

一週前追い切り時点はミッキーポジションで確勝だと思っていましたが、今週の追い切りはちょっと物足りない
馬なり調教では素軽い動きを見せいていましたが、追われて伸びないタイプかもしれません
一度びしっとやったことで変わり身を見せてくれる可能性はありますが、ここは2番手評価としておきます

本命はゴールドシスター
こちらも馬なり調教メインで追われて伸びない可能性はあるのですが、馬なりでの動きは良さそう
ゴールドアクターの全妹にしては人気薄なのでここから狙ってみたいと思います

2017年11月12日

◎ルージュバック
〇スマートレイアー
▲ヴィブロス
△クロコスミア
×7,10,11,15

近年の中ではかなりの好メンバーが揃ったと思える一戦
古馬の牝馬トップクラスに秋華賞1,2,3着馬が通用するかがカギだと思うのですが、
3歳勢はトライアル→道悪の秋華賞のローテで、そろそろお釣りが無くなるころと判断して、古馬の方を上に評価しました

ルージュバック
ムラがある馬ですが、非根幹距離で好走するタイプで、1800mではオール連対、2200mは前走のオールカマー勝利と3歳時の休み明けで使ったエリザベスで4着
有馬記念では10着でしたが、3歳だったことと、勝ち馬から0.5秒と考えれば着差ほど負けていない
鞍上はスノーフェアリーで連覇しているムーア騎手で頼もしい
前走は位置取りやペース的に恵まれがあったと思いますが、条件が揃った今回ならラストチャンス

相手はスマートレイアー
前走の京都大賞典は豊さんの神がかりな好騎乗で勝利でしたが、普通に乗っていても十分好走の可能性はあったはず
一叩きして調教の動きも抜群で、ルージュバック同様にG1勝ちはラストチャンスになる今回はメイチと判断

ヴィブロス
前走は久々の競馬だったし、展開のあやで差し損ねただけ
ドバイDTFを制した実力は本物で、大崩れする場面はあまり浮かばない

3歳勢ではディアドラをおさえましたが、自分が考えているより3歳馬が強ければ馬券は外れるでしょう


◎フェルメッツァ
〇スズカデヴィアス
▲サンマルティン
△ショウナンバッハ
×1,10

混戦なメンバーで難しい
ロングスパート勝負に対応できそうな◎〇▲と、オールカマーでは前残りのレースを後ろから追い込んで5着だったショウナンバッハを評価

本当はプリメラアスールを狙ってみようと思っていましたが、去年のマルターズアポジーとかぶるのか人気になっているのでやめました
ジョルジュサンクも同じ理由ですかね

◎マイスターシャーレ
〇ドンアルゴス
▲シースプラッシュ
△ジュンヴァルロ
×2,3

新馬戦、未勝利戦とハイレベルレースを経験してきたマイスターシャーレ本命
未勝利勝ちの内容から昇級でもぜんぜんやれそう

相手はドンアルゴス
紫菊賞は小頭数にしては時計が優秀で、同じコースならチャンスあり

追記

本命馬間違えた…。


◎ダノンフォーチュン
〇レッドルーク
▲ポートフィリップ
△リッカウェイ
×1,4,6

人気のシーリアは調教が微妙で、血統で人気が先行している印象
調教の内容からだとダノンフォーチュン鉄板だと思いますが相手が難しい
他に良いと思える馬がいないだけに、シーリアもばっさり切れないので馬券は見ですかね…。

今日の新馬戦は他のレースも調教で目立つ馬がいないので、馬券を買うのは辞めておきます