オミッタ〜ズ.jp

20ウン年ぶりにプラモ制作を再開したへっぽこモデラー。主にクルマを作ります。

トヨタプリウス

フジミ/プリウス(8)

内装完了。
CIMG6449
床にスエード調の生地を貼ってみました。実車とはぜんぜん違う色ですが、ちょっとしたアクセントかと。リアシェルフはいったん切断し位置を下げて再接着。写真では見えませんがメーターのデカールは位置合わせに爪楊枝を使って失敗。ちぎれました。

で、外装をチャチャッと作って、
CIMG6450
ホイ完成! 苦闘5ヶ月弱。放置4ヶ月強。。。

ボディカラーはホルツタッチペンのアクアブルーメタリックです。この写真だとちょっとアレですが、灼熱の太陽光の下ではわりとそれっぽく見えます。当たり前です実車補修用なんだから。それにしても、黄色いガラスがキュートだな。
以後気をつけます。。。


CIMG6451
素組みだとトレッドがパッツパツでエコカーっぽくないので、前後とも狭めました。タイヤもイカツイ感じだったのでフジミのポルシェ928S用に変更。ちょっと径が小さすぎかもです。

CIMG6440
ちなみにトレッド調整は、フロントはホイールのポリキャップ受けを削って。もち目分量。

CIMG6454
リアはブレーキディスクをオミットすることで。

ついでにリアダンパーも座りが悪くてムカついたのでオミット。
タイロッドも製作中に折っちゃってオミット。

我ながらオミッターズ冥利に尽きる逸品となりました。

さ、次いこ次。。。

フジミ/プリウス(7)

黒いところを黒くしました。
CIMG6375
モールドがシャープなので珍しくはみ出しナシ。新しいキットっていいですね。元のスジボリが細くて深くてシャープなのでパネルラインのスミ入れもパスしました。でも細くて深くてシャープすぎるとコンパウンドの掻きだしに苦労します。

懸案のガラスはシンナー風呂に入れてやり直し
そして根負け妥協。
CIMG6376
濃度こそ前回よりマシになりましたが、今度はやけに黄色くなりました(笑)。

前回はクリアグリーン+クリアブルーを同量のクリアで割ってやけに青く濃くなったので、今回はクリアグリーン+クリアイエローを4〜5倍のクリアで割りました。加えて顔料クリア(新クレオス=平蓋)より染料クリア(旧クレオス=凸蓋)のほうがこうした使い方には向いていると聞いたので、新たに旧クリアグリーンを調達して使っています。
そんなわけで前回と今回で変数が多すぎて(色の調合とクリアで割る倍率と塗料の種類)、もうなにがイイんだ悪いんだか自分でもわかりません。とりあえず次やるときはクリアブルーを足して、もうちょいクリア倍率も増やします。そうすればもう少し青くてもうちょい薄くなるはず、という備忘録であります。

裏はこんな感じ。
CIMG6377
こちら様を参考にさせていただきました。

とりあえずひと山越えた感じです。

もはや一刻も早くこいつを仕上げて次に行きたい!ってのが正直なところです(笑)

フジミ/プリウス(6)

ぼちぼちと、研ぎ出し。

CIMG6333
今回は2000番→バフレックス→フィニッシャーズコンパウンド3種→Mr.コンパウンド極細でやってみました。フィニッシャーズ3種はタミヤ3種より粗い感じ、Mr.コンパウンド極細はハセガワセラミックコンパウンドよりイイ感じです。いずれにせよ今回は淡い色だし濁ってるしでラクできました。アラが目立ちません。

そして懸案のコイツは
CIMG6321
いったんシンナーで落として塗装にチャレンジ。

後半部はガイアのクリアーブラック。これはまあいいでしょう。
CIMG6337
前半部はクレオスのクリアグリーン+クリアブルーを同量のクリアで割ったもの。

ヤな予感。。。



CIMG6338
案の定ブリキのおもちゃみたいになりました。

やり直しダナ。

なかなか出来上がらんな〜

フジミ/プリウス(5)

ご無沙汰しております。
ツイッターを始めたらブログの更新にまで手が回らなくなりました。

なんちってウソ^^;

ツイッターもやってません。
僕もつぶやいてみたいなぁと
なんとなぁく思っているだけです。


さて


久々に
CIMG6318
箱を開けてみました。



なんじゃこりゃ〜その1
CIMG6320
やけにグリーンなインテリア。

薄いグレーだったかアイボリーだったかを超艶消しにしてガイアの原色グリーンを垂らして垂らしすぎた、そんな記憶が甦りました。静岡ホビーショーより以前の所業です。黒部分のマスキング漏れも哀れ。地が艶消しでザラザラなのでエナメル黒が落ちましぇん。バスタブ内装ってヤだなぁ〜。自分で切り取るほどアクティブではない僕のようなモデラーを、もっと大切にしてほしいゾ。。。


なんじゃこりゃ〜その2
CIMG6321
UVカットガラスを手抜き再現しようとフチをクリアのブルーグリーンで筆塗り・・・という痛い記憶。むろん効果はほとんど感じられず、そればかりかボディのフチから丸見えというテイタラク。やっぱ全面吹いて研ぎ出さなきゃイカンか。。。ハセガワの「UVカットガラスフィニッシュ」とかあったらいいのに(笑)

・・・とまぁ他力本願ばかりでは何も進まないので
CIMG6322
とりあえずクリアの研ぎ出し。淡い色なので1500番はパスして2000番だけでサラッとやっておきました。

それでは皆様ごきげんよう。

フジミ プリウス(4)

デカールを貼ってクリアコートしました。

CIMG5704
ガイアEXクリアの3倍を、デカール保護の砂吹き2回&本吹き3回です。いつもよりザラメチックな塗り上がりは、やはり実車用塗料だからでしょうか? 研ぎ出しに難儀しそうですが、淡い色なのでさほど攻めないつもりです。

CIMG5706
ナンバープレート右脇にあったエンブレム台座は、実車にはないようなので事前に削り取りました。ナンバーの右脇にそれがあるのは先代のプリウスです。まさかフジミってば・・・

それから、バンパーにコーナーセンサー風の丸モールドが3つありますが、これも実車にはないようなので事前に埋め・・・忘れました。まあいいや。

なにはともあれ、これにてプリウスはクリア乾燥期間に入ります。

静岡に向けて、そろそろACコブラの研ぎ出しをしなくては。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ