ブログネタ
お宮参り に参加中!
お宮参りの初穂料 について、お役立ち情報をご紹介します。

神社にお参りする場合、お祓いを受けて祝詞(のりと)をあげてもらう場合は、事前に社務所に連絡をして、時間、持ち物などを確認しておきましょう。神社によっては祈祷料の料金が決まっているところもあります。

お宮参りは必ずお祓いを受けて祝詞をあげてもらわなければいけない、ということはありません。神社にお参りしてお賽銭(おさいせん)だけですませても問題はありません。

お祓いを受ける場合は、白い封筒または祝儀袋(紅白、蝶結び、のしなし)を用意して、上段に「御玉串料」「御初穂料」、下段に赤ちゃんの名前を表書きして、「お礼」として、神社に渡します。金額の目安は3千円から1万円。5千円が相場です。

全国には、お宮参りで人気の神社もあります。水天宮・明治神宮・熱田神宮・寒川神社・中山寺・鶴岡八幡宮・大阪天満宮・北海道神社・湊川神社・大國魂神社・住吉神社・西新井大師・大宮 氷川神社・亀戸天神…。

ただ、赤ちゃんやお母さんの体調を考えますと、あえて遠方に足を運ばなくても、お宮参り本来の趣旨からしますと、地元の氏神様にお参りするのが最善です。

お宮参りの初穂料・玉串料などについて分かりやすく解説されているサイトがありますので、ご紹介します。参考にしてください。

お宮参り 初穂料 金額の目安


お宮参りに関する情報を探す場合は、インターネットを使うと便利です。「お宮参り 初穂料」などと検索すると、お探しのホームページが、すぐに見つかります。

「費用」「料金」「相場」「神社」「マナー」「お札」「作法」「お祝い金」「お金」「お礼」「持ち物」「金額」「紐銭」「お守り」「表書き」「書き方」「名前」などのキーワードを使うと、さらに絞り込めます。


お宮参り 服装 衣装レンタル