旨安ワイン飲み探し

お酒の知識はほぼ素人の薄給リーマンが、極力安くておいしいワインを探し歩き、飲んだワインのテイスティングコメント等を備忘録として掲載していきます。 スーパーやネットで見つけた約500円からのワインを飲んでいきたいです。

モンテス クラシック・シリーズ シャルドネ 2017

ワインはどうしても赤ワインを飲む機会が多くなりますが、時には白ワインを飲みたいですよね。
ですが、白は白でも力のある白を飲みたい。
そんな時におすすめ、コクある白ワインが生まれるチリの白です。


~以下テイスティングコメント

「モンテス クラシック・シリーズ シャルドネ 2017」

【産地】
チリ セントラルヴァレー

【品種】
シャルドネ

【価格】
約1500円

【外観】
明るいレモンイエロー。深みがあり、液面は輝いていて若さを感じる。

【香り】
レモン、グレープフルーツといった果実を皮ごと搾ったような苦味も含む香りをまず感じた。しかし、すぐにココナッツ、バナナのようなやや南の果実、見方を変えれば動物的とも言える甘ささに支配され、キャラクターが逆転。何が起きた?奥にハーブも感じる。

【味】
アタックはやや強め。まず、まろやかで、かつ旨みを感じるコクのある風味が前面に出る。それこそ、ココナッツジュースのようなトロピカルな印象。酸は程よくやさしめに主張する。トロピカルで豊潤な味わいのワイン。

【他印象】
チリやカリフォルニアのシャルドネには、何となくムスクというか、甘い動物香が出るなあ、なんて思ってたけど、もしかしてそれってココナッツだった?いずれにせよ、温暖な香りと味わいがあり、地域の特性が出ているワインだと思う。言ってしまえば、欧州の冷涼なものとは違い、香り厚くコクがある。キャラが立っている。

【適性温度】
11~13度

【評価(10点満点)】
6.5

~以上 




これはまさにチリのシャルドネ。おいしいです。
チリをはじめニューワールド系の白ワインは、明るい色の南国の果実を思わせる香りがします。
パパイヤ、マンゴー、ココナッツといった香りがそうですが、今回のはそれこそやや野生的なココナッツの香りがよく立っていました。

コメントを見ると、最初こそシトラス系の果実香が出ていたものの、すぐトロピカル&アニマルな香りが出てきてキャラクターが一変したとあり、飲んだ時の私も若干混乱していますね笑
それだけ、香りの開きも良いワインだったのでしょう。

総評として、トロピカルな風味がボリューム感を伴って出てきているワインとして、チリらしい良いワインでした。

合わせる料理は、鶏肉にココナッツミルクとトマトを合わせて煮た料理等、少し香辛料も加えたようなエスニックな料理が合うと思います。


フロンテラ カベルネ・ソーヴィニョン 2017

500円台ワインの大定番。
フロンテラのカベルネ・ソーヴィニョン。
いくらか前にテイスティングしましたが、もう一回同じの飲んで、同じ印象になるか試してみました。


~以下テイスティングコメント

「フロンテラ カベルネ・ソーヴィニョン 2017」

【産地】
チリ

【品種】
カベルネ・ソーヴィニョン

【価格】
約500~600円

【外観】
やや濃く、縁に明るさを残すガーネット。深く、落ち着いていて、濃縮感がある。涙はとてもゆっくり伸びる。まだ若いが良く熟している印象。

【香り】
カシス、ブラックベリー。奥にプラム。酸を強く主張する赤や黒の果実がよく立つ。
加えて、リコリスといったスパイスに、血肉、鉄の香りが印象的。このあたりはチリワインらしい。

【味】
ボディは中~強。豊かな酸がまず果実の風味を強く出し、すぐ後になめらかなタンニンが舌と口の中を覆う。酸が強く、若々しいフルーツ感があるが、同時にスパイスの主張もフィニッシュまでどんどん強まる。
後味ではやや固さや粗さがあるが、チリワインらしい力強く、それでいて手軽なワイン。

【他印象】
どこでも見かける定番のワインだけあって、いかにもな無難さ。粗さはあるもののしっかりカベルネ・ソーヴィニョンを味わえる、まさしくデイリーワインの定番。前飲んだ時より好印象だった。なぜ?

【適性温度】
15~18度

【評価(10点満点)】
5.5

~以上 



どこのスーパーに行っても必ず置いてあるフロンテラさん。
チリワインの普及に一役買っているこの一ブランド、ワインを手軽に楽しむなら、一度は飲むワインですよね。

で、フロンテラのカベルネ。
いくらか前にテイスティングコメントを残しましたが、今回、同じワインを飲んでまた同じコメントになるか試してみました。

結果ですが、今回の方が好印象。
なんで?
ヴィンテージの違い?そんなに変わるものですかね?

こういったワインに慣れてきたんでしょうかね。
慣れてくると、それまで苦手だったものが好物になったりしますし。

それとも、単純に美味しくなったのか。

今回のフロンテラ、カベルネ・ソーヴィニョンはしっかりとした酸が特徴。酸がしっかりあるのはワインにとって悪いことではありません。
タンニンがやや薄く粗い印象でしたが、手軽に楽しめる点で、デイリーワインにはもってこいのワインですね。

フロンテラは色々な品種を扱っているので、料理によって色々楽しみたいですね。


サンライズ シャルドネ 2017

ほぼ必ずスーパーに置いてある旨安チリワインの定番、サンライズより。
今回は白の王道、シャルドネを飲んでみました。

~以下テイスティングコメント

「サンライズ シャルドネ 2017」

【産地】
チリ

【品種】
シャルドネ

【価格】
約900円

【外観】
グリーンがかった淡いレモンイエロー。澄んでいて、輝きがある。程よく熟し、若々しく軽快な印象。

【香り】
オレンジをはじめとしたやや色付いたシトラス。マンゴーやパイナップルも感じ取れる。一方で、ハーブのほか、石灰や火打石の爽やかなミネラル香もある。空気に触れると蜂蜜も。全体的に香り方はシンプル。

【味】
アタックはやや強め。まずミネラル感や苦味による豊かなコクを感じる。やや甘味を感じるまろやかな風味に、爽やかな酸。ややオレンジを思わせる風味だが甘過ぎず、強いコクと共に舌の奥に残る。バランスは概ね良い。

【他印象】
サンライズは、以前カベルネソーヴィニヨンのを飲んだ時も思ったけど、なかなかおいしいワインをつくるなあ、と思う。このシャルドネも、少し温暖な果実の厚みを感じる一方、ミネラル感があり白ワインの魅力が詰まっている。味わいのバランスも悪くない。ただ、香りがシンプルでキャラクターがつかみにくく、また風味がややが細め。もう少し香りにボリューム感があって複雑だったら好みだった。

【適性温度】
11~14度

【評価(10点満点)】
6

~以上 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:909円(税込、送料別) (2019/7/7時点)


サンライズは安定したおいしさがありますね。
今回のシャルドネも無難においしい、手頃な一本だと思います。

チリのシャルドネらしく、シンプルながらしっかりした風味でしたね。

注ぎたてはシトラス系であったり、ミネラルの香りがしますが、少し温度が変わればチリワインらしくマンゴー等の温暖な果実の香りも顔を見せます。
味については、豊かなコク、これが印象深いですね。その分、やや甘味、酸味が押され気味でしたが。

合わせる料理はクリームソースのパスタ。鶏肉とハーブを使ったような料理など、定番の合わせ方で充分かと思います。


にほんブログ村 ワイン
記事検索
楽天市場
にほんブログ村
はてなブックマーク
楽天市場
ブログランキング
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC