長野の名ワイナリーのワインが手に入ったので、感想を残しました。

案外見かけない、城戸ワイナリーさんの赤ワインです。

~以下テイスティングコメント

「Kidoワイナリー オータムカラーズ ルージュ 2020」
 
【産地】
長野

【品種】
メルロ主体、マスカットベーリーA、他

【価格】
約2,600円

【外観】
淵に明るさのある、中程度のガーネット。
澄んでいて、輝きがある。
粘性は中程度。
若々しいが、葡萄は成熟している。

【香り】
チャーミングな香り立ち。
イチゴ、サワーチェリー、ラズベリー、ブルーベリーといった赤黒い、やや酸のある果実の香りがしっかりと、フルーティに香る。ややキャンディやグレープっぽさも。
すみれの、やや甘さある花の香り。
同時にスイートスパイスの香りは豊富で、シナモンやリコリス、そしてヴァニラが香ばしさ、上品さを加えている。
グラスを回すとよりシナモンやチョコレートっぽい甘香ばしさが立ってきて、早く飲みたくなる。
第一アロマ主体でフルーティだが、同時に樽の香ばしさもある。

【味わい】
アタックは中程度。
ブドウのまろやかな甘さが、やや若さを感じるなめらかな酸と共に、上品な甘酸っぱさを感じさせる。
タンニンは溶け込んでおり、とてもスムース。
ほんのりとスイートスパイスらしい香りの印象を引き継いだ香ばしさを感じ、余韻を残す。
上質さとカジュアルさの丁度いい頃合い。流れるような味わいのワイン。

【他印象】
フルーティさや、味わいの軽やかさ、若さからカジュアルな楽しみ方が合いそうでありながら、香りにも味わいにも、樽やブドウの成熟による上質さも感じられる。美味しいワイン。
フルーティさとスイートスパイスの甘香ばしさによる誘惑で、早く飲みたいという気持ちにさせるワイン。

【適性温度】
14~16度

【アルコール】
13.5%?

【評価(10点満点)】
7.5

~以上 

DSC_3401


長野の有名な城戸Kidoワイナリー(城戸ワイナリー)から、オータムカラーズという、秋の色合いをあしらったラベルのボトルです。

ワイナリー自体は有名ではあるのですが、なかなか売ってるのは見かけず。
たまたま近場の酒屋に売ってるのを見かけたので、おや、と思い買いました。

Kidoワイナリーは、かの「ウスケボーイズ」の一員である城戸氏が塩尻、桔梗ヶ原に設立したワイナリー。
某ウィキによると、畑の広さは1.2haとかなり小規模。
当社のホームページを見ても、手作り感があり見ててほっこりします。
ですが、その畑から生み出されるブドウによるワインは高品質であり、根強いファンも多いそう。

で、今回のワイン、おいしいです。

メルロ主体で、マスカットベーリーAのブレンド。
イメージ的には、メルシャンの藍茜がかなり近い感じです。
(そう考えると、メルシャンの藍茜っておいしいですね笑)

メルロ主体のなめらかなかつ上質な風味と、MBAのフルーティさがベストマッチ。

改めて思いましたが、MBAは単体より、ブレンド品種にした方が活きそうですね。


今風な親しみやすい味わいながら、ほんのりとした樽の香ばしさと、メルロによるワインらしさにより、とても良いバランスの日本ワインらしいボトルになっています。

これぞ日本ワインですね。
美味しかったです。


にほんブログ村 ワイン