2007年07月27日

誰もいなくなった路地で

3a1d1127.jpgギンギンギラギラの夏なんですか?夏なんですよ。

風通しの悪くなった書店の扉は開け放し。いくらかの夜風を待ち受けるが。無風状態の熱帯夜、寄ってくるのは街灯にたかる虫だけだ。
過去に浸ろうと木戸をくぐった黒い人が物言わず書棚を眺めているが、気づくといつの間にかいなくなっている。
夏の夜にはビートルズが似合う。リボルバーに針を落としたりする。


やっぱりクーラーがない蒸し暑い場所で書いたりしてます。
「コンクリート交響楽団」
http://blog.livedoor.jp/tokidoki_tabun/
http://blog.m.livedoor.jp/tokidoki_tabun/index.cgi?sso=a01a5a8deedd79e85c3e3b86e62e4479c1c7e737

無機質なコンクリートみたいに、電気信号のエレクトリックギターみたいにいきたいけれども、結局湿気と汗でじめじめ。たくさんごめんなさい。


昼間からやることなくて風街ろまん聴いてあらためて狂喜したり、三村京子が、天気がいいのよ!と叫んだりして。夜には下北沢できっとパラダイスのライブがあって、今日出るCDになんかが載るかもしれなくて、今日の扇風機が送る風は結局熱風で、そんな扇風機がすごい愛しくなったり。お金が全然無かったり、有名無実の不安だったり、ビートルズ流して右側のスピーカーだけを聴いてみたり、ベースを弾いて指が痛くなったり、夜の湯の浜海岸に行ってみたくなったり、いつのまにか夏だったり。


風通しとある程度の適当さを忘れてはいけないなーと。

誰も僕の世界を変えることができないなんてことなくて、日々変わりまくりの僕の世界。


ということ。さて金がない、風呂はいろう、洗濯物をたたもう、雪駄で出かけよう。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/omoide_maigo/50994643
この記事へのコメント
できればブログひとつにまとめてください笑
Posted by あ at 2007年07月28日 01:19
黄昏街灯書店



僕をここに残したまま

あなたはどこへ行ってしまったの?
Posted by 人 at 2007年09月07日 13:35
ブログを一つにまとめるには金がいるらしい。
Posted by ゆうすけ at 2008年02月15日 03:23
黄昏街灯書店ね、黄昏が気恥ずかしくなって逃げてみて、コンクリートとか言ってつとめて無機質に書き連ねようとはじめたものの、湿気じめじめ、恥を受け入れずにたちまち立ち行かなくなり、どうにもこうにもかなわなくなりました。というか、こんなコメントを書くような人がこの場にいたんだと考えると自分で勝手に自意識過剰で始めた場所ながら驚きます。勝手に頼まれてもいないのに書いてる時点で十分な自意識過剰なのにまたあらためて勝手にかっこつけてみたりして。
場所が持つ意味は思いのほか大きいみたいで。コメント返してみます。
Posted by ゆうすけ at 2008年02月15日 03:29