急がば回れ~人生は逆転ホームラン?~(旧:傍想半島)

オモイツムギと発達障害、そして日々思うことを言葉に紡いでいきたいと思います。 2010年2月6日スタートです☆よろしくお願いします。

ヘルス&ビューティーに戻ってきました(笑)。 これからもよろしくお願いします! 2011/12/22 オモイツムギ

戦ってばかりだった。
もがいてばかりだった。
前が見えなくて、また言いようのない不安に駆られて。

頼るつもりが依存だったことも。
そしてそれで周りを遠ざけた。
自分で原因を分析できていない。
後悔だらけ。
でも、もう戻ってこない。

いつしか平気なふりして、強がって、やせ我慢でも笑ってることで、人が今までほど遠いと思わないようになった。
この距離を保ってれば、そして近付かないことが、私の距離感なんだと思い込むことも。

深入りしないこと。
そんな資格はないから、と言い聞かせた。

そしたら、恋愛を忘れた。
そもそもなかったのかもだけど。(笑)

残念というより、惨めな10年間だった。
自業自得でもある。

私は明らかにレールを外れた。
それに気付いたのがリストラ後。
そして戻ることを望まなくなった。

欲、といって良いか分からないけど、欲がなくなった。
でも深い部分で欲はある。
矛盾に苦しんだのだった。

幸せって何?とか、多数派から逸れたことへの恐れ。
そして天災、家族の変化。
オブザーバーが精一杯。

来週、新たな10年の入り口に立つ。
今、思いっきりメソメソグチグチして、ちょっとでもさっぱりと未来と向き合いたい。

色々思うところはあったけど、ほっと出来る場所。

女子が居なさすぎてビックリだったり!
男子は久々に白熱の接戦でエキサイティングだった!

熱中症一歩手前まで行ったりしても、嫌な顔一つせず駆けつけてくれる友達。
本当にありがとう。

おもしろくて優しい先輩達。
かわいいベビー&キッズ達。
明るくて愉快な後輩達。

遠目、傍目に見えたとしても、見ていられることが幸せ。

やっぱり私はここが好きなんだなぁって思う。

バスケ部の濃密さが、今の私を作ったエッセンスであったのは間違いなくて。
小難しいことは抜きにして、楽しむことが出来る環境があること。

10年かけて、少しずつ。
居場所の一つになってくれた。
苦しんだし嫌な気持ちもあったけど、それでも頑張れたんだ。

自信にしてもいいのかも。

幸せなんだなとか思ってみたり。

後輩という新しい世代達が頑張ってくれているお陰で、今夏もこの場所に戻って来られました。

ありがとうを皆様へ。



PS
Aさん、総会委任の件、快諾ありがとうございました。
何だか色々頭が上がりません

何かまた書きたい。
ええ、新しいブログか何か。
そのようなものをね。

キーワードはやっぱり…

発達障害
障害者雇用
特例子会社
非正規雇用
社労士?!

あたり。
発達障害の中に日常を織り交ぜてみたいかな。

これは性格か特性か?
知ってるようで知らない発達障害のこと!

とか。

過集中になるとどうなる?
過眠気味になるのはなんで?
感覚過敏て何?

とかも。
思いつき随時更新で。
あ、事例は基本私自身なので、一例みたいになるかなぁ。

しかし、これにニーズがあるかは果てしなく疑問(笑)。

極端な願望があるわけじゃなくて。
でもどうしたらいいか分からない。
距離の正しい取り方が分からないから、ここでポツポツと。

誰にはなして良くて、誰にはなしちゃいけないとか考え始めたら、誰にもうちあけないのがいいと思った。
少なくとも口頭では。

気持ちが揺らいでることは気付いてた。どうしたらいいかなんてもう考えても、悩んでも仕方ないことも。

逃げたいだけなんだと気付いてはいる。
ただ逃げるっていうことが必要でも逃げることを自分で責めて、余計不安になるだけ、とも。

環境変えたらどうなるかなと思うこともあるけど、それが何を生み出すかと言われたら何もなくて。
逃げるのは卑怯だからやりたくないとかいう、妙な正論とのジレンマになってるのかも。

思ってること吐き出すのは必要と分かっていても、吐き出して良い相手がいるのかどうか。
誰が決めるんだろうね、その基準。

何故か知らないけど今は少し楽。
すぐまた溜まるんだとは思うんだけど。

言葉が出ないくらい。
言葉だけじゃ説明出来ないくらい。
感情とか色々振り切ってしまった。

残ったのは無機質な音、視覚、においくらいなもので。
どうでもよくないけど、どうでもいいみたいな感覚になって。
人間らしさみたいな何かがポトポト落ちて行ってる、みたいな。

気力も体力もなくなって。
消耗してるってことくらいは分かる。
でも、分からんふりくらいはし続けてたのかも。

今、またどん詰まり?
分かんない。

ポツポツ書いたらちょっと落ち着いて来たかも。

このページのトップヘ