2009年02月28日

信じることと悩むこと

すべてを委ねて信じること、

それは、確かに強い、そして安心だ。

悩まないからね。

上司とか、先輩とか、会社とか、

世間とか、一般的にとか、

そんなものをひたすら信じること。

委ねること。

 

それは、確かに一面では、

迷いがなく

強いだろう。

 

馬鹿みたいに

ひとりイジイジすることもなく、

大きな心ですっきり生きることができるだろう。

 

でもね、

僕は思うんだ。

 

誰かを

何かを

何の思考もなく、信じてしまうのは、

そのひと自身じゃなくなっちゃうんじゃないかなぁって。

 

上司が言うんだから、

先輩の言うことだから、

会社のルールだから、

仲間が言うから、

 

どれでもいいけど、

意見を誰かに委ねるのは楽だ。

そして時には強い。

 

でも、それでも僕は悩みたい。

 

ひとり自分のこころと対話し、

答えを探し、

悩み抜くときがあった方がいい。

 

それは辛い。

それはきついときもある。

 

宇宙と同じくらい、

自分のこころは広くて、

どこまでいってもはてもなければ、

答えもない。

 

震える心で、

心の奥の奥の奥まで手をのばすけど、

なかなかすっきりした答えなんてない。

 

これでいいのか?

これで正しいのか?

 

いつもいつも悩んでいる自分がいる。

 

でも、

僕はそれでいいと思っているんだ。

 

馬鹿みたいに、

何年も、何十年も、

悩み続けた自分がいる。

 

それを僕は財産だと思っている。

 

何、答えのないこと考えてんの?

無駄だよ。

 

ひとはきっとそう言うだろう。

 

僕は無駄ではないと思っているんだ。

 

ひとり悩む夜も、

孤独を感じて、ベッドで泣き続けるような夜も、

絶対に無駄じゃない。

それは、

僕らを大きくしてくれている。

 

何も悩まず、

誰かに答えを求めるだけのひとが、

感じることのない、

自分のこころという無限の宇宙を感じ取れること、

それは、

何よりも素晴らしい経験だし、

何よりもその人自体を大きくしてくれると思うんだ。

 

だから、

そんな経験をしたひとは、

ひとの悩みがわかる。

そんなおもいをしたひとだから、

誰かの力になれるんだ。

 

大丈夫。

悩み続ける自分を誇りに思おうよ。

 

悩み続ける先に、

本当の自分がいる。

そう信じて、

自分の頭で考えよう。

自分のこころで感じよう。

 

大丈夫。

絶対大丈夫。



omora at 14:09コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
本の案内
このブログが冊子になりました。

1晩で1000オーダ受けた本
<日々是感動 第1巻、第2巻>
勇気ある一歩を
踏み出したくなる本



希望する方は、
氏名・住所・電話番号
第1巻、第2巻それぞれの希望冊数
をご記入の上
amie@rose.ocn.ne.jp
までお願いします。

700円/冊
(送料着払い・10冊以上は送料無料)
Profile

ふじたなおゆき

Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ