最後に勝つために今どうするか。
「フェスなんて嫌いです。人多いし暑いし地獄です。絶対でたくないです。わざわざ炎天下で私の弾き語りきいて感動したい人なんてどこにいるんすか、踊れねーし。渋さ知らずとかでいいじゃないすか。つーかなんでそこまでして私をフェスに出させたいんですか?」と会社の人に聞いたのが春頃。回答は「宣伝になるから出て欲しい、でもそこまで嫌なら無理しなくてもいい」でした。


☆ARABAKI
私のアルバム絶対少女のプロデュースをしてくれている直枝さんのバンドカーネーションとのコラボで今年最初に出たフェスARABAKIは、キャンプ券を持っている人しか見られないステージで、バンドセットでの出演なのに、夜だから出演時間の後半はドラムの音を出さないでくれ、と出演決定後に主催側に言われた。圧倒的にガラガラな客席をみて、完全に表情が曇っていたメンバーに「今日は楽しみましょう!」と言ってチャリで客席に飛び出したら神輿のようにお客さんが担いでくれたことも話題づくりだと叩かれた。でもみんながリフトしてくれているチャリの上からみるカーネーションのライブは涙がでるほど美しくて、立ちこぎしながら頭を振り乱した。ジェイソンという曲でお客さんみんなに美顔パックを配ると、みんなつけてくれてジェイソンだらけになった。宮城県のフェス、宮城県でやるべきこと。復興を忘れることと忘れないこと、女川の高政さんをゲストに呼んで、ミッドナイト清純異性交遊を歌いながら蒲鉾を配った。お客さんは花火をみる子供みたいにキラキラした顔で、私もとても楽しかったと同時に、こんなに美しい景色を、こんなに素晴らしいカーネーションの演奏を、見にこさせるための大森靖子のネームバリューの無さに絶望した。話題になっているなんてほんの一握りの世界の中の出来事だ。足りなすぎる。



追い詰められていた時期に、「私もう無人島で絵描いて暮らしたいです。直枝さんは音楽嫌になったときって何しますか?」ときくと「うーん、レコードかなあ」と言われた。「直枝さん、結局音楽じゃないですかー。」直枝さんは私に音楽をくれる、だから音楽以外は私が直枝さんにあげたいと思った。


☆JOIN ALIVE
2014-07-19-11-42-16

完全に体調を壊して当日声がでるかビクビクしながらの北海道。死からの復活をテーマにしたダンス
2014-07-19-15-00-21

人気のバンド、客層が似ているバンドとのW時間かぶりでこれまた客数はさみしい感じだったが、徐々に増えた。正直私はお客さんが少ないのなんかまあ完全に慣れているし、普段なら客入りなんてどうでもよくて、来た人全員と対マンはれればそれでいい。でもフェスには前述の通り宣伝のためだけに出演している。こんなクソ暑い田舎の人混みに赤字で来て結果が得られないとまじで困る。
トークでの出演のステージで歌わせてくれと交渉したところ、快諾してくださったので2ステージ目。
2014-07-19-18-11-31

机をステージにして歌うと、どうやら壊れかけていたらしく、大きな男の人が3人でずっと台を支えていてくださった。
2014-07-19-18-14-47




☆夏の魔物
毎日一番高価なユンケルを飲んでも体調回復せず。
2014-07-21-17-37-48

でもアプガみるために気合の早朝出発。
どうしても一番良いライブをしなければならない理由があるから猛りまくって、普段全く緊張しないのに、山の上でコカコーラの旗を持って出番を待ちながらずっと武者震いをしていた。ネットで散々炎上し、色々言われたけど一番ムカついたのは、無職ツイ廃無銭豚あとまくぶろぐtakamiに「サブカルクソブスはアイドルに二度と関わるな」と言われたこと、会った時はヘコヘコしてたくせに!つーかお前が言うな無!銭!豚!



意図なんて戦う理由なんておまえらなんかに教えてたまるかって思ったけど、あまりにも音楽から逃げてるような解釈かましてくる短絡的な馬鹿ばっかでそれもむかついてきた。
まず私が破天荒と言われるようなとこをやっているのはフェスだけだし、1曲目のミッドナイト清純異性交遊という3分強の曲のみで、言わば出囃子でかっこよく登場したいだけだし、残りの持ち時間の数十分はきっちり弾き語りやってるの知らないでしょ、君たちの大好きなインターネットにはかいてないですからね。歌詞もそうだけど言葉を与えるのが私の仕事なんで、感動を言葉にしやすいアクションを提示することと、後に勝つために躊躇うことはないし、普段のライブにきてもらうためならなんだってする全然。
2014-07-29-10-26-37

2014-07-29-10-26-33

2014-07-22-11-42-43

2014-07-21-21-46-44






☆フジロック
新潟の美味しいお米が食べたかったので道中のヤマダ電機で炊飯器を購入。
2014-07-25-12-13-51

2014-07-25-16-45-27

ファンに三日通し券をプレゼントしてもらったというコショージをのせて車で苗場へ。コショがいるのでずっと気分がよかった。
2014-07-25-11-32-49

フジロックでチェキ会やってコショに引っ越し資金の足しをあげたいと思ったので、ちょっと出演してもらった。
2014-07-25-20-53-36

2014-07-26-17-39-44

2014-07-25-18-43-43

アイドルなのにフジロックでれてよかったね。愛すべきポンコツ。
折角なので炊飯器で炊いたお米もフジロッカー?達に配給、美味しいといって貰えることはやはり嬉しいですね!
2014-07-25-21-04-23

2014-07-25-21-46-08

2014-07-25-20-38-59

歌えば歌うほど足をとめてくれて人が増えていった、夏の魔物のときと同じでライブ中に日が暮れて美しかった。音楽が好きな人が集まってちゃんときいてくれているのが伝わってきたので、こっちからもけっこう奥のほうまでいく演奏ができたとおもいます。

2014-07-26-17-42-11





☆TIF
ミスiDのステージのために一曲、「イミテーションガール」という曲を提供。アレンジは道重さゆみちゃんソロ曲も数多く手掛ける大久保薫さんにお願いした。
image

2014-08-04-14-20-33

image

みんなで歌って踊れてたのしかった!
私のフェスでのライブはまじで芸人とか飛び道具だと思われてきたので実験。
私を選んでみにきてくれた客層のエンジョイステージではMC無しトピック無しできっちりライブをやって、2ステージ目の誰でも無料でみられるマイナビステージでは競泳水着、曲中にガチャガチャをしにいく、フジテレビ前で「脱法ハーブ握手会風営法放射能」という歌詞のある曲を歌うなど、トピックをつくることを重視したライブをした。1ステージ目の感想は「泣いた、感動した、すごかった、やばかった」2ステージ目は「大森靖子スク水、大森靖子スピード社の水着だからってスピードのカバーをやたら上手いモノマネで披露」とやはり2ステージ目の方がどんどん拡散された。私は目に付く言葉を与える。みんなの語彙力のなさは優しさと正しさのせいだ、私にはそれが欠如している、だから言葉を持っている。

2014-08-03-15-01-15


そんなにライブに来ない古参ぶりっこに「おおもりさんは芸人みたいになってまで何と戦っているの」とインターネット上でいわれた

私は2014年の夏と戦っている。
9/18誕生日、メジャーデビューシングル「きゅるきゅる」発売
この日に
勝って27歳になるために。


2014-08-05-09-59-44

image

たださすがに水着なんて友達と海行っても着たくないしほんと恥ずかしいのに、全然つらくなかったからこの夏はちょっとやっぱりおかしい。