3つの代表的な精神療法をご紹介していきます。

■認知療法

不安や恐怖が起こるメカニズムを勉強し、自らの不安や恐怖を引き起こす誤った認知パターンを修正できるようにする療法です。周囲の人の目や自分の能力を再認識し、不安や恐怖が発生した状況の認知を改めます。同時に呼吸法や上手な話し方、不安状況への対処法なども併せて学習していくことが特徴。単独で行われることはほとんどなく、薬物療法や行動療法と併用して行われることが大半です。

■行動療法

不安や恐怖が生まれる状況に敢えて飛び込む治療法です。ただ唐突に身を投じるのではなく、段階的な目標に沿って徐々に身を慣らし症状を改善していきます。

■森田療法

不安や恐怖は自然な感情であり、よりよく生きたいという欲望と表裏一体のものと理解する療法です。不安や恐怖を無理に排除しようとせずに「あるがまま」に生きること、不安の裏にある向上発展欲を生かして建設的な生活を営むことを目指します。この療法により、心が不安や恐怖から解き放たれるのです。入院治療がメインになります。

人前で話すことに慣れてきたらチャレンジしたい+αのこと






私はこれで解消しました。 ⇒ 
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)