僕の比較的近くにある神社の内、最も気がかりなのが富田林市喜志にある「美具久留御魂神社(ミグクルミタマジンジャ)」。主祭神は「大国主命の荒魂」とされている。

この神社の近くに顧客宅もあるし仕入先もあるので、近くをよく通る。
本殿→拝殿→鳥居の向きが、ほぼ東の「二上山」の方向を向いている。そして本殿の背後は「古墳」。

IMG_2420

旧国道R170の桜井交差点近くにある石鳥居。R170(外環状線)と繋がっているので沢山の車が通る。

IMG_2382
手水鉢には沢山の「盃状穴」が見られる。元禄時代の年号が入っている。

IMG_2388
拝殿に向かう階段。掃除も行き届いていて清々しい。

IMG_2391
一段上がった鳥居の脇から拝殿を望む。冷え冷えしているものの、苔の緑が美しい。

IMG_2392
拝殿に掲げられた扁額。「美具久留」とは何を表しているのであろうか。
(美具久留やミグクルでネット検索してみたが、出てくるのは「美具久留御魂神社」ばかり。)

IMG_2406
囲われた本殿周辺。

IMG_2396
右横にある稲荷神社の鳥居群は常緑広葉樹の森の中で良く目立つ。

IMG_2397
本殿の背後の山は古墳で、その頂上部は注連縄で囲われている。

IMG_2398
竹で作られた簡素な鳥居が入り口となっている。ここに初めて登った頃は、このような結界は無かったように記憶している。


IMG_2400
山上部は広場状になっていて「奥神籬(オクツヒモロギ)」と書かれた石碑が立っている。ここにしばらく立っていると、どんよりと曇った寒空ではあったかが、梢を鳴らして気持ちの良い風が吹いた。

IMG_2404
そして、一瞬日が射した。

IMG_2403
真上を見上げると、高く伸びた梢が何となく神秘的。

IMG_2405
古墳についての案内板。本格的な発掘調査はまだされていないのだろうか。古墳であれば誰が埋葬されているのであろうか。

IMG_2407
拝殿の下の鳥居のあたりから東を見ると、真正面に「二上山」。
(春分・秋分に どのあたりから日出があるか一度見に来たことがあるが、真東でもないし山の高みもあるので、雌岳の少し右手から太陽が昇った。)

IMG_2409
角の石柱に注連縄が渡された鳥居。

P1140596
思い浮かべると、「大神神社 (オオミワジンジャ)」の拝殿前にも同じような鳥居があった。(2014年8月11日撮影)

二上山のさらに東には「大神神社」の神体山である「三輪山」があるはず。僕の気がかりはこれだ。

最初に示した桜井の交差点の所にある石鳥居の横に、不思議な石が有る。

IMG_2421
「美具久留御魂神社」の御神輿を乗せる御旅所だという。

IMG_2414
上面は平に加工されていて、「盃状穴」も見られる。 

IMG_2411
まわりの空間といい、一個の石だけど気品があり存在感がある。

IMG_2415
噛ませ石の写真を撮ったら「玉響(オーブ)」のようなものが写った。 

IMG_2417
噛ませ石の配列がなかなか面白い。
それにしてもこのテーブル状の石は、御神輿の御旅所というより、さらに深い意味がありそうに思えて仕方がない。

帰ってから、「地理院地図」を開いて、「美具久留御魂神社」と「三輪山」の位置関係について調べてみた。

美玖久留御魂神社~三輪山
(このままでは見にくいので、地図をクリックして拡大すると見やすくなる。)
予想通り、「美具久留御魂神社」の本殿→拝殿→鳥居→御旅所→二上山の方向は、ドンピシャで「三輪山」を指示している。


「美具久留御魂神社」の主祭神の「大国主命」はいくつもの名前を持つ。 「大穴牟遅神(オオナムジノカミ)」、「大穴持命(オオアナモヂノミコト)」、「大己貴命(オホナムチノミコト)」、「大汝命(オホナムチノミコト)」、「大物主神(オオモノヌシノカミ)」等々。「大物主神」は「大神神社」の祭神。その神体山が「三輪山」であり、三輪山には沢山の磐座がある。

「美具久留御魂神社」と「大神神社」の祭神は、名前が違っても同じ神。

大神神社の由緒では 、大国主神が自らの和魂を大物主神として祀ったとある。(ウイキペディアより)

「美具久留御魂神社」と「三輪山」の位置関係から推量できるのは、「美具久留御魂神社」の大国主命が自らの和魂の宿る「三輪山」を祀り祈っている姿と捉えることが出来るのではなかろうか。

このように考えると、「三輪山」と「美具久留御魂神社」の関係は極めて緊密だといえそうだ。何処にもそのようなことは書いていないが・・・。
ということは、参拝する場合、まず本殿に向かって(西向き)行い、振り返って二上山つまり東に向かって遥拝する必要があるかもしれない。今度参拝する時はそのようにして見よう。

さらに興味深いのは、このライン上に 、太子町「叡福寺」の「聖徳太子廟」が有るということだ。

美具久留御魂神社~聖徳太子廟
「聖徳太子廟」がこのライン上に造られたのは何か意味があるのだろうか。
ドンピシャ故に偶然の一致とも言い難い。またまた謎が謎を呼んでしまった。