昨日2015年4月10日、「イワクラ学会」事務局からメールが届いた。

その文面は僕自身も危惧していたことだった。

西宮市に「越木岩神社」という古社が有る。「甑岩」という大きな磐座が有り、この磐座が社名(字は違うが)でもあり本体。境内には巨石がゴロゴロあり、全て磐座。

越木岩神社の北側は「北山」、その東側は「目神山」、さらにその北側には「甲山」が有る。また、甑岩神社の西側は「六甲山」の東南部の山麓。この辺りには沢山の磐座が有る。
しかし、これらの場所は高級住宅地として開発され、今や住宅とマンションが林立している。山麓なので坂道ばかり。店舗もほとんどなく不便なところと思われるが、なぜか財を成した人達が集まってくる。
元は風光明媚なところであったろうが、今や住宅地としてその風光を楽しめるところはごく限られている。
なぜ財を成した人達が集まってくるのが不思議でならないが、その要因の一つが「磐座」ではないかと思っている。その場の持っているパワーに惹かれてくるのではあるまいか。

しかし、その集まってくる人達が、磐座の持つパワーに何となくでも気付いている人は少ない。購入した敷地内に大きな岩が出てくれば、邪魔物として破壊し、石垣用の石として使ったり、小型のものはそのまま庭石として使ったりしている。
また屋敷内に有る岩の重要性を知り、その岩を大事にしている人もいる。


越木岩神社の隣に女子短大が有り、経営難から売却され、すでに旧校舎が解体され更地になっているのは知っていた。

越木岩神社周辺
Googleマップの衛星写真から取得した、越木岩神社周辺。越木岩神社の東北側が更地になったマンション建築予定地。
中央部とその南側の緑の部分に「磐座」が有るのを僕も確認している。

越木岩神社周辺-3
中央部の緑の部分をさらに拡大してみると、岩らしいものがいくつか見える。

越木岩神社周辺-2
その南側の緑の部分にはかなりはっきりと茶色っぽい岩が見える。
元短期大学の敷地はかなりの高低差が有り、緑の部分は東側が低く西側が高い。

昨年2014年4月13日、越木岩神社に行った折、更地になった旧短大跡地が気になって覗いてみた。

P1120965
黒松が生え分かりにくくはなっているが明らかに岩が有る。

P1120966
このような岩の繋がりも。

P1120968
このようにかなり大きな岩もあるが、一部は削り取られてしまっている。この岩は中央部の緑の中に有るものだったと記憶している。

P1120973
松の木で全体は分かりにくいが纏まって岩が有り、霞んで分かりにくいが、大阪湾が一望できる。この部分は南側の緑の部分だったと思う。
僕はこの岩の纏まりを「磐座」だと感じる。

P1120974
一部破壊されてはいるものの、形の良い岩だと思う。

かつて女子短大が建設されたころは、この岩を重要視して破壊せず、校内の景観としていたのだろう。

P1120975
北山の岩も見える。今は樹木が多い茂ってしまって、多くの岩は隠されてしまっている。この辺りは単なる岩山ではなく、超古代、極めて重要な祭祀場所であったのではないかと思う。今はそのごく一部、「越木岩神社」だけがその名残として祀られている。

祭祀されていたことを証明する文献を見つけるのはかなり難しいのではないかと思う。証明は出来なくとも、重要な岩であることは間違いなかろう。

開発業者にとっては、このような岩はただの邪魔物に過ぎないかもしれない。破壊するのにかなりの費用が必要であっても、マンションの戸数を多くすれば利益が上がるとの算段もしているかもしれない。

しかし間違いなく、パワーの源でもある岩「磐座」を破壊すると、何らかの祟りが有ると思っていたほうが良い。

越木岩神社にもそのような伝承が残っているし、鷲林寺近くの「道路のど真ん中に有る磐座」がそれを物語っている。

大阪城の豊臣石垣」に越木岩神社に伝わる伝承も書いた。(以下それよりのコピー)

西宮市にある越木岩神社の境内に、興味深い案内板がある。

甑岩・案内板

「この神の鎮まる霊石を大坂城築城のために切り出そうと、村人たちの静止の懇願にかかわらず、豊臣秀吉が石工達にめいじて割らせていたところ、今にも割れんとする岩の間より、鶏鳴し、真っ白な煙が立ち昇り、その霊気に石工達は、岩諸共転げ落ち倒れ臥し、いかにしても運び出せなかったと伝えられています。」と、案内板には書かれている。
越木岩神社周辺や、その上部の目神山、北山、芦屋の六麓荘周辺、六甲山系からも、おびただしい量の石が切り出されていたようで、その痕跡を今も見ることができる。

豊臣秀吉の弁護をするわけではないが、越木岩神社境内にある岩を割るように命じたのは、おそらく秀吉ではないだろう。発掘された秀吉時代の石垣を見ると、殆どが自然石。割り石を使ったのは江戸期に入ってから。大名の印が残されているのもそれを物語っている。

目神山の磐座を破壊した事例でも、その家に病人が絶えないとか、逼塞したといううわさが絶えない。

僕は磐座を破壊することによって祟りが有るかどうか判断できない。しかしそのような伝承が各地に残されていること自体、磐座の重要性を示すものと思っている。

破壊すると、元に戻すことは出来ない。この旧短大跡地に残された磐座を、どのように扱うか、開発業者はいろんな意見を聞いて、慎重に対処すべきだろう。

マンションが建つこと自体は避けられないだろうが、この磐座を景観の一部として大事に残し、利用することは難しいことではない。そうすることによってマンションの付加価値を高めることも出来るのではないかと思う。

Vol-1・・・2015年4月11日
Vol-2・・・2015年4月12日 
Vol-3・・・2015年4月25日 越木岩神社からのメールの内容を削除しました。