御室流華道の四季

世界遺産・仁和寺を家元とする御室流華道の情報ブログです。仁和寺の四季の風景などもお伝えしています。

H29年10月8日(日)に
関東龍華寺教室で、
10月22日(日)には
本庁2階華道教室において
本庁特別講座創作花コース
(第3回)が開催されました。
講師は、畑清月副華務長。

10月22日(日)は
大型台風が接近していたため、
午前中で講義、実習が行われました。
「いける場所を考えて」というテーマで、
受講者がいける場所を
イメージしてひとり2〜3点の
作品をいけられました。

指導風景1稽古風景1指導風景2指導風景3

H29年
10月15日(日)、16日(月)に
本庁2階華道教室、
10月22日(日)には
関東龍華寺教室において
本庁特別講座 初級コース(第5回)が
開催されました。

講師は、
本庁教室が小田美風華務長、
関東教室は安藤副華務長が
担当されました。

午前中は
「筋物の処理をするには 〜エニシダ〜」
と題した講義がありました。

本庁教室では小田華務長が
枝の整理の仕方を実演され、
受講者がまわりを囲んで
熱心に話を聞いていました。

午後の実習は、いつもより早めに開始し、
じっくりと枝の整理を行い、
エニシダの生花をいけました。

講義風景1指導風景1指導風景2稽古風景1稽古風景2稽古風景3

H29年10月8日(日)、9日(月)に
本庁2階華道教室において
本庁特別講座上級コース(第3回)
が開催されました。
講師は甲山芙久甫副華務長。

午前中は「実ものの美しさ」と
題した講義があり、
午後からは、サンザシを
太極にいける実習
が行われました。

20171009_14582820171009_10592820171009_14581520171009_145836

9月24日(日)、本庁2階華道教室において
丹波、三重、和歌山支部合同地区講習会に
今年は京都支部も参加され、
四支部合同地区講習会を開催しました。
また4支部以外からも参加をいただき、
40名強の参加者となりました。

講師は川井宏雄顧問で、
午前10時半より「節句の花」を題目に講義をされ、
昼食の後、午後1時から実習が有りました。

実習は菊を寸筒にいけましたが、
菊に曲がほとんどなく、水際を整え、
揃えることに苦労されていました。

また、花姿と葉の整理にも苦心されていましたが、
教室中に菊の香りが満ち、香りに癒され
皆さん心静かにいけておられました。

DSC_2842DSC_2839DSC_2840DSC_2841

8月27日(日)本庁華道教室にて
創作花の講座第2回目が開催されました。

今回の講師は川井宏雄顧問で、
午前10時30分より
「感動を伝えるには」と題した講義があり
午後からの実習では
ツルウメモドキ、赤色の鶏頭、
黄色と白色の小菊を花材に、
処暑を過ぎた季節感と創意工夫に
溢れた作品作りに取り組みました。

尚、9月10日(日)には横浜龍華寺様を
会場に同講座が開催されます。

DSC_2738DSC_2730DSC_2736

H29年8月20日(日)、21日(月)に
本庁2階華道教室において
本庁特別講座 初級コース講座(第3回)が
開催されました。
講師は甲山芙久甫副華務長。

(関東教室は27日(日)開催、講師は安藤和風副華務長)

午前中は「お盆には 〜槙を二重切に〜」
と題した講義があり、
お盆の風習や、槙についての解説、いけ方に関する
詳しい説明がありました。

午後からは、槙を二重切にいける実習が行われました。

指導風景2稽古風景指導風景1指導風景3

 祇園祭にいける「第三十三回いけばな展」が、
七月十五日から十七日までの三日間、
京都いけばな協会・四条繁栄会商店街振興組合
祇園商店街振興組合主催で開催されました。

 京都いけばな協会に所属する三十三流派が、
祇園祭に賑わう四条通の店先に華を添えました。
御室流は京料理の老舗「田ごと」さんの玄関前を
川井宏雄顧問が夏ハゼを主材に、
祇園祭の花である桧扇や夏の草花を取り合わせた
創作花で飾りました。

P1000376P1000374

H29年6月25日(日)
本庁2階華道教室にて
本庁特別講座創作花コース(第1回)が
開催されました。
講師は小田美風華務長。

午前中は「伝花から創作へ」と題した
講義が行われ、受講者各自が
午後からの実習作品の
イメージをデッサンし、
午後は、デッサンどおりに
いけることを主眼に
実習に取り組みました。

s1s2s3s4

御室流大阪地区講習会が
6月18日(日)、大阪府教育会館
たかつガーデンにて開催されました。

講師は川井宏雄顧問。
「葉をみせる」と題し、
午前中は講義、午後の実習では、
「カキツバタ(二株)」の生花をいけました。

o1o2o3o4