2007年10月16日

上岡凱旋公演

先日、急遽思い立ちコンサートへ。
ノバホール、近場にコンサートホールがあるのは知っていたのですが、たまにHPを覗く時には食指が動く公演が無かったため、初めてのホール。

ドイツで活躍中の指揮者上岡氏と手兵オケの凱旋コンサート。
実はお名前だけは数年前から聞き知っていた指揮者。義兄が「こちらでガンバッテいる日本人がいるけど知らないかな?」と言ったのがきっかけだと思う。義兄としてはプライドもあるだろうから、多くは語ってくれなかったけど・・・時々話題に出ていた指揮者。。
だから、去年のN響の第九には行ってみようかなと思っていたのですが(いつも思うだけで行動に移せないのよネン)。

初めてのドイツオケ、初めての弾き振りと、初めてだらけの体験にちょっとワクワク。。
予習なんて時間は無くて、モーツァルトのピアコンなんて2楽章だけしか聴いた事が無かったけれど。
精力的に弾き&振る姿、目まぐるしい〜〜、座って演奏、立って指揮ですから。でも、ソロとオケを自由自在に操れるってことは自分の思い通りのコンチェルトになるのだろうなぁ〜と、ソロ奏者としては冥利につきる?。
曲としての云々は私にはわからないから、音色の印象だけを。打感はとっても鮮やかで音が明確に響いてくる、でも音色となるとあまり色彩感を感じないかな?
とにかく、まったく眠気におそわれませんでした、それだけでも収穫です

メインの「運命」。いつも私が聴いているのはブロムシュテッド&シュターツカペレ、燻した銅褐色のレンガの重厚な建物ってな感じで好みです(つーか、そればっかり聴いていたから好きになったのかも・苦笑)。新たに予習としてシュミット&ウィーンを、、こちら煌びやかな装飾がされた石造建築ってな感じ。
で、このオケの印象は、どちらでも無く、どちらでもアリといったよーな?重厚なところもあるけど弦(低弦以外)は軽め?
でもそんな事よりもオケの呼吸がピッタリあっているかのような響きが良かった〜。一つ一つをとれば金管の音程が不安定なところもあったりしたけれどあまり気にならないかな。
シェフと手兵の絶妙なハーモニー。我らの音楽をどうぞー!!ってな自分達の音楽への自信と愛情を感じられたからか、聴いている側が愉しく豊かになる気分。もしかしたら、指揮者の音を操縦する指揮姿からそんな気分になったのかも?(笑)、運動量の多い動きまくる指揮者でした(熱心さが感じられて微笑ましい)。
それにちょっと面白い流れ、あの有名な冒頭部分「ジャジャジャジャ〜ン」がおっ!軽い、早いと思ったのは私だけかしら?。そして、曲中のところどころの緩急、強弱が変わっている感じ。前述の印象も加わって、とっても前向きな「運命」ってな印象で、でも素敵な音楽でしたヨン。

アンコール曲が「こうもり」序曲。これが私には良かった〜。実演を聴いたことはNさんのだけですが、私には何となく重く感じたのです。喜歌劇「こうもり」の序曲、それも庶民が大晦日の夜に楽しむオペラの序曲ってな印象。シャンパンというより居酒屋でオチョウシ一本をひっかけた後というような。軽妙すぎる感もあるかもしれないけど、オケもほろ酔い気分、そして聴衆も新年に向けてウキウキ気分、そんな中で聴きたい音楽でした〜〜。。

今週はサントリーでプレトニョフのチャイ4を聴く予定、来月のNさんのチャイ4もあるから聴き比べができたら良いのだけれど〜。



 



onachan at 11:22コメント(4)音楽  

コメント一覧

1. Posted by kazu   2007年10月17日 19:39
このオケの公演は、おとといだったか、読売新聞の夕刊の批評で褒めてありました。
日本では知名度は高くないけれど、こういう堅実な団体があることは、ドイツの奥深さですね。
上岡さんも、地に足が着いた感じがします。
2. Posted by kao   2007年10月18日 14:12
kazuさん、いらっしゃいませ。

たぶん、ヨーロッパにはこうしたオケが主要都市に数多く点在していて、庶民に親しまれているのだと、、クラシックの歴史の差というか、根付いていますよね。
初めて義姉の家に招かれた時に、職業は神父さんなのですが、家族(父・ピアノ、兄・バイオリン、弟・チェロ)の演奏で出迎えてくれました、う〜〜、やっぱり違うなぁ〜と思った私でした(苦笑)。。
ちなみに、義弟は1年間日本に企業留学していて、東芝フィルに在籍。コンマスが二日酔いだったとかets、面白いオケの話をよくしてくれました(笑)。。
3. Posted by トーマ   2007年10月19日 06:06
kaoさんもいらしたのですね、つくばが「近場」なんですか?! 

すみません、コメント欄のアマチュア・オケに反応・・・

義理の弟さんはここでチェロを弾いていらしたのですね。 今年の春、知人にチケットいただいたので聴きに行ったのですが、熱いコンサートでした。 
今まで数度のアマ・オケ体験に外れなく、みんな真剣に取り組む姿勢が気持ちよかったです。 

kaoさんもかつて地元のオケにいらしてましたよね、最近は?
4. Posted by kao   2007年10月19日 11:13
いらっしゃいませ、、トーマさん。。

そうなんです、突撃便乗させていただきました〜。。ノバホールは最寄り駅近くのつくばエキスプレスで20分なのです。ついでに会員申込書もいただいて。。

義弟の企業留学は、もう10年ほど前の話なんですが、、、大きな体でチェロを弾いていたんです(たぶん似合っていたと思います・笑)。今思えば残念なのですが、彼に「聴きに来て〜」と言われなかったのを良いことに未聴になってしまいました。オケって楽器の集まりだけど、やはり人間の集団なんだなぁという話もあって・・・主にお酒がからんだ話ばかりでしたけど(笑)。。
地元アマオケの定期公演はできるだけ聴きたいと思っているのですが、年2回のみで、今年の夏の定期はNさんの大阪とガチンコでした〜。でも、来年は大イベントで第九をやるらしく、これは絶対に聴きにいくつもりですヨン。。


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ティータイムのお客様
Profile
かおさん
旦那様と犬1匹がパートナーのkaoです。趣味は多彩ですが、浅く広くがモットーです。下手の横好きのゴルフ、幼い頃から連れて行かれたパチンコ、雑読で一貫性のない読書(主にマンガ)、クラシック初心者の?な感想。最近は指揮者の西本さんにハマっています。よろしくー!!
  • ライブドアブログ