薄着の季節になってしまいましたYO~! 
まず気になる部位はどこでしょうか?

前回の記事には「お尻」について書きました
ズバリ!言ってしまえば
お尻を制するもの、全身を制する!
身体の背後から創ったほうが前側も美しくなれる
でも、逆からは難しい!のですわ

これは筋肉の取扱説明書どおりに行えばそうなる!
というシンプルな真実です

だから、いくら腹筋運動らしきことをウンウン頑張っても・・
悲しいかな、思い描くような結果にはならないのねん
2516_2
上の画像の腹筋運動はダメよ!
特に出産経験者はNO!NO!
約30年前のワタシは産後におもいっきしやらかしましたが
ホント~はもっともやってはいけない動きでした
(なぜイケナイのかはまた今度書きますね)

それにね
どんなに上の動きを頑張ってもペタンコお腹にはならないのです
苦しいわりに得るものはほぼナイ
というエクササイズなのでやめておきましょう

この記事に書きましたように
只今「夏までのシェイプアップ&ダイエット期間」

ペタンコなお腹を創る方法は実は難しくありません
1にも2にも3,4,5にも姿勢と呼吸です

kubire - コピー - コピー - コピー


寝転がったり、道具やマシンを買ったりする必要なし
          (ンダー・コアとか・・)
ただ立っている時、座っている時、歩いている時・・etc・・
いつでも出来ちゃうのがお腹ペタンコ姿勢よ

レッスンでお話しした通り
ポイントは鳩尾と恥骨の距離でしたね!
そして呼吸でしたね!
呼吸法にはザックリと分ければ腹式と胸式しかありません
(いろんな呼吸法がありますが、結局は横隔膜呼吸と肋間呼吸となるという意味)

これをしっかり理解して使い分けられれば良いだけですよ~♪
そしてアイソレーションできること!

腹式呼吸はリラクゼ~ション&内臓周辺のマッサージ
骨盤内の血流UP!や下腹部内を柔軟にしてくれるし
副交感神経が優位になるのでリラ~ックスできて安眠効果抜群!

胸式呼吸はズバリ「やる気スイッチ!」とでも言いましょうか
ダイナミックかつ筋トレ効果抜群!
格闘技や瞬発力が必要なスポーツ向きの呼吸でもあり
ヨガやピラテスなどのBodyワークも胸式呼吸がメインです

ハイ!
どちらがエライ呼吸だ?
などと言ってるばやいじゃ~あ~りません

さらに今年のお正月ころに出した宿題
あの時に申し上げましたが、とにもかくにも
女性のお腹は柔らかくなければいけません!
硬いお腹は動かないからイロイロと詰まっちゃうし(ウンチとか)
冷たいだろうし、いいことありません
そもそも、かた~いものの形は変えられない~
お腹を薄くしたいなら柔らかくしとかなくっちゃ

具体的な動きを文章化するのは難しいので

ご興味あるかたは体験レッスンしてみてね~