シェイプ&ダイエット期間中のオナゴ! 体操です
≪年間スケジュールはコチラ♪


ワタシ自身のエクササイズ(その①はコチラ♪

その①に書きました通り
ワタシ自身のエクササイズの中で最も重要なコトは歩くことです
もうこれは2足歩行のヒトとして必須ですし
このブログにも何かあるごとに書いていますが
「歩くことは生きること」だと本気で思っております

002


歩けないことは不幸せではないけれど
歩けることは超しあわせ

と真剣に言いたいくらいです
これも機会があれば言っていますが
自分の娘が歩けない身体を持っていても
ワタシ自身が歩けることにしあわせを感じるのです
≪長女(30歳)は電動車いす使用者です≫

だからこそ!
なのかも知れませんね


ダイエット 運動 ウォーキング


さて、歩くこと以外にどんなことをしているのかに進みましょう

まず、朝起きますのがだいたい5時過ぎ
曖昧ですね
なぜかと言うと目覚まし時計の音で起きたくないからです
遅めにセットしておいて、実際には音無しで目覚めるんです

寝室を出ます(我が家のがワタシについてくる)
まずは起き抜けに温かめの白湯を1杯

ボ~っとしたまま行うのはカエルのポーズ」
(一部の会員さまならおわかりですネ)
これを左右で約10分ずつ

ぼ~っとしたまま「カエルのポーズ」で片足づづブラブラしてますと、お腹の奥から尾骨の方に向かってズ~ンっと移動してくる感覚
ハイ、の気配でございます(お食事中の方スミマセン)



433bf1ba
       (カエルのポーズってどんなのかなぁ~?)


この時点での気配が来る日はGood Dayですわ♪

これも一部の会員さまにはお伝えしましたね
じつはこの「ボ~っとしたまま」が良いのです
は自律神経が深く関与しているので
リラックスしていること!
これに尽きるのですよ!
食べるから出るとお考えの方が多いですね
無関係ではありませんが、食べること自体はあくまでも「キッカケ」なんですよ
食べたことによってリラックスしているから催すのであって
副交感神経が優位の状態かどうかが最も重要なポイントなのです

このカエルのポーズの原型は整体法のひとつで
腎臓のケアや身体の左右差の緩和などいろんな効果があるものです
それを継続しながら、自分なりにアレンジしているうちに
「ハタ?」と気がついてしまったのです
コレ、腸が動くぞ!
で、起き抜けにおこなう習慣と相成りました


こうしてスッキリしたあとに行うのが



001
             お尻歩き3種類

お尻歩きのバ~ジョンはさまざまあります
著書である「オナゴ!体操」≪コチラ♪に書きましたものは
その中の1つです
現在ワタシが日々おこなっている「お尻歩き」は別バ~ジョン

主に使う筋肉は「大腰筋」「大殿筋」「中殿筋」などですが
お尻歩きの効用は筋肉トレーニング的なパーツごとの筋肉量UP!や筋力UP!というよりも、カラダ全体を通しての「連動性UP!」に尽きます!

つまり「量を増やす!」トレーニングではなく
「機能性を上げる!」トレーニングということです

カラダは使えてこそナンボですからね♪

さて、この後におこなうものはまた今度書きます

つづく・・・・