梅田オナクラ高収入求人ブログ☆

梅田のオナクラ手コキ専門店オナペディア/高収入アルバイト求人です☆

ハングリーであれ。愚か者であれ

有名なスピーチです。 素晴らしすぎる

3つ目の話は死についてです。

 私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる」という言葉にどこかで出合ったのです。それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

 自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。なぜなら、永遠の希望やプライド、失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には何の意味もなさなくなるからです。本当に大切なことしか残らない。自分は死ぬのだと思い出すことが、敗北する不安にとらわれない最良の方法です。我々はみんな最初から裸です。自分の心に従わない理由はないのです。

 1年前、私はがんと診断されました。朝7時半に診断装置にかけられ、膵臓(すいぞう)に明白な腫瘍が見つかったのです。私は膵臓が何なのかさえ知らなかった。医者はほとんど治癒の見込みがないがんで、もっても半年だろうと告げたのです。医者からは自宅に戻り身辺整理をするように言われました。つまり、死に備えろという意味です。これは子どもたちに今後10年かけて伝えようとしていたことを、たった数カ月で語らなければならないということです。家族が安心して暮らせるように、すべてのことをきちんと片付けなければならない。別れを告げなさい、と言われたのです。

 一日中診断結果のことを考えました。その日の午後に生検を受けました。のどから入れられた内視鏡が、胃を通って腸に達しました。膵臓に針を刺し、腫瘍細胞を採取しました。鎮痛剤を飲んでいたので分からなかったのですが、細胞を顕微鏡で調べた医師たちが騒ぎ出したと妻がいうのです。手術で治療可能なきわめてまれな膵臓がんだと分かったからでした。

 人生で死にもっとも近づいたひとときでした。今後の何十年かはこうしたことが起こらないことを願っています。このような経験をしたからこそ、死というものがあなた方にとっても便利で大切な概念だと自信をもっていえます。

 誰も死にたくない。天国に行きたいと思っている人間でさえ、死んでそこにたどり着きたいとは思わないでしょう。死は我々全員の行き先です。死から逃れた人間は一人もいない。それは、あるべき姿なのです。死はたぶん、生命の最高の発明です。それは生物を進化させる担い手。古いものを取り去り、新しいものを生み出す。今、あなた方は新しい存在ですが、いずれは年老いて、消えゆくのです。深刻な話で申し訳ないですが、真実です。

 あなた方の時間は限られています。だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。ドグマにとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることと同じです。他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。

 私が若いころ、全地球カタログ(The Whole Earth Catalog)というすばらしい本に巡り合いました。私の世代の聖書のような本でした。スチュワート・ブランドというメンロパークに住む男性の作品で、詩的なタッチで躍動感がありました。パソコンやデスクトップ出版が普及する前の1960年代の作品で、すべてタイプライターとハサミ、ポラロイドカメラで作られていた。言ってみれば、グーグルのペーパーバック版です。グーグルの登場より35年も前に書かれたのです。理想主義的で、すばらしい考えで満ちあふれていました。

スチュワートと彼の仲間は全地球カタログを何度か発行し、一通りやり尽くしたあとに最終版を出しました。70年代半ばで、私はちょうどあなた方と同じ年頃でした。背表紙には早朝の田舎道の写真が。あなたが冒険好きなら、ヒッチハイクをする時に目にするような風景です。その写真の下には「ハングリーなままであれ。愚かなままであれ」と書いてありました。筆者の別れの挨拶でした。ハングリーであれ。愚か者であれ。私自身、いつもそうありたいと思っています。そして今、卒業して新たな人生を踏み出すあなた方にもそうあってほしい。

ハングリーであれ。愚か者であれ。

ありがとうございました。


梅田の手コキ店オナペディアで働く女性にインタビュー☆

〇〇さん こんにちは(・∀・)つ

今日は オナペディアで働く女性代表として
いろいろお話きかせてもらえますか!(・∀・)

早速ですが オナペディアに入店したきっかけは?

将来 カフェをするのが夢で お金を貯めたかったんですよ♪

おぉぉ (☆゚∀゚) そんな目標があるんですね!
でも おしゃれにお金だいぶん使ってる気がするけど ちゃんと貯金できてる?

失礼な 笑 通帳みたら絶対ビックリするよ!

すいませーん (TДT)(TДT)

前はカフェでバイトしてたけど お金が全然貯まらなくて・・(ノд・。)
今は〇〇〇万円貯まってるよ! 金額は秘密ね♪ 普通にバイト続けてたら何年かかったことか・・

ふむふむ (*´ェ`*)

ちゃんと聞いてます? 笑

聞いてますよ!失礼な 笑 で お店の雰囲気はどう? 


私で大丈夫かなぁーって思ってたけど、
実際入ってみると本当に普通の女の子ばかりでちょっと安心しました(笑)
スタッフさんも面白い今まで1カ月間働いた金額がたった数日で
ポンっと稼げてしまったのでホントびっくりです!!
予想していたより早く独立開業できそうです(*^^)v
学校を卒業してフリーターしてたけど、やっぱりお金が足りなくてオナペディアに応募しました。
面接の時はとにかく分からないことだらけだったから納得できるまで
スタッフさんに質問をぶつけてましたね(笑)本当は「とりあえず面接だけ」って思ってたけど、
話を聞いてみたら意外とできそうな気がして入店を決めました。
これまでとは比べものにならないくらい高収入で、早くも引っ越しを考えてます。



linemonn130131[1]
 
みんなの ご応募待ってるぜ!

ストレスを発散したならコレをみよう!

こんばんわ!

オナペディアスタッフおおさんです

ちょっと おもしろすぎるんですけど (゚∀゚) (゚∀゚)


女性求人HP
オフィシャルHP
ギャラリー
  • リニューアル
  • オナペディア写真撮影
  • 一眼レフを勉強する
  • おおさんのハマリごと・・・
  • オナペディアに春が・・・・・
  • 接客一つで元気くれる
  • 梅田の手コキ店オナペディアで働く女性にインタビュー☆
  • おもしろいかも!
  • コレクターさん?