御中の手紙(封筒)やメールでの使い方と書き方意味 ⇒ 意味

意味

御中とはいったいどういう意味なのだろうか?

そんな風に御中の意味について考えたことのある人は
意外と多くいるのではないでしょうか。

主に、ビジネス文書を取引先に送付する際に、
ビジネスマナーを意識し、御中の意味を考えることが多いです。

御中の意味は、実はものすごく簡単です。

でも、意味について疑問に思ったときに
すぐに意味について調べないでいると、
いつまでも御中を誤った使い方で使い続けてしまうことになります。

これでは相手の事務局や担当に失礼です。

封筒や手紙の宛名の時点でミスを犯すと、
最初からイメージダウンですよね。

履歴書を入れた封筒を、誤った書き方で
採用係や採用担当に送ろうものなら、
この時点で不合格となってしまうかもしれません。

御中の意味を、ここでしっかりおさえておきましょう。

御中は、手紙や封筒などの郵便物を法人に送る際、
宛先の部署や係は分かっているが、
具体的な担当者の名前が分からないときに御中を使います。

「株式会社○×△ 採用係 御中」
このような使い方です。

簡単に言うと、「ご担当者様」と書く代わりに使うと考えていれば、
意味を理解しやすいと思います。

だから以下のような書き方はNGです。

「株式会社○×△ 採用係 御中 山田花子 様」

意味をしっかり理解しましたから、もうこんな使い方はしませんね。

逆に意味をしっかり理解していると、
変な宛名の書き方をすぐに見つけることができます。

御中の意味は、「ご担当者様」と同様の意味、
このようにしっかり覚え、意味についてしっかり分かっていない人に
御中の意味をしっかり教えてあげましょう。

サイトポリシー使い方