御中の手紙(封筒)やメールでの使い方と書き方使い方・買い方 ⇒ 使い方

使い方

御中の使い方を正しく理解していますか?

御中の正しい意味を理解しないで御中を使っている場合、
たいていの場合は誤った使い方をしています。

ビジネスの場面において誤った使い方をすると、
会社の信用を損ねたり、
個人的にマナーの分かっていない人間だと思われ、
恥ずかしい思いをすることになります。

恥ずかしい思いをするだけならまだいいですが、
これが就職や転職の際に履歴書を企業の採用担当に送る場合、
誤った御中の使い方は、合否を分けることになりかねません。

たかが御中の使い方、されど御中の使い方。

ここでしっかりと使い方をおさえて、
今後間違った使い方をすることがないようにしましょう。

では、御中はどのように使うのでしょうか?

御中は手紙やメールの宛先が特定の個人ではなく、
係や課である場合に使用します。

逆に特定の誰か宛に送るのであれば、「様」や「殿」が使われます。

「株式会社ABCDE 人事課 御中」
「株式会社ABCDE 人事課 鈴木一郎様」

御中を「ご担当者様」の代わりに使うと考えれば、
使い方を理解しやすいかもしれません。

このように使い方を理解していれば、
以下が誤った使い方例だと、すぐに理解することができるでしょう。

「株式会社ABCDE 人事課 御中 鈴木一郎殿」

ちなみに、FAXやメールでも同様の使い方をします。

ちなみに、会社などの法人のほか、
神社や寺に関しても同様の御中の使い方をします。

市役所や学校や病院等であっても同じです。

御中の正しい使い方をここでしっかりおさえ、
今後間違った書き方をすることのないようにしましょう。

意味